ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

総武本線

1

そうぶほんせん

JR東日本の鉄道路線の一つ。本線と旅客支線、二つの貨物支線から構成される。

概要

東日本旅客鉄道(JR東日本)鉄道路線の一つで、幹線。日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として貨物列車を運行している。

以下の線から成り立っている。



この他に銚子駅〜新生駅間に貨物支線が存在した。一部で銚子電気鉄道と線路を共用していた名残で、現在も同線の銚子駅〜妙見堂踏切先の分岐器間はJR東日本が管理している。


途中の錦糸町駅から千葉駅までは複々線となっており、東京駅で横須賀線と直通する快速(総武快速線)と各駅停車(中央・総武緩行線)が並走している。又、佐倉駅松岸駅から分岐する成田線と併せて成田国際空港へのアクセス路線としても機能している。その為駅ナンバリングは千葉駅以東では佐倉駅まで横須賀・総武快速線からの連番として設定されている。


乗客案内上は「総武線」と呼ばれる場合は中央・総武緩行線の意味で、「総武本線」と呼ばれる場合は千葉駅以東の意味で使われる事の方が多い。


ここでは路線データ及び沿革を除き千葉駅以東の区間について記載する。千葉駅以西については総武快速線及び中央・総武緩行線を参照。


路線データ

本線

路線記号
  • JO(東京〜佐倉)※1
  • JB(錦糸町〜千葉)※2
ラインカラー
  • 青(総武快速線)
  • 黄(総武緩行線/千葉〜銚子)
区間東京〜銚子
路線距離120.5㎞
軌間1,067 mm
駅数42駅
信号場数1箇所
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度
  • 130km/h(特急)
  • 120km/h(特急以外)
複々線区間錦糸町〜千葉※3
複線区間
  • 東京〜錦糸町
  • 千葉〜佐倉
単線区間佐倉〜銚子
閉塞方式複線自動閉塞式
保安装置ATS-P
運転指令所
  • 東京総合指令室:東京〜千葉
  • 千葉総合指令室
    • 成田指令・CTC:千葉〜佐倉
    • 総武指令・CTC:佐倉〜銚子
列車運行管理システム東京圏輸送管理システム(ATOS)※4
大都市近郊区間東京近郊区間:全線
電車特定区間東京〜千葉
特定都区市内区間東京都区内:東京〜小岩
ICカード乗車券エリアSuica首都圏エリア:全線
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本):全線
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物):新小岩信号場〜佐倉

※1:錦糸町〜千葉間は快速線の駅に設定

※2:錦糸町〜千葉間は緩行線の駅に設定

※3:快速線・緩行線の並走区間。新小岩信号場〜小岩間は複々線と越中島支線(単線)の5線並列区間

※4:東京〜千葉(千葉駅構内を除く)


支線

路線記号JB
ラインカラー
区間錦糸町〜御茶ノ水
路線距離4.3㎞
軌間1,067 mm
駅数5駅
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度95km/h
複線区間全線
閉塞方式複線自動閉塞式
保安装置ATS-P
運転指令所東京総合指令室
列車運行管理システム東京圏輸送管理システム(ATOS)
大都市近郊区間東京近郊区間:全線
電車特定区間全線
特定都区市内区間東京都区内:全線※
ICカード乗車券エリアSuica首都圏エリア:全線
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)

※秋葉原〜御茶ノ水間は東京山手線内と重複


貨物支線(新金線)

区間小岩〜金町※
路線距離8.9㎞
軌間1,067 mm
駅数3駅
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度95km/h
単線区間全線(単独区間)
閉塞方式単線自動閉塞式
保安装置ATS-SN
運転指令所東京総合指令室
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物)

※小岩〜新小岩信号場間は本線との重複区間


貨物支線(越中島支線)

区間小岩〜越中島貨物※
路線距離8.9㎞
軌間1,067 mm
駅数3駅
電化区間小岩〜新小岩信号場(直流1,500V)
非電化区間新小岩信号場〜越中島貨物
最高速度95km/h
単線区間全線
閉塞方式単線自動閉塞式
保安装置ATS-SN
運転指令所東京総合指令室
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物)

※小岩〜新小岩信号場間は本線との並列区間


沿革

開業〜国有化まで

1894年(明治27年)7月20日総武鉄道の路線として市川駅佐倉駅間が開業したのが始まり。

その後1904年(明治37年)4月5日に本所駅(現・錦糸町駅)〜両国橋駅(現・両国駅)間が延伸され、以後東京駅延伸まで両国駅が総武本線の起点となっていた。なお両国橋駅への延伸と同時に東武亀戸線との直通運転を開始したが、1910年(明治43年)3月27日に廃止された。


国有化以降

1907年(明治40年)9月1日に鉄道国有法により総武鉄道が買収され国有化。1909年(明治42年)10月12日には国有鉄道線路名称制定により、路線名が総武本線となる。

1926年(大正15年)7月1日にら現在の新金線新小岩操車場〜金町駅間が、1929年(昭和4年)3月20日には現在の越中島支線亀戸駅小名木川駅(廃止)間がそれぞれ開業した。


1972年(昭和47年)3月28日には船橋駅構内で信号機故障により停止していた列車に、後続列車が追突する事故が発生。死者は出なかったものの、負傷者数は日本国内の鉄道事故において最多となった。

同年7月15日に錦糸町駅〜東京駅間延伸に伴い本線区間が全線開通し、御茶ノ水駅〜錦糸町駅間を支線として分離。以降は起点が東京駅に変更された。なお横須賀線との直通運転は1980年(昭和55年)10月1日から行われている。


1978年(昭和53年)4月1日には貨物支線の銚子駅〜新生駅間が廃止された。


国鉄分割民営化以降

1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(JR東日本)が第一種鉄道事業者、日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として継承。

2001年(平成13年)11月18日に東京近郊区間で交通系ICカード乗車券「Suica」を導入し首都圏エリアに設定。更に2009年(平成21年)3月14日には東京近郊区間及びSuica首都圏エリアが成東駅〜銚子駅間で拡大された。


運行形態

特急

定期列車では全線を走破する「しおさい」と、成田線に直通する「成田エクスプレス」が運行されている。また繁忙期には臨時列車が運行される。詳細は各列車の記事を参照。


  • しおさい

全線で運行される列車が下り5本、上り4本、成東駅・佐倉駅発着がそれぞれ1往復(土休日運休)ずつ設定されている。この他繁忙期には臨時列車が設定される。

かつては新宿駅着の列車も設定されていた他、ラッシュ時の区間列車には「おはようしおさい」「ホームタウンしおさい」の愛称が付けられていた。


  • 成田エクスプレス

総武本線は東京駅〜佐倉駅間を経由。概ね毎時2本運行され、特に日中は単独で新宿駅〜成田空港駅間を結ぶ列車(東京駅〜空港第2ビル駅間ノンストップ)と新宿駅発着及び大船駅発着の編成が連結されている列車(千葉駅停車)が交互に運行されている。

朝の上りと夜の下りの数本は四街道駅、佐倉駅、成田駅にも停車する。


  • 臨時列車

現在成田線成田駅以遠・鹿島線方面へは定期特急が存在しないが、繁忙期に臨時列車が設定される事がある。

特に毎年5月6月に千葉県香取市及び茨城県潮来市で行われる「あやめ祭り」の時期には新宿駅〜鹿島神宮駅間に臨時特急「あやめ祭り」が設定されるが、この列車は廃止された定期特急「あやめ」の事実上の後継列車として運行されている。


快速

千葉駅以遠においては東京方面と成田空港駅を結ぶ列車が毎時1本、ラッシュ時は佐倉駅・成田駅発着を含めて最大4本運行される。2018年(平成30年)3月16日ダイヤ改正まで成田空港行には「エアポート成田」の愛称が付けられていた。

また夜間に成東/鹿島神宮行の列車が成田空港行に併結されて運行されるが、どちらも佐倉駅で切り離し以降は普通列車として運転される。なお朝の成東発の快速は11両で運行される為、成東行と違い東京駅まで快速として運行される。


