ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

正式名称はアークシステムワークス株式会社(ARC SYSTEM WORKS CO.,LTD.)。

ギルティギア』シリーズ、『ブレイブルー』シリーズなど、複雑かつ独自のゲームシステムの開発に定評のある格ゲー業界の風雲児ともいうべき会社。略称はアーク、ASWなど。


1998年に自社の代表作となる『ギルティギア』を発表、2000年にアーケード機向けとして『ギルティギアX』を発表し、閉塞感の漂う当時の格ゲー業界に一大旋風を巻き起こした。その後シリーズを重ね、全国のゲームセンターを席巻していくこととなる。

2008年に『ブレイブルー』を発表。『ギルティギア』と並ぶ二大看板になった。


また上記のギルティギアシリーズで培われた精密なドット絵やアニメから飛び出したかのような3Dセルルックグラフィック技術もあってか、昨今は3D技術版権ゲームのデベロッパーを手掛ける事も多く、ドラゴンボールペルソナシリーズなど様々な人気タイトルを格闘ゲームという枠に巧みに落とし込んでいる。


他にも『熱血硬派くにおくん』や『探偵神宮寺三郎』シリーズなど有名タイトルの移植や新作、安価で遊べる様々なジャンルのダウンロードゲームなども多数手がけており、もはや単なる格闘ゲームメーカーとは呼べない幅広いジャンルを手掛ける会社へ成長を遂げている。


アメリカ以外では韓国との関わりも深い企業で現在ではそれほど珍しくないが、2000年代前半の頃のゲーム作品では字幕は入れても音声までは入れないことが多かったのに対し、こちらは吹替も入れる珍しい企業であった。

翻訳も他社にローカライズさせるのではなく、社内の専門の翻訳チームが直接ハングル翻訳を行っており、韓国語が話せるスタッフも少なくない。

また、2016年にはソウルにアジア支店を開設し、他社国産ゲームのパブリッシングを行っている他、一部韓国産のゲームの日本向けパブリッシングも行っている。


制作ソフト

格闘ゲーム

ギルティギアシリーズ

ブレイブルーシリーズ

バトルファンタジア

戦国BASARAX

北斗の拳(格闘ゲーム版)

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ

BLAZBLUE_CROSS_TAG_BATTLE

ドラゴンボールファイターズ

グランブルーファンタジーヴァーサス

DNFDuel

RPG

ガイアセイバー

星霜のアマゾネス

アドベンチャー

プリズマティカリゼーション

ウィザーズハーモニーシリーズ

AnotherTimeAnotherLeaf鏡の中の探偵

CHASE未解決事件捜査課~遠い記憶~

ディジタル・ホームズ

SLG

サバクのネズミ団!

その他

おきらくシリーズ

Hard Corps: Uprising(魂斗羅

移植・販売協力

探偵神宮寺三郎シリーズ(11~15作目)

アルカナハートシリーズ(3作目)

アンダーナイトインヴァースシリーズ(2作目家庭用~)

ミリオン(旧テクノスジャパン)作品全般(販売、バーチャルコンソール配信)

スーパービートソニック(日本版の販売担当)

DJMAX RESPECT(日本版の販売担当)

バトルガレッガM2ショットトリガーズ版の韓国での販売元。⇒参照ツイート

ハードコア・メカ(日本版の販売担当)


外部リンク

関連タグ

コンピュータゲーム ゲームメーカー 格ゲー 石渡太輔

キルラキル(ゲーム化作品『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』が開発をアークの関連会社エープラスが担当しアーク自身も販売を担当)

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1064366

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました