ピクシブ百科事典

中村光一

なかむらこういち

「ドラゴンクエスト」「弟切草」「風来のシレン」等のタイトルで知られるプログラマ、ゲームクリエイター。

概要

1964年生まれ。香川県出身。

丸亀高校時代から、I/O等のパソコン雑誌業務用タイトルのパソコン移植プログラムを投稿していた学生プログラマーで、日本のPCゲームの創世記において

と並ぶ、プログラム技術の高さで知られた名プログラマーだった。

高校三年時にエニックスが開催したゲームホビープログラムコンテストにドアドアで応募。大賞は森田和郎の「森田のバトルフィールド」に譲ったものの、優秀プログラム賞を受賞し、ゲーム業界で生きていくことを決心した。なお同コンテストには、後にドラゴンクエストでタッグを組む堀井雄二ラブマッチテニスで応募し入賞している。

電気通信大学入学後、オリジナルタイトルであるドアドアを各パソコン機種に移植した事で収入を得、大学在学中の身でチュンソフトを設立。代表に就任した。ちなみにチュンソフトのチュンは、中村の「中」からとられたあだ名を元にしている。

その後は活躍の舞台をコンシューマゲーム業界に移し、ファミコンに自身のオリジナルタイトルドアドアや、堀井雄二のポートピア連続殺人事件を移植した。ポートピア連続殺人事件の移植の際は、当時のアドベンチャーゲームでは当たり前だったキーボードにより直接コマンドを英語で入力する方式がファミコンで無理だと考えていたところ、堀井の提案でコマンド選択メニューを出す形式を採用した。
またこの頃、ウィザードリィウルティマにハマっており、同じく同作にハマっていた堀井と共に、ファミコンでロールプレイングゲームを作ろうと考え、自らプログラムを担当したドラゴンクエストをリリース。大ヒットシリーズとなったドラクエの開発には第5作まで携わった。

スーパーファミコン時代になると、プログラマからは退いてプロデューサー的な立場となってテキストアドベンチャーの新機軸弟切草で自社ブランドデビューを果たし、かまいたちの夜や、トルネコの大冒険風来のシレンと続く不思議のダンジョンシリーズをリリースした。

2012年。スパイクを吸収合併したスパイク・チュンソフトでは会長職になった。

関連タグ

関連記事

親記事

チュンソフト ちゅんそふと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中村光一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92

コメント