ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

阪急京都線

はんきゅうきょうとせん

阪急電鉄の大阪梅田~京都河原町間を結ぶ路線。正式名称は「京都本線」。 また、京都本線と千里線・嵐山線を合わせた総称。
目次 [非表示]

概要

  1. 阪急京都本線の通称路線名。
  2. 京都本線のほか、千里線嵐山線とを合わせた路線群の総称。

「京都本線」について

戸籍上の正式な起点は十三駅となる。十三への全列車が大阪梅田駅に乗り入れており、京都線の大阪梅田~十三間は戸籍上では宝塚線の線増扱いになっている。現在、駅や車内では、ほぼ「京都線」と案内されている。


総称としての「京都線」について

系統上は京都本線・千里線・嵐山線の3線を合わせて京都線と総称される。

かつてはこの路線のみ地方鉄道線であったため(1977年まで神戸・宝塚線系統は軌道線だった)、京都線系統は「鉄道線」と呼ばれていた。


その他の京都線(曖昧さ回避)

「京都線」を名乗る路線はJR西日本JR京都線(東海道本線)および近畿日本鉄道近鉄京都線があるが、どちらの路線とも接続しない(前述の通り十三が起点の為)。

ただし実質的にはJRとは梅田駅で接続しているものと見なされており、駅到着時など乗り換え案内はされている。また正雀駅(岸辺駅)や富田駅(摂津富田駅)のように公式には乗換駅とは案内されていないものの、両線で至近距離にある駅は多い。


歴史

最初に開業したのは1921年、十三~淡路(千里線豊津まで)間で北大阪電気鉄道が開業させている。現在の阪急の母体である当時の阪神急行電鉄とは資本の関係のない別会社であったが、開業当初から連絡切符を発売し、また使用車両も阪急で製造されるなど関係は深かった。

その後、経営の悪化で京阪に買収され「新京阪鉄道」となり1928年に京都西院駅まで開業し現在の京都線の母体がほぼ出来上がる。この際に関西圏で初めての地下鉄道(地下駅)を建設している。

後に「京阪電気鉄道」に統合され、一時は京阪の「新京阪線」となっていた。

そして戦時合併により阪神急行電鉄と合併し、京阪神急行電鉄となった。


戦後旧京阪が分離された際、旧京阪陣営は新京阪鉄道部分の京阪完全復帰を含めた分離を求めたが、阪急側はそれに応じず半ば強奪に近い形で京都線は阪急に帰属することとなってしまった。


大阪方は元々十三までしか開通しておらず、当初は天神橋(現:天神橋筋六丁目)をターミナルとしていたが、やはり乗客は淡路から梅田方面に流れていた。戦時中の昭和20年4月に初めて梅田まで宝塚線の線路に乗り入れ(すぐに空襲が激しくなり中止)ており、戦後も再開されたが、宝塚線との共用のためダイヤが思うように増やせなかったので、宝塚線の線路を増やすという形で3複線工事が行われ1959年に完成している。

1963年に河原町まで開業し、現在の形がほぼ完成した。1969年には天神橋筋六丁目から大阪市営地下鉄(現:OsakaMetro)堺筋線との乗り入れが開始されている。


開業当初から国鉄(⇒JR西日本東海道本線と競争関係にあり、戦前は国鉄の超特急「つばめ」を追い抜いたという逸話(真偽については諸説あり)のあるP-6や、戦後も2800系や6300系などが国鉄の電車と激しく争っているが、JR化以降は新快速の攻勢に押され、長年続いた特急の京阪間ノンストップがなくなるなど、輸送体系は大きく変化している。


2018年6月18日に発生した大阪北部地震では、震源地に近い茨木市内の駅で大きな被害を受けたため全線運休することとなったが、当日夜までに壊滅的ダメージを受けた南茨木駅を除き営業を再開した。南茨木駅は翌日の始発から営業を再開するというかなり早い復旧を遂げている。