普通

千葉駅発着を基本とし、東京駅方面には直通しない。

千葉駅〜銚子駅間を走行する列車が毎時1本程度設定される他、千葉駅〜成東駅間の区間列車や成田線経由の列車も存在する。これらに加えてラッシュ時は四街道駅・佐倉駅発着の列車、1往復だけ千葉駅〜八街駅横芝駅間、旭駅〜銚子駅間の区間列車が設定されている。


貨物

千葉駅以東へは成田線・鹿島線経由鹿島臨海鉄道鹿島臨港線への高速貨物列車が東京貨物ターミナル駅越谷貨物ターミナル駅発着で1往復ずつ運行されている。


駅一覧

●:停車 ○:一部停車 レ:通過

駅番号駅名特急快速乗換路線備考
横須賀線久里浜まで直通運転
JO28千葉
  1. 総武快速線東京方面(JO28)
  2. 総武緩行線(JB39)
  3. 外房線/内房線
  4. 千葉都市モノレール1号線/2号線(CM03)
  5. 京成千葉線(京成千葉・KS59)
普通列車は当駅発着
JO29東千葉
JO30都賀千葉都市モノレール2号線(CM11)
JO31四街道当駅発着あり
JO32物井
JO33佐倉成田線(JO33)当駅発着あり
南酒々井
榎戸
八街当駅発着あり
日向
成東東金線当駅発着あり
松尾
横芝当駅発着あり
飯倉
八日市場
干潟
当駅発着あり
飯岡
倉橋
猿田
松岸成田線
銚子銚子電鉄(CD01)

使用車両

現在の使用車両

自社車両

幕張車両センター所属の特急形電車で5両編成。

佐倉駅発着の特急「しおさい4・11号」で運用されているが、かつては銚子駅まで直通し末端区間で普通列車に変わる列車の運用も担当した。


  • E257系5500番台

大宮総合車両センター東大宮センター所属の特急形電車で5両編成。

臨時列車で使用される。


鎌倉車両センター所属の特急形電車で6両編成。

特急「成田エクスプレス」「しおさい」で運用中。


幕張車両センター所属の普通列車用電車。2000番台・2100番台は東京直通以外の全普通列車で使用される。2200番台は臨時列車で運用。


鎌倉車両センター所属の近郊形電車。基本編成は11両で4・5号車はグリーン車。付属編成は4両。快速で使用される他、付属編成は佐倉駅で基本編成と切り離し成東駅まで普通として運用される。


JR貨物所属

新鶴見機関区所属の電気機関車。現在の千葉駅以東の貨物列車牽引機。


過去の使用車両

自社車両

幕張車両センター所属の特急形電車。

183系は総武本線・成田線特急で使用され、定期運用離脱後も189系と共に臨時列車で使用された。


鎌倉車両センター所属の特急形電車。

特急「成田エクスプレス」で使用された。


幕張車両センター所属の特急形電車で9両編成。

特急「しおさい」で運用されていたが、2024年3月16日ダイヤ改正で総武本線の定期運用から離脱した。


  • E257系5000番台

大宮総合車両センター東大宮センターの特急形電車で9両編成。

千葉駅以東では特急「しおさい」の臨時便で運用されていた。


青森運転所(現・盛岡車両センター青森派出所)所属の交直流両用特急形寝台電車

成田線空港支線開通時に臨時寝台特急ウイングはくつる」として運用された。


大船電車区(現・鎌倉車両センター)・幕張車両センター所属の近郊形電車。

かつての主力車両。E217系登場まで特急型車両による運用以外は全て113系が担当していた。


幕張車両センター所属の近郊形電車。

209系に置き換えられるまで千葉駅以東の普通列車で使用された。


JR貨物所属

愛知機関区所属の電気機関車。EF210形置き換えの為に導入されたが、同形式復帰に伴い運用を離脱した。


新鶴見機関区所属の電気機関車。かつての総武本線貨物列車の主力機関車。


千葉機関区所属のディーゼル機関車。鹿島線直通の貨物列車を牽引していた。


関連タグ

総武快速線 中央・総武緩行線 成田線 房総特急

概要

東日本旅客鉄道(JR東日本)鉄道路線の一つで、幹線。日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として貨物列車を運行している。

以下の線から成り立っている。



この他に銚子駅〜新生駅間に貨物支線が存在した。一部で銚子電気鉄道と線路を共用していた名残で、現在も同線の銚子駅〜妙見堂踏切先の分岐器間はJR東日本が管理している。


途中の錦糸町駅から千葉駅までは複々線となっており、東京駅で横須賀線と直通する快速(総武快速線)と各駅停車(中央・総武緩行線)が並走している。又、佐倉駅松岸駅から分岐する成田線と併せて成田国際空港へのアクセス路線としても機能している。その為駅ナンバリングは千葉駅以東では佐倉駅まで横須賀・総武快速線からの連番として設定されている。


乗客案内上は「総武線」と呼ばれる場合は中央・総武緩行線の意味で、「総武本線」と呼ばれる場合は千葉駅以東の意味で使われる事の方が多い。


ここでは路線データ及び沿革を除き千葉駅以東の区間について記載する。千葉駅以西については総武快速線及び中央・総武緩行線を参照。


路線データ

本線

路線記号
  • JO(東京〜佐倉)※1
  • JB(錦糸町〜千葉)※2
ラインカラー
  • 青(総武快速線)
  • 黄(総武緩行線/千葉〜銚子)
区間東京〜銚子
路線距離120.5㎞
軌間1,067 mm
駅数42駅
信号場数1箇所
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度
  • 130km/h(特急)
  • 120km/h(特急以外)
複々線区間錦糸町〜千葉※3
複線区間
  • 東京〜錦糸町
  • 千葉〜佐倉
単線区間佐倉〜銚子
閉塞方式複線自動閉塞式
保安装置ATS-P
運転指令所
  • 東京総合指令室:東京〜千葉
  • 千葉総合指令室
    • 成田指令・CTC:千葉〜佐倉
    • 総武指令・CTC:佐倉〜銚子
列車運行管理システム東京圏輸送管理システム(ATOS)※4
大都市近郊区間東京近郊区間:全線
電車特定区間東京〜千葉
特定都区市内区間東京都区内:東京〜小岩
ICカード乗車券エリアSuica首都圏エリア:全線
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本):全線
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物):新小岩信号場〜佐倉

※1:錦糸町〜千葉間は快速線の駅に設定

※2:錦糸町〜千葉間は緩行線の駅に設定

※3:快速線・緩行線の並走区間。新小岩信号場〜小岩間は複々線と越中島支線(単線)の5線並列区間

※4:東京〜千葉(千葉駅構内を除く)


支線

路線記号JB
ラインカラー
区間錦糸町〜御茶ノ水
路線距離4.3㎞
軌間1,067 mm
駅数5駅
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度95km/h
複線区間全線
閉塞方式複線自動閉塞式
保安装置ATS-P
運転指令所東京総合指令室
列車運行管理システム東京圏輸送管理システム(ATOS)
大都市近郊区間東京近郊区間:全線
電車特定区間全線
特定都区市内区間東京都区内:全線※
ICカード乗車券エリアSuica首都圏エリア:全線
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)

※秋葉原〜御茶ノ水間は東京山手線内と重複


貨物支線(新金線)

区間小岩〜金町※
路線距離8.9㎞
軌間1,067 mm
駅数3駅
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度95km/h
単線区間全線(単独区間)
閉塞方式単線自動閉塞式
保安装置ATS-SN
運転指令所東京総合指令室
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物)

※小岩〜新小岩信号場間は本線との重複区間


貨物支線(越中島支線)

区間小岩〜越中島貨物※
路線距離8.9㎞
軌間1,067 mm
駅数3駅
電化区間小岩〜新小岩信号場(直流1,500V)
非電化区間新小岩信号場〜越中島貨物
最高速度95km/h
単線区間全線
閉塞方式単線自動閉塞式
保安装置ATS-SN
運転指令所東京総合指令室
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物)

※小岩〜新小岩信号場間は本線との並列区間


沿革

開業〜国有化まで

1894年(明治27年)7月20日総武鉄道の路線として市川駅佐倉駅間が開業したのが始まり。

その後1904年(明治37年)4月5日に本所駅(現・錦糸町駅)〜両国橋駅(現・両国駅)間が延伸され、以後東京駅延伸まで両国駅が総武本線の起点となっていた。なお両国橋駅への延伸と同時に東武亀戸線との直通運転を開始したが、1910年(明治43年)3月27日に廃止された。


国有化以降

1907年(明治40年)9月1日に鉄道国有法により総武鉄道が買収され国有化。1909年(明治42年)10月12日には国有鉄道線路名称制定により、路線名が総武本線となる。

1926年(大正15年)7月1日にら現在の新金線新小岩操車場〜金町駅間が、1929年(昭和4年)3月20日には現在の越中島支線亀戸駅小名木川駅(廃止)間がそれぞれ開業した。


1972年(昭和47年)3月28日には船橋駅構内で信号機故障により停止していた列車に、後続列車が追突する事故が発生。死者は出なかったものの、負傷者数は日本国内の鉄道事故において最多となった。

同年7月15日に錦糸町駅〜東京駅間延伸に伴い本線区間が全線開通し、御茶ノ水駅〜錦糸町駅間を支線として分離。以降は起点が東京駅に変更された。なお横須賀線との直通運転は1980年(昭和55年)10月1日から行われている。


1978年(昭和53年)4月1日には貨物支線の銚子駅〜新生駅間が廃止された。


国鉄分割民営化以降

1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(JR東日本)が第一種鉄道事業者、日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として継承。

2001年(平成13年)11月18日に東京近郊区間で交通系ICカード乗車券「Suica」を導入し首都圏エリアに設定。更に2009年(平成21年)3月14日には東京近郊区間及びSuica首都圏エリアが成東駅〜銚子駅間で拡大された。


運行形態

特急

定期列車では全線を走破する「しおさい」と、成田線に直通する「成田エクスプレス」が運行されている。また繁忙期には臨時列車が運行される。詳細は各列車の記事を参照。


  • しおさい

全線で運行される列車が下り5本、上り4本、成東駅・佐倉駅発着がそれぞれ1往復(土休日運休)ずつ設定されている。この他繁忙期には臨時列車が設定される。

かつては新宿駅着の列車も設定されていた他、ラッシュ時の区間列車には「おはようしおさい」「ホームタウンしおさい」の愛称が付けられていた。


  • 成田エクスプレス

総武本線は東京駅〜佐倉駅間を経由。概ね毎時2本運行され、特に日中は単独で新宿駅〜成田空港駅間を結ぶ列車(東京駅〜空港第2ビル駅間ノンストップ)と新宿駅発着及び大船駅発着の編成が連結されている列車(千葉駅停車)が交互に運行されている。

朝の上りと夜の下りの数本は四街道駅、佐倉駅、成田駅にも停車する。


  • 臨時列車

現在成田線成田駅以遠・鹿島線方面へは定期特急が存在しないが、繁忙期に臨時列車が設定される事がある。

特に毎年5月6月に千葉県香取市及び茨城県潮来市で行われる「あやめ祭り」の時期には新宿駅〜鹿島神宮駅間に臨時特急「あやめ祭り」が設定されるが、この列車は廃止された定期特急「あやめ」の事実上の後継列車として運行されている。


快速

千葉駅以遠においては東京方面と成田空港駅を結ぶ列車が毎時1本、ラッシュ時は佐倉駅・成田駅発着を含めて最大4本運行される。2018年(平成30年)3月16日ダイヤ改正まで成田空港行には「エアポート成田」の愛称が付けられていた。

また夜間に成東/鹿島神宮行の列車が成田空港行に併結されて運行されるが、どちらも佐倉駅で切り離し以降は普通列車として運転される。なお朝の成東発の快速は11両で運行される為、成東行と違い東京駅まで快速として運行される。


普通

千葉駅発着を基本とし、東京駅方面には直通しない。

千葉駅〜銚子駅間を走行する列車が毎時1本程度設定される他、千葉駅〜成東駅間の区間列車や成田線経由の列車も存在する。これらに加えてラッシュ時は四街道駅・佐倉駅発着の列車、1往復だけ千葉駅〜八街駅横芝駅間、旭駅〜銚子駅間の区間列車が設定されている。


貨物

千葉駅以東へは成田線・鹿島線経由鹿島臨海鉄道鹿島臨港線への高速貨物列車が東京貨物ターミナル駅越谷貨物ターミナル駅発着で1往復ずつ運行されている。


駅一覧

●:停車 ○:一部停車 レ:通過

駅番号駅名特急快速乗換路線備考
横須賀線久里浜まで直通運転
JO28千葉
  1. 総武快速線東京方面(JO28)
  2. 総武緩行線(JB39)
  3. 外房線/内房線
  4. 千葉都市モノレール1号線/2号線(CM03)
  5. 京成千葉線(京成千葉・KS59)
普通列車は当駅発着
JO29東千葉
JO30都賀千葉都市モノレール2号線(CM11)
JO31四街道当駅発着あり
JO32物井
JO33佐倉成田線(JO33)当駅発着あり
南酒々井
榎戸
八街当駅発着あり
日向
成東東金線当駅発着あり
松尾
横芝当駅発着あり
飯倉
八日市場
干潟
当駅発着あり
飯岡
倉橋
猿田
松岸成田線
銚子銚子電鉄(CD01)

使用車両

現在の使用車両

自社車両

幕張車両センター所属の特急形電車で5両編成。

佐倉駅発着の特急「しおさい4・11号」で運用されているが、かつては銚子駅まで直通し末端区間で普通列車に変わる列車の運用も担当した。


  • E257系5500番台

大宮総合車両センター東大宮センター所属の特急形電車で5両編成。

臨時列車で使用される。


鎌倉車両センター所属の特急形電車で6両編成。

特急「成田エクスプレス」「しおさい」で運用中。


幕張車両センター所属の普通列車用電車。2000番台・2100番台は東京直通以外の全普通列車で使用される。2200番台は臨時列車で運用。


鎌倉車両センター所属の近郊形電車。基本編成は11両で4・5号車はグリーン車。付属編成は4両。快速で使用される他、付属編成は佐倉駅で基本編成と切り離し成東駅まで普通として運用される。


JR貨物所属

新鶴見機関区所属の電気機関車。現在の千葉駅以東の貨物列車牽引機。


過去の使用車両

自社車両

幕張車両センター所属の特急形電車。

183系は総武本線・成田線特急で使用され、定期運用離脱後も189系と共に臨時列車で使用された。


鎌倉車両センター所属の特急形電車。

特急「成田エクスプレス」で使用された。


幕張車両センター所属の特急形電車で9両編成。

特急「しおさい」で運用されていたが、2024年3月16日ダイヤ改正で総武本線の定期運用から離脱した。


  • E257系5000番台

大宮総合車両センター東大宮センターの特急形電車で9両編成。

千葉駅以東では特急「しおさい」の臨時便で運用されていた。


青森運転所(現・盛岡車両センター青森派出所)所属の交直流両用特急形寝台電車

成田線空港支線開通時に臨時寝台特急ウイングはくつる」として運用された。


大船電車区(現・鎌倉車両センター)・幕張車両センター所属の近郊形電車。

かつての主力車両。E217系登場まで特急型車両による運用以外は全て113系が担当していた。


幕張車両センター所属の近郊形電車。

209系に置き換えられるまで千葉駅以東の普通列車で使用された。


JR貨物所属

愛知機関区所属の電気機関車。EF210形置き換えの為に導入されたが、同形式復帰に伴い運用を離脱した。


新鶴見機関区所属の電気機関車。かつての総武本線貨物列車の主力機関車。


千葉機関区所属のディーゼル機関車。鹿島線直通の貨物列車を牽引していた。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 遠い日の歌

    雁渡(かりわたし)【明治37年2月~38年10月】

    明治時代の私鉄「日本鉄道(株式)会社」を舞台に、第一区線(高崎線)と第二区線(宇都宮線)の成長を描いた鉄道史連作シリーズです。ほんのりうつたか風味。旧サイトより移行しました。 本篇第十一話、日露戦争のため特別輸送にかりだされる路線たちの話。ちょっとトーン暗めかもしれません。 ◆過去捏造、原作にない人物の登場多め。2011~2014年にかけて書いたものなので、設定等が現在の公式とは異なる場合があります。 ◆紙端国体劇場(http://345.boy.jp/)様の鉄道擬人化二次創作です。
    14,377文字pixiv小説作品
  • ほりでー!かいそく!

    ほりでー!かいそく! 第17話 4年に1回の誕生日

    4年に1年しかないうるう年を迎えた葉子たち…そこで篠は誕生日の記念に走りに行こうとする。しかし相手は中央線の209系だった。 薗部篠「今回は急遽思いつきで執筆したのでかなり短めですがご了承を。」 ※485系ニューなのはなの画像はWikimediaから引用。
  • おやすみベイベー

    御茶ノ水駅00:20/つなぐもの

    「旅客営業時間外は消えている路線さんたち」というネタです。twitter企画。二本目は中央さんと総武さんのお話です。 中央さんが歴史的にもご本家様のキャラ付け的にもまだよくわからない。 同じく2016/04現在、中央線最終は東京00:20 - 御茶ノ水00:24 - 高尾01:37、総武線各駅停車最終は御茶ノ水00:29 - 千葉01:21。 中央線各駅停車(先祖返りなので快速用車両)、ぶっちぎりで終電の終着が遅い。といっても高崎さんと同じ時間ではあるけども、それで到着するのが高尾駅……そりゃ救済リヤカーとか救済バスとか必要ですよね……(※高尾をDISってるわけじゃない) あといくら調べても高尾駅着のあと、留置線に入るのか、ホーム留置なのかわかりませんでした。まさか豊田まで帰らないとは思うけど。 鉄道擬人化、青春鉄道の二次創作です。 (追記) 何を勘違いしたんでしょうか、わたしは。1番線の奥へ行ったら3番線が見えるわけないじゃないですか……orz でももうどうしようもないのでこのままにしておきます。
  • かいそく! フリーダムにバトル編

    かいそく! 第94話 成田のバウンティハンター(?)

    今日は西川葉子の誕生日。恒例のバトルだけど、今回はチーム内バトルのようで…!? 西川葉子「タイトルが少し関係なくなっちゃったわ…」 ※209系B.B.BASEの画像はwikipediaから引用。
  • ご注文は鉄道競技ですか?

    ご注文は鉄道競技ですか? 第118話 日車ブロックマジカル

    10月下旬、忍とアリスは優雅な昼を過ごしていた。遊びに来た忍の友人と始め、大宮家で忍による発メロ再現を聞く事となる。その中で忍の旧友、古河ことりが京王の明日香を思い出し対戦を忍に薦めた。それに対し忍は好奇心で受け入れる事となる… 撮影地:鹿島灘
    10,632文字pixiv小説作品
  • 夜桜の森

    夜桜の森 第二章(2)

    東海道の協力で、友人の横須賀や中央とともに総武一味の追捕に乗り出す高崎。 しかし、二手に分かれて盗賊を追う途中、彼らの身に予想外のできごとが降りかかり………? 高崎と宇都宮とその周辺の人たちで平安ファンタジー風パラレル第四回。後半はほぼ検非違使中央さんと盗賊総武さんのターンです。総武さんの手下のちばーずも少し。 平安京とか大内裏の地理関係がよくわからん、という方はこちら(http://rekishi.maboroshi.biz/heiankyo/)の地図が多少参考になるかもしれません。 ご注意と人物紹介は「序章」(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6617498)冒頭に。紙端国体劇場(http://345.boy.jp/)様の二次創作です。
    11,118文字pixiv小説作品
  • 日々のお話(青春鉄道2次)

    黄色が取り持つ

    Twitterで放流したお話です。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15910485でアクティーが届けた書類は、こうして届きました。 ※この後ジュニアがサインして兄さんにもっていこうとしたのを…というのが先日のお話。 ※青春鉄道の設定をお借りした2次創作です ※弾丸獣に夢見ています ※中央さんと総武さんが穏やか ※すべては個人の夢と妄想を詰め込んで書いたお話です。現実のすべてと関係はございません。
  • 温泉に行こう!

    こうして始まる

    まだ出発もしていないのですが、温泉旅行のお話です。 今回は、出発前のあれこれです。 ※青春鉄道の設定をお借りした2次創作です ※温泉行きたい気持ちとみんなリラックスが一番!という気持ちからできたお話です。 ※すべては妄想でできています。
  • ご注文は鉄道競技ですか?

    ご注文は鉄道競技ですか? 第22話 日根野Trick、関東襲来!

    8月の終わり頃に阪和線やきのくに線を拠点としている日根野Trickがやって来た。初戦はゆゆ式メンバーが集まった幕張情報処理部となる。関東大戦が幕開けとなるか!? 画像出典:Wikipedia(225系のみ)
    11,165文字pixiv小説作品
  • 或る日あなたとこの場所で【短編集】

    こちらは、紙端国体劇場様の鉄道擬人化創作二次作品です。 ツイッターのヘッダー短編まとめ。CP色は薄いです。 ①夜の闇と金色の帳(総武本線、中央本線) ②孤独ということ(北陸本線、信越本線) ③地下鉄道は海月の夢をみる(東武日光線、東京メトロ日比谷線) ④東武とハンバーグ(伊勢崎線開業日祝い)
  • かいそく! ごちうさモザイク編

    かいそく! 第125話 運用復帰したものの…

    運用離脱を警戒するようになったゆん…一度特休となったものの奇跡的に運用復帰したが…ゆんにはある悩み事が…そしてゆんの元に一通の挑戦状が来て… 飯島ゆん「久々にうちの出番やな。」 香風智乃「ほったらかしの京成編はもうすこしお待ちください…」
  • 悪かねえ

    かめーどそーぶです。明治から両国駅開業100周年までを捏造しました。史実と違う所があります。 とーぶ東の本線を、かめそーから始めて、かめいせ、かめだいし、(北千住は飛ばすかもしれない)、いせむさ、いせのだ…と北上しつつお話を書いていければいいなと思っています。 ※青春鉄道様・紙端国体劇場様の設定をお借りした二次創作文です。
    10,647文字pixiv小説作品
  • 夜桜の森

    夜桜の森 第二章(3)

    盗賊・総武一味の隠れ家に捕らわれの身となった中央。しかし総武の素顔を知るにつれ、その心に変化が起こりはじめる。 いっぽう、龍にさらわれて見知らぬ山中に連れてこられた高崎。その前に姿を現したのは思いがけない人物だった……。 高崎と宇都宮とその周辺の人たちで平安ファンタジー風パラレル第五回。第二章はこれで完結です。うつたかの明日はどっちだ。 これまで出番のなかった京浜と山手は次回から登場します。とくにけーちゃんはけっこう重要な役回りなのでどうぞお楽しみに。 「序章」(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6617498)冒頭に注意書きと人物紹介があります。紙端国体劇場(http://345.boy.jp/)様の二次創作です。
  • ご注文は鉄道競技ですか?

    ご注文は鉄道競技ですか? 第124話 下総ハチャメチャ決戦

    ある日の事、かえと香澄で京王百貨店をショッピングしていた。帰りにかえから手紙を貰った香澄。その中身は情報処理部からの挑戦状だった。そして千葉でバトルとなるが予想外の事に… 香澄「諸事情によって投稿が遅れた。誕生日じゃないというツッコミはNG。」 京王6000系の画像はWikipediaからお借り

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー