ピクシブ百科事典

松尾駅

まつおえき

千葉県と三重県にある駅。本記事では、かつて松尾駅を名乗っていた阪急電鉄松尾大社駅についても説明する。
目次[非表示]

説明

  1. 千葉県山武市松尾町五反田にあるJR東日本総武本線の駅。
  2. 三重県鳥羽市松尾町南にある近鉄志摩線の駅。
  3. 京都市西京区嵐山宮ノ前町にある阪急電鉄嵐山線松尾大社駅の旧称。

本記事ではこれらすべてについて述べる。

いずれも相対式2面2線の地上駅で、普通列車のみ停車する点が共通している。

千葉県の松尾駅

1898年2月25日開業。有人駅だが、JR東日本ステーションサービスに業務を委託している。
このあたりのJR線は2009年度からICカード「Suica」の供用が開始され、東京近郊区間の一部に組み込まれるようになった。駅舎があるのは2番線で、1番線とは銚子方の跨線橋で結ばれる。ホームは8両編成にまで対応する。

1番線佐倉・千葉方面(佐倉のりかえ・・・成田線成田空港方面/千葉のりかえ・・・総武快速線東京方面)
2番線銚子方面
山武市は平成の大合併により生まれた自治体で、当駅を中心とする松尾地区(旧・山武郡松尾町)にのみ、大字の前に「松尾町」がつくが、ほかの地区の大字には旧自治体名はつけられていない。

三重県の松尾駅

駅の番号は「M83」。1929年7月23日、志摩電気鉄道の開通とともに開業した。志摩電鉄は1944年に三重交通の一部となり、近鉄には1965年に移管されている。
鳥羽駅管轄の無人駅。駅舎も自動券売機もないが、乗車駅証明書発行機がある。ホームも2両編成にのみ対応している。

1番線賢島方面
2番線鳥羽・中川方面(鳥羽のりかえ・・・名古屋上本町方面)

松尾大社駅

駅の番号は「HK-97」。1928年11月9日に阪急京都線系統の前身・新京阪鉄道の駅として開業し、1947年まで松尾神社前停留場、1948年~2013年12月20日までは単に松尾駅と称していた。
改札は1号線・2号線(阪急では「番線」と呼ばない)ともに嵐山方にあり、地下道で結ばれているが、2016年度までは1号線側にのみ設けられていた。
ホームは6両編成対応で、行楽シーズンにおいてフル活用されるが、普段の嵐山線は4両編成のみである。
同駅、および駅名の由来になっている松尾大社(「まつのおたいしゃ」と読む)ともに所在地の大字は嵐山であり、同じ西京区の大字である松尾地区はさらに南方、駅でいえば南隣の上桂駅との中間に位置する。

1号線嵐山行
2号線桂行(桂のりかえ・・・京都本線:河原町方面、梅田天下茶屋方面)

番外

  • JR東日本花輪線:松尾八幡平駅・・・岩手県八幡平市にある。国鉄時代には岩手松尾駅と称していた。
  • 近江鉄道本線:水口松尾駅・・・滋賀県甲賀市にある。
  • 島原鉄道北目線:松尾町駅・・・長崎県島原市にある。


関連

千葉県内の駅一覧(JR松尾駅)
三重県内の駅一覧(近鉄松尾駅)
日本の同名駅一覧

コメント