ピクシブ百科事典

パーフェクトセル

ぱーふぇくとせる

『ドラゴンボール』に登場するセルの完全体。狭義では界王星での自爆後の超完全態を差す。
目次[非表示]

概要

CV:若本規夫

 ドクター・ゲロコンピューターが創り出した人造生物「セル」の最終形態
 セルが17号を取り込んだ第二形態から、更に18号を取り込むことでなしえた最強の形態である。非人間的な外見だった第二形態以前とは異なり、かなりカッコいいになっている(作者曰く「こういうただかっこいいだけのは描いていて動かしにくい」らしく、若本氏も「カッコよくて気に入っている」と発言している)。特徴的だった尻尾も短くなり、背中の間に収納されている。
 のようなロボットが収集したZ戦士フリーザ細胞を取り入れており、あらゆるを使いこなす能力を有する。アニメではピッコロ魔貫光殺砲ベジータギャリック砲天津飯四身の拳なども使いこなし、更にこれらの欠点まで自身で補っていた。
 非常に優れた再生力を有し、身体の中のコア破壊されない限りどれほどバラバラになっても決して死なない。悟空がゼロ距離でかめはめ波を撃って上半身を消し飛ばしても、すぐに下半身から上半身が生えてきたほど。ちなみにこの後「私のコアはの中にある」と言っていたので、核の場所を動かせる可能性がある。

活躍

 完全体になるとセルゲームを開催することを決め、テレビ局を襲ってZ戦士に宣戦布告し「私が勝ったら地球を粉々にしてやる」と嘯く。
 追ってきた多国籍軍をたちまち返り討ちにすると(←アニメオリジナル描写)超能力天下一武道会風の会場を作り、Z戦士到来を待ちわびる。やってくるとまず超サイヤ人化した孫悟空と戦うが途中で悟空は降参し、息子孫悟飯を次の対戦相手に指名する。
 悟飯がなかなか超サイヤ人化しないことにいら立ったセルは「セルジュニア」を生み出してZ戦士たちに暴行を働き、更に16号破壊する。それにより逆上した悟飯は超サイヤ人を超えた超サイヤ人2に覚醒、セルをボコボコにする。これによりセルは18号を吐き出してしまい第二形態に戻ってしまう。
 追い詰められたセルは地球もろとも自爆すると息巻くが、悟空の瞬間移動により界王星テレポートさせられ、爆死した。

悟空の結論


 …かに思えたが奇跡的にコアだけは残っており、更にサイヤ人の細胞を移植したため「死の淵から生還するごとにパワーアップする」特性のおかげで、18号無しでさらに強くなった状態で復活。ちなみに、この復活後の形態のみをパーフェクトセルと呼称することもある。
 地球太陽系ごと消滅させてやろうと嘯き(アニメ版公式設定では本当に太陽系ごと消す予定だった事が判明しており、IF世界を描いたゲームでは未来で太陽系を消し飛ばしている)気を溜めてかめはめ波を放つものの、悟飯の超かめはめ波でかめはめ波を撃ち返され、宇宙空間まで吹っ飛ばされて完全に消滅死亡した。

余談

 なお、17号はこの後にドラゴンボールにより「セルに殺された者を生き返らせてくれ」という願いで復活した。これ以降は彼の該当記事を見ていただきたい。
 

関連項目

悪役 美形悪役 笑えよ、ベジータ ぼくのかんがえたさいきょうの

pixivに投稿された作品 pixivで「パーフェクトセル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2609

コメント