ピクシブ百科事典

サウンドノベル

さうんどのべる

サウンドノベルとはゲームジャンルの一つである。
目次[非表示]

概要

チュンソフトの登録商標(そのため、他社ソフトでは「ビジュアルノベル」「ノベルゲーム」などの言い換えがされる)。一枚絵をバックにしてテキストが表示されるのが特徴。形態としてはアドベンチャーゲームの古典である「テキストアドベンチャー」の系譜に入る。
「テキストアドベンチャー」との違いは家庭用ゲーム機である故にコントローラー操作である事から、選択肢を選ぶ事で進む点である。テキストアドベンチャーの場合は元がPCである為キーボードでコマンドを入力するのでこちらの方が実は難解さでは上。

画面全体にテキストが表示される形式であるため一画面に表示出来る文章量が多いのが特徴である。

ゲームと言うよりは小説に近くプレイヤーはほとんどの場合それを読み解くことになる。分かりやすい例えで言えば、ゲームブックの「○番へ」を選ぶに近い。
但し作中の様々な箇所には選択肢が設けられており、その選択肢の選び方によって展開が変わる。
シナリオが複数ある場合はどこにどう繋がったか分かるチャートを用意してあったりする。

この言葉が最初に使われたゲームは1992年に発売された弟切草である。

上述の通りチュンソフトの登録商標であるため、元々サウンドノベルというゲームジャンルは無かったが、サウンドノベルシリーズ第2作である「かまいたちの夜」の大ヒットによりサウンドノベルゲームのブームが訪れ、「学校であった怖い話」「夜想曲」などの多数のヒット作が生まれた。

ビジュアルノベルとの違い

似たようなゲームジャンルにはビジュアルノベルが存在しており、サウンドノベルは一枚絵をバックにテキストを表示するという形式であるがビジュアルノベルはビジュアル(グラフィック)に重きを置いている物が多い。

その為、テキストウィンドウのサイズは小さく(3行か4行であることが多い)キャラクターのグラフィックが大きく表示される事が多い。

ビジュアルノベルについては商標申請が却下されているためどこの商標というわけでもない。

サウンドノベルの利点

サウンドノベルは一枚絵テキスト音楽が存在すれば製作可能であるため、シナリオライターとイラストレーターがいれば製作しやすいのがメリットである。最も手軽な作成ツールとして「サウンドノベルツクール」があるが、ゲーム機の性質上、文字入力が多くキーボードが使えないパッド入力なのでキーボードで文字を打つ事に慣れている人には煩わしいかもしれない。
グラフィックがあるとはいえ、文章主体なので読み手に想像させる文章力は必要となる。

同人規模のサウンドノベルも多数存在しており月姫ひぐらしのなく頃にが有名だろう。

主なサウンドノベル

チュンソフト


チュンソフト以外

など

関連タグ

小説 ビジュアルノベル ADV コンピュータゲーム マルチエンディング
チュンソフト かまいたちの夜 弟切草

関連記事

親記事

ADV あどべんちゃーげーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サウンドノベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1337773

コメント