ピクシブ百科事典

428

よんにいはち

428とは、セガから発売されたゲームソフトである。開発はチュンソフト。 セガ×チュンソフトプロジェクト作品の一つでもある。
目次[非表示]

概要

中村光一プロデュースによるサウンドノベルである。
システムはと共通している部分が多く、また未来の出来事であることをほのめかす様な展開もある。
2008年にWiiで発売し、その後PSPPS3iOSandroidにも移植された。
ちなみにandoroidは対応端末に限り、auスマートパス(月315円)に加入することでもプレイできる。

ボーナスシナリオは2本収録されており、一つは「かまいたちの夜」のメインシナリオを担当した我孫子武丸、もう一つはTYPE-MOONの奈須きのこがシナリオを担当している。

主人公

最初は加納と亜智の二人。11時以降は更に三人追加される。

元ラガーマンの新米刑事。
デカ魂メモに書かれた言葉は100以上。
誘拐事件の捜査に参加する。

さびれた電気店の元不良息子。
頭は弱いが、喧嘩は強く心優しい。

猫のきぐるみを着た何か。
柳下の話によるとモデル体形らしい。
どうしても買いたいものがあり、インチキ商品を売りつけるバイトをすることに。

尊大なフリーライター。
恩人が経営する、倒産寸前の出版社を救うべく渋谷中を奔走する。
ユースケ・サンタマリアではない。

ウイルス研究の第一人者。
娘が誘拐されてしまい、情緒不安定になっている。

その他の登場人物

加納編

優秀な刑事だが、興奮するとオネエ言葉になるの!
仕事でも家庭でも心労が重なって、色々と大変なの!

加納の相棒。既婚者。
「コスプレ刑事」の異名をもち、本編でスーツ姿を披露することは無い。

ひとみとマリアの通う大学の英語講師。
誘拐事件の目撃者。

加納の尊敬する先輩刑事。
ひとみの護衛を任されたが……?

アメリカ大使館の保安職員。
事件の犯人に並々ならぬ執念を抱いている。

加納の恋人。
とある女優と見違えるほどの美人らしいが、顔出しNG。

留美の父親。元刑事。
現在は長野で農業を営んでいる。

亜智編

大沢賢治の娘。マリアの双子の妹。
活発な姉に対してコンプレックスを抱いている。
誘拐された姉を助けようとするも、謎の男に命を狙われ逃げ回ることとなる。

亜智の父親で遠藤電気店のオーナー。
実はかなりのインテリである。

亜智の妹。
心臓に欠陥があるが、稀血であるため移植もままならない。

亜智の不良時代に組んでいたチームの(現在の)No.1。
ある理由から亜智を嫌っている。

進のチームのNo.2。
暴力的で頭に血が上りやすい。

タマ編

一攫千金を夢見る雇用主。
こりない男である。

バイト仲間。あだ名はチリ。
小宇宙どころではない胃袋を持つ。

雑貨店の店長。
最近渋谷に来たばかり。

借金取りA。
見た目はコワモテだが、(表面上の)態度は物腰柔らか。

借金取りB。元ボクサー。
矢印の描かれた円盤を踏んだことで錯乱、暴れた事でライセンスが剥奪された。

大沢編

大沢を公私共にサポートする、右腕とも言える存在。

大沢の妻。
事あるごとに金切り声を上げる。

大沢宅に詰めている刑事の一人。
なぜがバナナを(房ごと)持ち歩いている。
こういう飄々として掴みどころがない人は優秀な事が多い。

大沢の娘であり、ひとみの姉。
妹とは異なり、活発で行動的である。
前日の夜に誘拐されてしまった。

御法川編

ゴシップ誌「噂の大将」を刊行しているヘブン出版の社長。
髪や幸が薄い。
印刷会社との行き違いにより、多額の借金を抱えてしまう。

頭山の娘。
10歳という若さの割に冷めており、しっかりしている。

対人恐怖症の新人ライター。
彼女のしどろもどろっぷりはもはや伝説級。

タクシーの運転手。
本作屈指のイイ男。

後半にいきなり現れる印刷会社の社員。
詳細は個別記事に任せる。これ、社会の常識。

ボーナスシナリオ1

鈴音と同じ病院に入院している少年。

鈴音の主治医。
医術の腕前はかなりのもの。

ボーナスシナリオ2

マリアの友人。
高い戦闘力を持つ工作員。

カナンの相棒。
幼いカナンを屈強な兵に育て上げた。

シャムの古い知人。
その正体は……。

関連タグ

サウンドノベル チュンソフト セガ
CANAAN

pixivに投稿された作品 pixivで「428」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 814487

コメント