ピクシブ百科事典

河内長野駅

かわちながのえき

大阪府河内長野市にある南海高野線・近鉄長野線の駅。
目次[非表示]

概要

南海高野線近鉄長野線との接続駅。
駅ナンバリングは南海がNK69、近鉄がO23
アルファベット表記は南海側がハイフンなしの"KAWACHINAGANO"、近鉄側がハイフンがある"Kawachi-Nagano"である。
南海電気鉄道側は難波から来た約半数の列車が当駅を始終着としている。急行は当駅以南各駅停車。
近畿日本鉄道側はほとんどの列車が大阪阿部野橋方面へ直通運転している。当駅に発着する電車はほとんどが大阪阿部野橋に直通する準急だが、平日には急行も設定されており、朝に当駅発、夕方に当駅着が設定されている。夜は大阪阿部野橋行きや古市行き普通電車もある。

駅構造

橋上駅舎は南海と近鉄で共有。改札は別々で、のりば番号は連続していない。橋上駅舎の駅名表示には、西口が南海、東口が近鉄のフォーマットが使われている。
2010年から2013年4月にかけて工事が行われ、現在はノバティながの北館・南館それぞれに向かうペデストリアンデッキ、駅北側への階段、中2階への階段がある。西出口にはエレベーターと上り専用エスカレーター、東出口には改札内外共用エレベーターとエスカレーター、中2階側には上り専用エスカレーターがある。

南海電気鉄道

島式2面4線のホームを持つ地上駅で、1・3番のりばが本線、2・4番のりばが待避線である。ホーム有効長は20m車両8両分及び17m車両10両分であり、1995年から2003年にかけて急行ズームカー10両編成運転では、4番のりばで増結、2番のりばで切り離しが行われた。
2番のりばからは上下線の発着が可能で、当駅折り返し列車は2番のりば・4番のりばに発着。
駅長を設置。滝谷駅-天見駅間の各駅を管轄する。
2018年3月、ホームの放送が更新され、高野線の駅では初めて電車到着時に英語による自動放送が流れるようになった。

のりば路線方向行き先備考
1南海高野線下り林間田園都市橋本高野山方面本線
2南海高野線下り林間田園都市橋本高野山方面待避線
上り中百舌鳥堺東天下茶屋難波方面折り返し列車
3・4南海高野線上り中百舌鳥堺東天下茶屋難波方面

近畿日本鉄道

古市駅が管理する有人駅。
もともとは島式ホーム1面2線を持つ地上駅だった。かつての1番のりばに柵を設置し、架線、場内信号機、出発信号機、ATS地上子などや古市寄り約60mより先の線路を撤去したため、かつての1番のりばの線路には保線用車両しか入れなくなっている。
現在はかつての2番のりばのみを使った片面1面1線で発着を賄っている。ホーム有効長は5両。のりば番号がなくなった後、駅の放送から「2番のりばに」もしくは「2番のりばから」と流れていた部分がなくなり、いきなり「電車がまいります」もしくは「大阪阿部野橋行き準急が発車します」などと流れる。
近鉄では「河内国分」や「大和西大寺」の「河内」「大和」といった旧国名や「大阪阿部野橋」の「大阪」を小さく表記するが、当駅は市の名前のため、旧国名を含めて大きく表記される。

路線行き先
近鉄長野線古市藤井寺大阪阿部野橋方面

当初は当駅を途中駅として観心寺に至り、金剛登山鉄道に接続し千早方面まで延伸する構想があり、2線のホームを有していた。1923年に大阪鉄道が当駅から観心寺への路線を申請し、1927年に国から認可されたが、工事は行われず1959年に失効した。

利用状況

南海電気鉄道

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は、28,032人である。
  • 南海本線の駅である岸和田駅等よりは多い。


利用状況比較表

事業者名南海電鉄
年度乗降人員
2008年(平成20年)度31,033人
2009年(平成21年)度29,910人
2010年(平成22年)度29,968人
2011年(平成23年)度29,554人
2012年(平成24年)度29,551人
2013年(平成25年)度29,851人
2014年(平成26年)度28,495人
2015年(平成27年)度28,569人
2016年(平成28年)度28,279人
2017年(平成29年)度28,032人


関連項目

南海電気鉄道 高野線
近畿日本鉄道 南大阪線 近鉄長野線
南河内 大阪府  大阪府内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「河内長野駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 492

コメント