ピクシブ百科事典

3300系

さんぜんさんびゃっけい

鉄道用車両の一つ。ここでは「3300形」についても記述
目次[非表示]

3300系を名乗る車両は複数あるので順に記述(3300形を含む)

国鉄3300形蒸気機関車

アメリカボールドウィン社製のタンク式蒸気機関車。1950年までに全廃。

東急3300系電車

東急電鉄初代3000系のうち木造電車の鋼体化改造を行った車両。東急からは1979年頃までに姿を消し、多くが地方私鉄へ譲渡された。

愛知電気鉄道デハ3300形電車(名鉄の初代)

現在の名古屋鉄道の前身である愛知電気鉄道が1928年に導入した車両。1966年に名鉄から姿を消し、豊橋鉄道、大井川鐵道、北陸鉄道へ譲渡された。

名古屋鉄道3300系電車(2代目)

旧型車両の足回りを流用して車体を新造した車両。3両固定編成4本を製造。車体は6000系第9~10次車に準ずるが正面が貫通式になっている。
2003年3月に引退し解体処分となった。

名古屋鉄道3300系電車(3代目)

メインイラストの車両。2004年デビュー。4両固定編成。
本線系統で増備が進んでいるが、瀬戸線喜多山駅の高架化工事で運用数が増加する関係上、瀬戸線にも1編成(3306編成)が臨時で投入され、予備車として在籍。3306編成は高架化工事終了後、本線系統に転属することになっている。

豊橋鉄道3300形電車

元北陸鉄道2300形電車。北陸鉄道金沢市内線の廃線後豊橋鉄道へ譲渡されたが、車体が小型ゆえに冷房化改造が難しく、都電7000形改造の3500形入線を機に引退。2両が鉄道総合技術研究所へ譲渡されバッテリー駆動の実験車となった。

阪急電鉄3300系電車

1967年から阪急京都線千里線仕様車として製造された。大阪市営地下鉄堺筋線への直通運転も考えて製造され、現在も堺筋線への乗り入れを行っている(7両編成と8両編成があるが、堺筋線に乗り入れるのは後者のみ)。運用変更で余った車両は廃車になっているがそれでも数が多い。

阪急チョコ。


京成電鉄3300形電車

1968年デビュー。最盛期には54両が在籍したが2015年春に引退。北総鉄道にリース車があった(7260形)。

京成リバイバル青電 特急・金町行き

pixivに投稿された作品 pixivで「3300系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2866

コメント