ピクシブ百科事典

ホイミ

ほいみ

「ドラゴンクエスト」シリーズにおける初等回復呪文。
目次[非表示]

概要

DQドラゴンクエスト)シリーズにおける初等回復呪文
HPを30pt前後回復する。
ちなみに初代DQ1では10~15pt程度だった。その代わり薬草の回復力が大きく、道具と別枠で6つまで持てるなど使い勝手がよかった。

ネーミングの由来は「保」と「身」で身を守る、回復するというイメージで「ホイミ」となったらしい。

また、職業が僧侶などのキャラクターが習得するイメージから、神聖な呪文であり
アンデッド系モンスターにかけると逆にダメージを与えると誤解される事があるが、
FFシリーズのケアルと違ってドラクエシリーズのホイミにはそのような設定はない
(ケアルの方も作品によって聖属性魔法になったりならなかったりで曖昧なのだが)。
そもそもドラクエシリーズでは初代からがいこつ系上位種の「しりょう」が使っていたり、
頻繁にホイミを使うアンデッド系モンスターも登場するため、単純に「肉体の物理的な損傷を修復する」効果のようだ。

なお、この例外としてはゲームシステムが異なるトルネコの大冒険シリーズや、DQ3のゾーマが挙げられる。
後者に関しては「闇の衣を剥がした後にやくそうやホイミを使うと大ダメージ」という挙動をする事から、
長年バグや設定ミスではないかと言われていたが、堀井雄二氏が後にインタビューで語った所によると
「ゾーマは負のエネルギーが具現化したような存在なので、良い効果で逆にダメージを受けてしまうというイメージで作った」
と明かしており、仕様として作られたものである事が明らかとなった。

代表的な使用キャラクター

サマルトリア王子、3僧侶クリフトパパスホイミスライム
2とFC版4を除く歴代主人公

ベホイミ(上位呪文)

ベホイミ』の項目がキャラクター名と被っているので便宜上こちらで解説。
ホイミの上位呪文で、HPの回復量は75~100pt程度。
DQ1では戦闘が一対一かつ終盤に覚える最強の回復呪文のため、後の作品で言えばベホマラーベホマズンの間くらいの印象があった。

DQ2では一転、ムーンブルクの王女が最初から使える呪文になり、あの終盤呪文をいきなり!?と1のプレイヤーを驚かせたが、回復量は移動中34~66、戦闘中45~85と検証され弱体化と不安定化の両方に陥った。(リメイク版は85~100に変わり回復力と安定感が増した)。
また上位の完全回復呪文ベホマも登場したためやや影が薄い。とは言えサマルトリアの王子はベホマを使えないので、終盤でも他キャラを回復するのには使った。
ちなみに力の盾を天にかざすと自分にベホイミと同じ効果があり、MP回復手段が少ないうえに確保も煩わしい本作では危険度の低い敵を残して盾で回復する手段を取り回復用のMPを節約したプレイヤーも多い。

DQ3以降では回復量が戻り、ベホマを覚えるまではだいぶ間があるため中盤の回復呪文として普通に重宝し、終盤でもそれなりに使える呪文になった。専業僧侶系で無いキャラでも覚えることがあり、DQ5スライムナイトが使えるのは便利。
プレイヤーキャラの最大HPが大きくなったのにベホマを覚えるまでが長くなったDQ9以降は新登場したベホイムに戦闘時の回復を譲る事になりDQ11では移動時でも譲るくらいにホイミやベホイミのスペックが低下した。
DQ4以降では、祝福の杖に同じ効果がありDQ8以降は杖の回復特技として定着している。

関連イラスト

パパスとゲレゲレとぼく。
ホイミスライム



関連タグ

DQ 薬草 ホイミン
ベホイミ ベホイム ベホマ ベホマラー ベホマズン ドラクエの呪文一覧
治療 回復 癒し ケアル

関連記事

親記事

ドラクエの呪文一覧 どらくえのじゅもんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホイミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86995

コメント