ピクシブ百科事典

セーニャ(DQ11)

せーにゃ

『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

【のんびり屋の癒し手】
「回復呪文で皆様のお手伝いをしますわ。」

プロフィール

年齢推定16~18歳程度
身長約160㎝
出身聖地ラムダ
好きな食べ物甘いもの(特にダーハルーネ名物のスイーツ)
英語版名Serena
CV雨宮天(ライバルズ以降)


概要

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクターで、パーティメンバーのひとり。

おっとりした雰囲気の10代の少女。長い金髪を緑色のヘアバンドでまとめている。一人称は「私」。ベロニカとは双子の姉妹だが、あらゆる人間(セーニャ自身の認識を含む)から妹として扱われている。ベロニカを始め、基本的に相手には「さま」をつけて話す敬語妹

「聖地ラムダ」の出身で、勇者を「命の大樹」に導くという使命を果たすべく、ベロニカと共に旅をしていた。ベロニカは魔物に魔力を吸われた影響で幼女化しているため、事情を知らない者からすると彼女の方が姉に見えてしまう。

そのベロニカが「ホムラの里」で魔物にさらわれた際は、彼女を追いかけて「荒野の地下迷宮」に潜入していたが、ベロニカはすでに脱出しており、入れ違いになってしまう。呑気に熟睡していたところに主人公たちが駆けつけ、仲間になる。

故郷では姉と合わせて『双賢の姉妹』と呼ばれ、かつて世界を救った勇者の仲間である賢者・セニカの生まれ変わりだと言われている。里の者によると、この姉妹は仮にひとりの人間として生まれていれば、偉大な賢者になっていただろうとのことだが・・・

僧侶的な能力と役割を持つが、天才魔法使いを自称する姉と違い僧侶と自称する事も呼ばれる事もない。

両親は「聖地ラムダ」で暮らしているが、姉妹共に実の娘ではなく、森の中に二人で捨てられていたところを拾われたのだという。ベロニカからはグズ呼ばわりされることもあるが、姉妹仲は非常に良く、その絆は固く結ばれている。

いつも抱えている竪琴は幼い頃からの愛用品であり、時折奏でる「愛のこもれび」(より正確には「セーニャの竪琴」という曲名で、「愛のこもれび」のハープソロアレンジ。交響組曲では第一エンディング曲「英雄の帰還」の冒頭部にあたる)は本作屈指の良曲で、彼女のテーマ曲ともいえる。

性格はのんびり屋で心優しく、会話した相手を和やかにさせてしまう癒し系の雰囲気を纏っている。また、大の甘党

意外と好奇心が強く、冒険が大好きであり、高い山を登るのもへっちゃらなパワフル系女子。匂いに敏感で、その場の空気を嗅ぐのが癖、かなりのマイペースでもあり3DS版の「冒険の書」の世界ではキラーパンサーのものまねをしたり、洞くつで大声を上げて山彦を聞いたり、猫系の魔物と対峙したときは猫語で説得しようとする。

また、非常に天然であり、ムフフ本を隠し持っていたロウに冷めた視線を送る他のメンバーとは違い、「旅の途中でも本を集めていらっしゃるなんて真面目」とひとり感心している。

Sではボイスが付いた事によりおっとりのんびりとした雰囲気が強調されており、戦闘中の掛け合いもおだやかとした物が多い。
力の入ったボイスもしっかり演じ分けれており、ベストマッチだと評判である。

大樹崩壊後(ネタバレあり)

散り散りになった仲間の中では最後に再加入する。姉の気配を感じて「聖地ラムダ」にある「静寂の森」を訪れたものの、そこにいたベロニカは魂のない抜け殻であり、杖の記憶からベロニカが自分たちを逃がすために命を落としたことを知り、悲しみに打ちひしがれる。

目醒めしセーニャ


ベロニカの葬儀中は涙をこらえて毅然とした対応をしていたが、主人公の前では初めて涙を見せた。その後、ベロニカの遺志を継ぎ、覚悟と弔いを兼ねて髪を大きく切ってショートヘアになる。これは「つよさ」欄のイラストにも反映される。(なお、彼女が髪を伸ばしていたのは、姉と同じ三つ編みにするためだったようだ)
また肩書きが「聖賢の名を継ぐもの」から「ベロニカの姉」に戻るのも特徴。

このイベントでベロニカの残した杖から呪文・スキルパネル・能力の一部・装備できる武器を受け継ぎ、賢者として覚醒する、この時は攻撃魔法は勿論「ムチ」を使えば物理も強力で、属性耐性も強化可能とほとんど隙のない強力無比な能力となる。
(公式名称は目覚めしセーニャ)。

ちなみにムチや杖を振るう姿はこの時しか見れない、特にムチの技「愛のムチ」を使うと高笑いするという衝撃的な姿を観れる、PS4では無理をした雰囲気だが3DS版は完全にノリノリで笑っている、Sでは無理をした雰囲気のボイスがしっかり付いている。

過ぎ去りし時を求めて

魔王・ウルノーガ討伐後は「聖地ラムダ」に戻り、両親と姉の墓前に勝利を報告する。その数日後、主人公たちと共に「グロッタの町」付近の遺跡を訪れたところ、死者を蘇らせることができるかもしれない力の存在を知る。

「芽吹くも散るも二人一緒」と交わした姉との約束を果たすため、遺跡の調査結果を頼りに「忘れられた塔」に向かうが、そこで判明した方法は全世界の時間を巻き戻すという方法での歴史改変であり、主人公勇者の力ならばそれは可能だが、その場合、「今の未来」(大樹崩壊後に立て直した未来)には帰れなくなることを知る。

他の仲間たちと共に主人公を引き留めるも彼の意思が固いことを知り、彼女はもう二度と見せないと誓ったはずの涙をもう一度見せながら、以下の言葉と共に主人公を見送った。

「また私のこと……探し出してくれますか?」

過ぎ去りし時を求めた世界では、主人公がウルノーガの暗躍を事前に防ぎ、結果的にベロニカの死の運命も回避される。そのため、スキル等の継承がなかったことになり、再び完全な僧侶キャラになる。

その代わり、「神の民の里」でのイベントで元から持っていたスキルパネルが拡張され、「バギムーチョ」や「女神の祝福」等のより強力な呪文や特技の習得が可能になる。

髪型も当然ロングヘアーに戻っているが、ネルセンの試練の願いで「セーニャの髪型を変えたい」という願いを叶えてもらえば、髪型をショートヘアに変更できるアクセサリーが貰える。

その後は真の敵・邪神ニズゼルファに挑むため、仲間たちと共にふたたび世界を巡る旅に出る。勇者の仲間だった魔法使い・ウラノスの力を借りて姉と共に導きの木に姿を変え、主人公に先代勇者たちの過去の真実を見せた。

「忘れられた塔」では姉妹揃ってフルートとハープで「おおぞらをとぶ」を演奏しながら、かの有名な「おおぞらは おまえのもの」を歌い、ケトス(空飛ぶ乗り物)に力を与えた。

最終的な肩書きは姉と共に「勇者の導き手」になる。

邪神撃破後は主人公やベロニカと共に大樹の神域へ向かい、聖竜と対面した。

双賢の姉妹



S結婚イベント

ネタバレ注意!!











ネルセンの試練で一緒に幸せになる相手としてセーニャを選びイシの村で散策するとセーニャの希望により神の岩へ登頂する事になる、魔物を倒し無事山頂まで到着するとセーニャからペルラにおしえてもらったというシチューのお弁当を披露される、が何故か鍋ごと持って来ており、拒否しても食べさせられるうえに主人公が口にすると案の定「想像を絶する味だった!」というメッセージと共にいつもの呪い音楽までかかる、どうやら料理の腕は壊滅的な様だ。
(姉は姉で唐辛子100本などというワードが出てくるため姉妹揃って味オンチか料理下手という可能性もある。)
尚まずいと答えると後で何故か聞き直してくる、これもいいえと答えると少しがっくりしてしまう。
 
その後途中で涙も見せながら、主人公への思いを語り、

「ありがとうございます 〇〇さま。約束通り 私を探し出してくれましたね。」
とあのシーンを想起させるが本人は完全に無意識で発言したようだ。 

 
「これからはずっと、あなたのとなりで笑顔で居させてくださいね」
この言葉とともに主人公に寄り添いながら神の岩でのイベントは幕を閉じる。

 
家では主人公の事を呼び捨てにしようとしてみたり、共に暮らせて幸せと漏らしたりパートナーとしての暮らしにとても満足している様だ。
再び神の岩に寄ると自身の使命を語り、だがこれからはパートナーとして主人公を支えると誓う。
石の村の人々にはおしとやかで優しいと評判である。


性能

賢者の回復側を受け持っている、所謂僧侶系のキャラクター。
過去作の僧侶と比較するとややどんくさいが、魔法系としてはかなり頑丈な後出し回復キャラ。
装備できる武器はスティックと、また大半のを普通に装備出来る。

僧侶系のキャラクターらしく、主に回復・補助呪文で冒険をサポートするパーティの生命線。
ホイミ系、ザオラル系、ベホマラーベホマズンスカラピオラディバインスペルマヌーザなど僧侶系の呪文は大体網羅している。ただし異常回復回復には穴がありザメハが使用できない。
実は勇者がいるのにベホマズンを覚えられる僧侶というのは彼女が初。
メインとなる魔法自体はレベルアップで一通り覚えるのでスキルをどう振っても本業で困る心配はあまりない。
バギ系とザキ系の攻撃呪文も扱えるが、設定上の理由からセーニャは攻撃魔力が0から成長しないため呪文の基礎威力しか出ない。ザキ系は回復魔力と攻撃魔力のうち高いほうが参照されるのでいいのだが、バギ系を使う際は装備品や「魔力の種」で補強する必要がある。

デフォルトで即死と呪文封印にいくらかの耐性があり、回復役として崩されにくい。
その一方で、睡眠が効きやすく、また怯え耐性も低いためリアクション芸人になってしまう時もある。
当然だがぱふぱふなどのお色気系特技は完全耐性(「しかし セーニャは ふしぎそうにしている!」と表示される)。今作にはシルビアのようなの仲間もいるが、彼女は性格的に今のご時世でも納得の完全耐性である。

これまでのドラクエの賢者からほとんど使わなくて正直無駄だった攻撃呪文の部分を捨て、その分を防御能力に回したキャラだと言える。足が遅いため状態異常耐性等を固めての後出し回復が基本となるが、使いにくいようなら「ほしふるうでわ」で先制させることもできる。

連携技は補助回復系が多く、2人3人ゾーン技は時間転生後の姉とのクロスマダンテを除いて補助技オンリーである、「大まどうしこうりん」や「ビーストモード」など仲間の秘めた能力を開放する技の殆どでメンバーなのも特徴。

スティック

かいふく魔力を向上するスティック、盾と一緒に装備できる。
非情に自衛能力が高いスキルが揃っており、状態異常を予防出来る「キラキラポーン」と、致死ダメージや即死効果を一度だけ耐える「聖女の守り」が優秀、「天使の守り」でリザオラル効果も持てる。スキルパネル拡張後の「ホーリーライト」も強力。
特殊効果を持った装備が多いのも特徴。

ヤリ

大きなヤリを使いこなすセーニャの武器スキル。
本業は魔法系なのでそこまで大した力はないのだが槍自体の攻撃力が高いので、「一閃突き」や「氷結らんげき」が通れば結構なダメージが出る。マルティナと異なり、「天地の構え」「水流の構え」など防御技が主体。
しかし、盾を装備出来ないので防御が薄くなり、当然回復魔力も下がるので、状況に合わせて使い分けると良いだろう。
バギ系極大呪文の「バキムーチョ」も一応このカテゴリだが、槍とスティックを両方開放する必要がある。

たてごと

セーニャの固有スキル。
主に「〇〇の旋律」という形で属性攻撃のダメージを減らす特技を習得する。
主に炎属性か氷属性で攻撃してくる敵が多いので、それらに序盤は対応した特技だけでもやっていけるだろう。
相手の使用属性に合わせて使うのが求められる技なので計画的な振りが求められる。
「旋律効果アップ」を取っていくと0.6倍まで軽減できる。
スキルパネル拡張後は「悪魔の調べ」による属性攻撃の補助も可能。

余談

外見の変わるおしゃれ装備はパーティメンバーで最も多く、また他二人と異なりセクシー系でもカワイイ系でも何でも着るため色々な姿になる。露出度の高い「おどりこの服」などを着せると普段の清楚な雰囲気が一変する。しかし、胸は残念ながら絶壁

ちなみに3DS版、11Sでは、「ラブリーエプロン」あるいは「ラバースーツ」を装備させると、毛先がカールすることも相まってDQ10アンルシアそっくりになる。
ラバースーツはアンルシアの着せ替えギフトの一つなのだがデコだしで金髪、あまりないという共通点でセーニャにも与えられたのかもしれない。

外伝

【どこでもモンパレ】
ベロニカと共に最初の「ヒーロー」(人間)として実装された(人型キャラとしてはピサロや魔アンルシアがいたが普通のモンスター扱い)。
賢さとみかわし、素早さが高い呪文アタッカー及び回避盾タイプで、パレードスキルは味方全体のダメージ軽減と扱い安い。
初期特技は回復とサポート重視で貴重な特技持ちで特技伝授要員としても優秀。

4周年記念パックで交換出来るキャラの1人になっている。

因みに攻撃アクションは竪琴で殴る。

【ライバルズ】
第2弾カードパックで僧侶専用カードとして登場。

第8段からは条件を満たす事により僧侶のアナザーリーダーとして設定出来る様になった。

関連イラスト

【DQⅪ】 セーニャ
踊り子衣装セーニャ



関連タグ

ドラゴンクエストⅪ ドラゴンクエスト11 ドラクエ11 DQ11
セーニャ 女僧侶 双賢の姉妹
おで娘 グリーンヒロイン  天然

ミーティア姫-ドラクエで髪型(と言うか前髪)や雰囲気が似てるキャラ。

DQ11キャラクタータグ
主人公(DQ11) カミュ ベロニカ セーニャ(DQ11) シルビア マルティナ ロウ グレイグ
エマ セニカ

カップリングタグ
主セニャ カミュセニャ シルセニャ ホメセニャ

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅪ どらごんくえすといれぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セーニャ(DQ11)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5153729

コメント