2021年、北大阪電気鉄道として開業してから100周年を仰えた。


列車種別

(※2022年12月改正時点)

特急

停車駅:大阪梅田・十三・淡路・茨木市・高槻市・長岡天神・桂・烏丸・京都河原町

英語表記:Limited Express

土・休日ダイヤ限定の快速特急を除けば京都本線の最上位の種別であり、乗車券だけで乗車可能である。最高速度115km/h、日中の大阪梅田~京都河原町間の所要時間は43~46分である。

基本的に3扉転換クロスシートの9300系が使用されるが、ワンハンドルマスコンを装備したロングシート車両(7300系・8300系・1300系)も使用される。


従来の特急停車駅は、十三駅、大宮駅、烏丸駅の3駅のみで京阪間ノンストップ運転を行っていた。しかし、JR側の攻勢により運転形態の見直しを余儀なくされ、主要駅に停車して京阪間からの需要を高める方針に転換した。

1997年改正で高槻市駅が、2001年改正で茨木市駅・長岡天神駅・桂駅が停車駅に加えられた(その代わりに大宮駅が停車駅から外れた)。2007年改正では淡路駅にも停車するようになり、京阪間ノンストップ運転はなくなった。

2022年12月のダイヤ改正にて優等列車の停車駅・列車種別再編が行われ、特急は停車駅そのままながら運行時間帯は日中(昼間)と土・休日の20時台までの限定とされた。それ以外の時間帯は「準特急」へ格下げ。

  • 淡路駅と茨木市駅にも停車するようになった影響で、大阪梅田駅~高槻市駅で本来準急に乗る筈の客が特急に一点集中し、昼間時間帯でも積み残しが発生する事さえある一方、準急が空気輸送状態となっている。休日の準急の半数が堺筋線直通に変更されてからは両種別間の混雑バランスの悪さはより深刻となっている。
  • 西山天王山駅及び洛西口駅開業による所要時間増加を一切考慮しないまま、昼間に準急を高槻市駅~桂駅を無待避で逃げ切らせるダイヤのまま据え置きした結果、特急が長岡天神駅を発車した直後に信号待ちが発生し、上下列車とも2~3分の遅れが常態化した。

快速特急

停車駅:大阪梅田・十三・淡路・桂・烏丸・京都河原町

英語表記:Rapid Limited Express

京とれいん」。2011年5月のダイヤ改正から運行を開始した。土・休日ダイヤにて京都への観光客向けに設定され、1日4往復する。かつての京阪間ノンストップ特急に近い位置付けであるが後述の定期特急列車の続行として運転する関係上、速度はやや抑え気味。特急が停車する茨木市駅、高槻市駅、長岡天神駅を通過する際には、特急に追いついてしまわないよう速度を落とす。


現在の使用車両は7000系の「京とれいん 雅洛」編成(2019年3月より)。1編成しかないため、検査時は別形式車による代走が行われる。7000系「京とれいん 雅洛」使用時は、車内で女性の声で日英中韓4か国語による自動放送が行われる。


通勤特急

停車駅:大阪梅田・十三・茨木市・高槻市・長岡天神・桂・西院・大宮・烏丸・京都河原町

英語表記:Commuter Limited Express

京都市内で停車駅が若干増える代わりに、千里線や堺筋線との乗り換え駅である淡路駅を通過する。基本的に全列車9300系が使用され、梅田方面から5両目である5号車に女性専用車両が設定されるが、9300系が故障または検査の場合は7300系・8300系・1300系で代走することがあり、その際は女性専用車両は設定されない。


2001年のダイヤ改正で設定。もともとは京都市内・大阪市内の数駅に停車し、その間はノンストップの特急に対し、途中の高槻市駅にも停車していただけであった。2007年時点では十三~高槻市ノンストップ運転&高槻市~河原町は快速急行と同じ停車駅。

近年は特急同様に停車駅を増やしたり、快速急行(当時)へ格下げする傾向がみられた。2010年改正では茨木市駅に停車するようになり、快速急行(当時)との停車駅の差は淡路駅に停車しないだけに。この時点では平日朝ラッシュ時と夕方以降に特急に代わって運行されていたが、2022年12月のダイヤ改正にて優等列車の停車駅・列車種別再編が行われ、通勤特急は平日朝の3往復のみとなった。


毎年7月の祇園祭の開催時は深夜時間帯に下り列車が増発されることがあった。


準特急

停車駅:大阪梅田・十三・淡路・茨木市・高槻市・長岡天神・桂・西院・大宮・烏丸・京都河原町

英語表記:Semi Limited Express

2022年12月のダイヤ改正にて、それまでの「快速急行」から改称。この改正では優等列車の停車駅・列車種別再編が行われ、朝と平日夕方以降、そして土・休日の夜間に特急に代わって準特急が運行される。

「日中の最速達=特急、朝晩の最速達=準特急」と運行時間帯によって「特急」「準特急」が大きく分けられている。


急行

停車駅:大阪梅田・十三・南方・淡路・上新庄・南茨木・茨木市・高槻市・長岡天神・桂~京都河原町間各駅

英語表記:Express

2022年12月のダイヤ改正にて設定される急行は三代目。改正前に運行されていた「快速」に停車駅を追加した上での実質的な改称であるが、設定本数は早朝の梅田行き3本と深夜の京都河原町行き3本のみ。桂~京都河原町間を各駅に停車することで、同区間の普通列車の削減と補完を果たしている。

京都祇園祭や淀川花火大会といったイベント開催日に臨時増発される場合がある。

最速所要時間は49分。


準急

停車駅:大阪梅田・十三・南方・淡路・上新庄・南茨木・茨木市・高槻市~京都河原町間各駅

英語表記:Semi Express

急行(二代目)停車駅に南方駅と上新庄駅を加える形で2007年に登場した種別。現在の準急は二代目。

大阪梅田~高槻市間で通過運転を行い、高槻市駅から京都側は各駅に停車し、日中の後者の区間では普通列車の代替となっている。昼間の需要が少ないため、7両編成(土・休日のみ)もしくは8両編成で運行されている。


京都方面から千里線を経由しOsaka Metro堺筋線・天下茶屋へ直通する準急(堺筋準急)も設定。千里線内は柴島駅のみ通過し、堺筋線内は各駅に止まる。阪急の3300系・5300系・7300系・8300系・1300系の8両編成が使われる。

  • 平日朝に京都河原町発天下茶屋行き、夕方以降に天下茶屋発京都河原町行きがそれぞれ7本ずつ設定。夕方の京都河原町行きは淡路で大阪梅田から来た普通列車と接続。
  • 土休日の昼間は天下茶屋~京都河原町間で設定され、20分ごとに運転されている。

日中は両方向とも桂駅で特急に連絡し、加えて毎日の河原町行きと平日の大阪梅田行きは高槻市、土休日の大阪梅田行きと天下茶屋行きは茨木市でも連絡する。すなわち土休日は20分に1本、茨木市で特急から堺筋線直通準急に乗り換えて堺筋線へ向かうことができるほか、堺筋線直通準急から特急に乗り換えて梅田方面に向かうこともできる。


普通

停車駅:各駅停車

英語表記:Local

各駅に停車する種別で、終日運転される。ただし、中津駅は休止となった北野線の復活という形で免許が申請されており、用地の問題からホームが設置できなかった関係で京都本線側にホームがないため、全列車通過する。高槻市方面から千里線を経由しOsaka Metro堺筋線・天下茶屋へ直通する列車や、千里線・北千里から大阪梅田へ乗り入れる列車の設定もある。


昼間は大阪梅田~淡路間で高槻市発着電車(時間帯によりそれ以東)と北千里発着電車、淡路~高槻市間で梅田発着電車と堺筋線直通電車が、それぞれ3本ずつ設定され、淡路で梅田発着電車と堺筋線直通電車がお互いに連絡する。

