ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラゴンボールファイターズ

どらごんぼーるふぁいたーず

『ドラゴンボールファイターズ』とは漫画『ドラゴンボール』を題材にした2D対戦格闘ゲーム。
目次 [非表示]

概要編集

漫画『ドラゴンボール』を題材とした2D格闘ゲーム。対応機種はPlayStation 4XboxOneNintendo Switch

開発はアークシステムワークス、発売はバンダイナムコエンターテインメントが担当。


本作は同社のギルティギアシリーズなどで使用されている3Dモデルをアニメのような2Dタッチで表す表現が使用され、まるでアニメを動かしているかの様な感覚でドラゴンボールのキャラクター達を操作することが出来る。


対戦方式は3人対3人のチーム戦。プレイヤーが操作するのは基本的には1人だが、戦闘中に控えのキャラクターに切り替えたり、アシストとして呼び出して攻撃させたりすることも可能。控えのキャラクターは待機中、徐々に体力が回復し、どこで切り替えるかが戦況のカギを握る。1人のキャラクターの体力ゲージが0になると「ダウン」となり、次のラウンドになる。先に敵チームのキャラクター3人を全て倒すと勝利。


ゲームバランスの調整とキャラクターの偏りがあったのか2020年は新要素を追加。


2022年8月を最後に作品全体として完成した事からアップデートとDLC追加キャラは今後、実施しないと公表した(しかし定期的にキャラクターのバランス調整は今後行っている)。


ストーリーモードでは、超ハイエンドアニメで本作オリジナルストーリーが展開。孫悟空達と瓜二つの姿をした謎の戦士達が大量出現し、さらに謎の人造人間21号セルゲームで破壊されたはずの人造人間16号が現れ大騒動を引き起こす。


またブルマの初代担当声優である鶴ひろみが発売二か月前の2017年11月16日に逝去したため彼女が演じるブルマが登場する最後のゲーム作品でもある。


プレイアブルキャラクター編集

合計24人のキャラクターが参戦。


DLC

合計8人のキャラクターが追加。さらにファイターズパス2として6人が追加。

ファイターズパス2

ファイターズパス3

※1 どの超サイヤ人の形態かは不明(技を見れば超サイヤ人2)

※2 一時期「超ベビー2」と表記されていた

2022年追加キャラ


関連動画編集


関連タグ編集

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改 ドラゴンボール超

アークシステムワークス

ドラゴンボールのゲーム一覧

関連記事

親記事

ドラゴンボールのゲーム一覧 どらごんぼーるのげーむいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7206088

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました