ピクシブ百科事典

堀井雄二

ほりいゆうじ

堀井雄二とは、日本を代表するゲームデザイナーの一人。作家。国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親として知られる。
目次[非表示]

概要

早稲田大学を卒業後、フリーライターとして『週刊少年ジャンプ』などに記事を書いていた。
1981年パソコンを購入しPCゲームの虜となり、後にプログラミングを習得しゲームを自作し始めた。

1982年に『週刊少年ジャンプ』の編集者である鳥嶋和彦からエニックスの「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」の取材を依頼された際、自作の『ラブマッチテニス』を応募して入選プログラム賞を受賞する。
この時の受賞者には『森田将棋』で優勝した森田和郎や、後にチュンソフトを設立する中村光一がいた。
これが切っ掛けで本格的にゲーム製作を始める。

1983年アドベンチャーゲームポートピア連続殺人事件』を開発。その後アドベンチャーゲームを幾つか手掛けた後、当時マイナーだったRPGに目をつける。

そして、1986年ファミリーコンピュータゲームソフトドラゴンクエスト』を発表する。
その後、ドラゴンクエストシリーズは国民的RPGとして人気を博し、
現在までにシリーズ累計出荷数と配信数は7,500万本を超えている(2017年時点)。

ゆう帝名義で1985年から1988年頃までジャンプのファミコン紹介記事「ファミコン神拳」にゲームの裏技やレビュー等を載せていた。

ゲーム作家(ゲームデザイナー)という職業を確立させた草分け的存在であり、テレビゲーム業界へ強い影響をもたらした人物の一人として高い評価を得ている。

主な作品


関連タグ

ゲームクリエイター
小池一夫:師匠@劇画村塾
さいとう・たかを/ゴルゴ13:脚本家「本田一景」として参加
さくまあきら:同門の強敵(とも)
もょもと:出し方は・・・?
ファミコン神拳メインライター

pixivに投稿された作品 pixivで「堀井雄二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10848

コメント