昼間の大阪梅田・天下茶屋~高槻市間の普通電車は、大阪梅田行きと天下茶屋行きが正雀で特急と準急の通過待ちを行い、高槻市行きが相川で特急の通過待ちを行った後、茨木市で準急と特急に連絡する。


このほか、朝と深夜を中心に大阪梅田~正雀間の電車、天下茶屋発正雀行き、朝と夕方を中心に大阪梅田~京都河原町間の電車、天下茶屋~茨木市間の電車、天下茶屋発正雀行き、相川発天下茶屋行きも設定されている。

梅田発着電車は7両編成もしくは8両編成で運転される。堺筋線直通電車はすべて8両編成で運転され、阪急の3300系・5300系・7300系・8300系・1300系、Osaka Metroの66系が使われる。66系は原則、淡路~高槻市間のみの運用。


列車種別に関する補足

直通特急は英語で"Limited Express"と表記されていたが、2019年1月のダイヤ改正に合わせ、"Direct Limited Express"に英語表記が変更された。これは快速特急と通勤特急も同様であり、"Limited Express"からそれぞれ"Rapid Limited Express","Commuter Limited Express"に英語表記が変更されている。


過去の列車種別

急行

初代(2001年まで)の停車駅:梅田・十三・淡路・南茨木(臨時停車)・茨木市・高槻市・長岡天神(1979年から)・桂・西院・大宮・烏丸・河原町

京阪間ノンストップだった特急を補完する形で、京阪間の主要駅に停車していた速達列車。1979年に長岡天神駅が全列車停車となって以来、(2001年に快速急行へ改称、更に2022年に準特急へ再改称されるも)40年以上に亘って一貫してこの停車駅のままとなっている。堺筋線直通の「堺筋急行」も設定されていた。


二代目(2001年~2007年)の停車駅:梅田・十三・淡路・南茨木・茨木市・高槻市~河原町間各駅停車

1997年3月のダイヤ改正で新設された高槻市~河原町間各駅停車の「快速」が、2001年3月のダイヤ改正で南茨木が停車駅に加わったことで列車種別再編により「急行」(二代目)となった。準急に置き換えられる形で2007年設定消滅。「快速急行や準急があるのに急行が存在しない」状態が21年続いた。堺筋線直通の「堺筋急行」も設定されていた。


快速急行

停車駅:大阪梅田・十三・淡路・茨木市・高槻市・長岡天神・桂・西院・大宮・烏丸・京都河原町

英語表記:Rapid Express

2001年3月のダイヤ改正で「急行」(初代)から改称。最高速度110km/h。

朝夕ラッシュと夜間の時間帯に運行されていた。特急や通勤特急の運転されない早朝・深夜は最速達種別(西院と大宮に停車しても最速43分で走る為、実質的に特急よりも速い)になった。2022年12月のダイヤ改正で「準特急」へ改称。

平日朝には3往復が10両編成で運行され、京都河原町行きは桂駅で梅田寄りの2両を切り離すという分割運用が設定されていた。2007年までは堺筋線直通の「堺筋快速急行」もあった。


快速

初代(2001年まで)の停車駅:梅田・十三・淡路・茨木市・高槻市~河原町間各駅停車

英語表記:Rapid Service

「梅田〜高槻市間通過運転&高槻市~河原町間各駅停車」という立ち位置の種別として1997年3月のダイヤ改正で新設された。2001年3月のダイヤ改正で「急行」(二代目)へ改称。


二代目(2010年~2022年)の停車駅:大阪梅田・十三・南方・淡路・上新庄・南茨木・茨木市・高槻市・長岡天神・桂・西院・大宮・烏丸・京都河原町

英語表記:Rapid Service

2007年11月からは臨時列車として行楽期に度々設定されていたが、臨時列車の停車駅を踏襲する形で二代目を2010年に新設。停車駅からわかるように「梅田〜高槻市間は準急の補完&高槻市~河原町間は快速急行の補完」という立ち位置で、平日ダイヤのラッシュ時限定で運行されていた。

路線図や時刻表では青色、種別幕の色は青。2013年12月20日までは準急と同じ緑となっており、高槻市~河原町間で誤乗が発生しやすいため、快速停車駅では誤乗防止を促す貼り紙が貼られていた。全区間で先着する。


準急

停車駅:梅田・十三・南方・崇禅寺・淡路・茨木市・高槻市

1982年11月から2001年3月までの間、設定されていた初代。朝のみ下り梅田行きのみで運転されていた。平日は茨木市駅始発で、1997年以降は土曜朝にも高槻市駅始発で運転された。


快速特急A

停車駅:大阪梅田・淡路・桂・烏丸・京都河原町

英語表記:Rapid Limited Express A

京とれいん」。2019年1月のダイヤ改正より設定され、2022年12月まで運転。

使用車両である6300系の「京とれいん」編成が、十三駅ホームドアと規格が合わず、十三通過(運転停車)措置をとることになったため、列車種別を新たに設定したものである。1編成しかないため検査時は別形式車による代走が行われるが、扉がホームドアと合っていても十三通過扱いのままでああった。

土・休日ダイヤに京都への観光客向けに設定され、1日3往復。快速特急と合わせて「京とれいん」系の観光列車は1日7往復運転されていた。


嵐山直通臨時列車各種

春・秋の行楽期には嵐山に直通する列車を運行していた。種別・愛称・京都線の桂駅までの停車駅は以下の通りで、嵐山線内は各駅に停車する。

  • 快速特急 大阪梅田~嵐山間「さがの」(「嵯峨野」に由来)
    • 停車駅:大阪梅田・十三・淡路・桂
  • 快速特急 京都河原町~嵐山間「おぐら」(「小倉山」に由来)
    • 停車駅:京都河原町・烏丸・桂
  • 直通特急 高速神戸~嵐山間「あたご」(「愛宕山」に由来)
    • 停車駅:高速神戸・花隈・神戸三宮・六甲・西宮北口・塚口・十三・淡路・桂
  • 直通特急 宝塚(今津線経由)~嵐山間「とげつ」(「渡月橋」に由来)
    • 停車駅:宝塚~門戸厄神間各駅・塚口・十三・淡路・桂
  • 直通特急 天下茶屋 - 嵐山間「ほづ」(「保津川」に由来)
    • 停車駅:天下茶屋・日本橋・天神橋筋六丁目・淡路・桂

直通特急「あたご」「とげつ」及び一部の快速特急「おぐら」は、神戸線の車両を使用して運行される。なお直通特急「あたご」は阪急線内で最も長い距離を走行する列車でもある。


停車駅一覧

もともとが新京阪鉄道であったこと、および京都は「都」であるとの考え方から、列車の進行方向は京都河原町方面が「上り」、大阪梅田方面が「下り」となっている。

ただし冒頭でも述べたとおり、戸籍上は大阪側の十三駅が起点なので、ややこしいことこの上ない。ここでは大阪梅田からの区間を掲載。


凡例

●:停車,レ:通過,‖:運行せず

一覧表

阪急京都線(梅田~河原町)

駅番号駅名読み快速特急特急通勤特急準特急急行準急(堺筋準急)準急普通乗り換え路線
HK-01大阪梅田おおさかうめだ
  1. 阪急宝塚線神戸線
  2. JR京都線/神戸線/大阪環状線(大阪駅)/JR東西線(北新地駅)
  3. 阪神電気鉄道本線(大阪梅田駅)
  4. OsakaMetro御堂筋線(梅田駅)/谷町線(東梅田駅)/四つ橋線(西梅田駅)
HK-03十三じゅうそう阪急宝塚線/阪急神戸線
HK-61南方みなみかたOsakaMetro御堂筋線(西中島南方駅)
HK-62崇禅寺そうぜんじ
HK-63淡路あわじ
  1. 阪急千里線(地下鉄堺筋線方面)
  2. JRおおさか東線(JR淡路駅)
HK-64上新庄かみしんじょう
HK-65相川あいかわ
HK-66正雀しょうじゃく
HK-67摂津市せっつし
HK-68南茨木みなみいばらき大阪モノレール
HK-69茨木市いばらきし
HK-70総持寺そうじじ
HK-71富田とんだ
HK-72高槻市たかつきし
HK-73上牧かんまき
HK-74水無瀬みなせ
HK-75大山崎おおやまざき
HK-76西山天王山にしやまてんのうざん
HK-77長岡天神ながおかてんじん
HK-78西向日にしむこう
HK-79東向日ひがしむこう
HK-80洛西口らくさいぐち
HK-81かつら阪急嵐山線
HK-82西京極にしきょうごく
HK-83西院さいいん京福嵐山本線(西院駅)※京福の駅名は「さい」
HK-84大宮おおみや京福嵐山本線(四条大宮駅)
HK-85烏丸からすま京都市営地下鉄烏丸線
HK-86京都河原町きょうとかわらまち京阪本線祇園四条駅

使用車両

路線の生い立ちの違いに起因して、基本的には神戸・宝塚線似たようなデザインの車両を使用するが、車両の寸法など細かい点で差異があり、百の位に3をつけ区別している。車両規格はもともと特急専用の6300系、神戸・宝塚線から転属してきた7000系を除き、Osaka Metro堺筋線に合わせており、また京都線所属の編成が神戸・宝塚線へ転属することはできない。(京都線車両は横幅が僅かに広いため神戸・宝塚線の建築限界に引っかかる)

また、京都線車両の電装品は新京阪時代からの伝統を引き継ぐ形で、原則として東洋電機製造製が採用されて、継手も中空軸平行カルダン駆動およびTD駆動が使用されている。(ただし継手に関しては6300系6330編成のように慣例破りが存在した。神戸・宝塚線は原則東芝製でWN駆動)


正雀駅には阪急・能勢電鉄在籍の全ての電車を修繕・検査するための車両工場がある。また京都線の車庫基地はこの正雀駅(上記の工場とは別)と桂駅の2か所にあり、日常の車両管理はこちらで行われている。


現在の使用車両

  • 9300系:主に特急・準特急用
  • 7000系京とれいん雅洛。神戸線からの転属・改造車のため神戸・宝塚線内の走行は出来る。
  • OsakaMetro66系:阪急京都線へ乗り入れる堺筋線のステンレス車。営業運転で入線するのは淡路〜高槻市間のみ。

3300系 5300系 7300系 8300系


過去の主な使用車両

  • 2800系:6300系登場前は特急列車の主力として活躍していたが、3ドア化改造で格下げされていた。
  • 6300系:9300系登場前は特急列車の主力として活躍していた。一部は嵐山線普通列車、あるいは「京とれいん」向けに転用された。

P-6(100形) 710系 1300系(初代) 1600系 2300系


関連タグ

阪急電鉄

阪急宝塚線/阪急神戸線:別系統

阪急千里線/阪急嵐山線:京都本線の支線


JR西日本

東海道本線(JR京都線):新快速が特急のライバルである。


JR東海

東海道新幹線が上牧-大山崎間で並走するが、新幹線建設時、工事の進行の都合で一時阪急の電車が開業前の新幹線の線路を間借りして運行したことがある。


京阪電気鉄道

淀川の対岸を走る京阪本線が競合。ただし競合するようになったのは戦後の話であり、元々阪急京都線は元はこの会社(新京阪鉄道時代は子会社)の路線であった。2021年9月25日以降は分散乗車に適したダイヤを組んでいる。

関連記事

親記事

阪急電鉄 はんきゅうでんてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48306

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました