ピクシブ百科事典

天下茶屋駅

てんがちゃやえき

大阪府大阪市西成区岸里一丁目にある南海電気鉄道とOsaka Metroの駅。
目次[非表示]

治まる御代の天下茶屋
さわがぬ波の難波驛
いさみて出づる旅人の
心はあとに殘れども
―― 鉄道唱歌(關西・參宮・南海篇)六四番より

概要

大阪府大阪市西成区岸里一丁目にある南海電気鉄道南海本線高野線OsakaMetro(旧大阪市営地下鉄)堺筋線の駅。
南海電車の乗客(特に南海本線)が大阪都心部に向かう為に乗り換える駅の1つである。

駅メモ天下さやのモデルになった駅でもある。

駅構造

南海電気鉄道(NK05)

  • 所在地:大阪市西成区岸里一丁目1-9

相対式2面(1・4番のりば)と島式1面(2・3番のりば)の複合3面4線の高架駅。隣の岸里玉出駅には南海線の普通車と高野線の各駅停車しか停まらないので、南海線高野線との乗り換えは当駅を利用する。ホームは3階、改札は2階にある。
ホームの有効長はいずれも20m車10両分だが、現在10両編成で運行する電車は設定されていない。

のりば路線方向方面備考
1高野線下り
2高野線上り新今宮なんば方面荻ノ茶屋・今宮戎には『各停』のみ停車
3南海線下り
4南海線上り新今宮なんば方面荻ノ茶屋・今宮戎を通過

南海天王寺支線

天下茶屋駅には南海天王寺支線の電車も発着していた。1900年に天王寺~天下茶屋駅間が開業。天下茶屋駅の高架化と地下鉄堺筋線の建設のために1984年に今池町~天下茶屋間が廃止された(その後堺筋線動物園前~天下茶屋間開業に伴い1993年に全線廃止)。

Osaka Metro(K20)

  • 所在地:大阪市西成区岸里一丁目1-10

大阪市営地下鉄時代の1993年3月4日に開業。
島式1面と単式1面がある複合型2面3線の駅である。改札は1階にある。阪急京都線千里線から関西空港へ向かう場合は天下茶屋乗り換えが便利である(阪急京都線方面から南海関西空港駅への直通切符は基本的に天下茶屋での乗り換えのみ可能、なお堺筋線以外の大阪市営地下鉄から関西空港駅への同切符はなんば駅のみ乗り換え可能)。
単式ホームがあるのは、関西空港へのアクセス路線として阪急京都線河原町駅から当駅に直通する列車を運行させる構想があり、1番のりばがその発着ホームとして予定されていたため。

のりば路線方面備考
1-3堺筋線日本橋天神橋筋六丁目淡路北千里高槻市河原町方面

※1番のりばから発車する列車は錆取りのため1日1本だが、ラッシュ時に降車専用ホームとして使用し、一旦南側の留置線に入り、その後2・3番のりばに入って発車する。春と秋の行楽期には直通特急「ほづ」が1番のりばから発車する。

利用状況

近況

南海電気鉄道

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は72,641人である。 ※1

Osaka Metro
  • 大阪市営地下鉄時代の2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は71,617人である。

利用状況比較表

年度南海電気鉄道大阪市営地下鉄(当時)
乗降人員乗降人員調査日
2008年度59,726人66,413人11月11日
2009年度60,112人66,304人11月10日
2010年度61,285人65,686人11月9日
2011年度61,681人65,826人11月8日
2012年度63,006人66,419人11月13日
2013年度65,007人66,938人11月19日
2014年度65,289人68,334人11月11日
2015年度67,524人69,967人11月17日
2016年度70,386人70,918人11月8日
2017年度72,641人71,617人11月14日


隣の駅

南海電気鉄道

南海本線


高野線

Osaka Metro

堺筋線


参考文献

※1 ハンドブック南海

関連項目

南海電気鉄道 大阪市営地下鉄 大阪市交通局 OsakaMetro
南海本線 高野線 堺筋線 新今宮駅 難波駅 天下茶屋
大阪府内の駅一覧 天下さや

pixivに投稿された作品 pixivで「天下茶屋駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4327

コメント