ピクシブ百科事典

セルジュニア

せるじゅにあ

漫画・アニメ作品「ドラゴンボール」に登場するキャラクター。人造人間セルの生み出した子供。
目次[非表示]

概要

声優

沼田祐介アニメ『ドラゴンボールZ
島田敏SFCゲーム『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』
中原茂 PSゲーム『ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説』
鈴置洋孝 PS2ゲーム『ドラゴンボールZ』シリーズ、『ドラゴンボールZ Sparking!』シリーズ
藤本たかひろアニメ『ドラゴンボール改』、PSPゲーム『ドラゴンボール タッグバーサス』


セル完全体が孫悟飯の仲間を痛めつけるために生み出したミニ分身
全部で9体生み出された。

姿形は完全体のセルの頭身をそのまま3頭身ほどに縮めたような容姿で、体色は
性格は無邪気かつ残虐。知性はあまり高くなさそうであるが親のセルには忠実で、ある程度であれば人語を話すことが出来る。
また、セルの遺伝子情報を受け継いでいるようで、彼と同じようにZ戦士の技を使いこなすことも可能。アニメ版ではかめはめ波魔貫光殺砲、セルも使わなかった気功砲などを使用した。
戦闘力はセルゲーム開催時のベジータトランクスがやっと互角に戦えるレベル(アニメではピッコロもなんとか戦えるぐらいであった)で、Z戦士たちは苦戦どころか途中からはリンチに近い扱いを受けていた。恐らく、ベジータに手も足も出なかったセルの第2形態よりは強いと思われる。
ヤムチャの腕を折ったり、無防備なクリリンを一方的に叩きのめし、悟空らを執拗に痛めつけるなどして悟飯の怒りを誘った。アニメでは瀕死のクリリン人質にとるなど親に負けないほどの卑劣さを見せた。が、悟飯におびえ逃げだした。その後は悟飯に完敗した。

最後は超サイヤ人2に覚醒した悟飯に一瞬で全滅させられた。
セルジュニアが粉砕される様は原作では目玉が飛び散るなどかなりグロテスクな描かれ方をしているが、アニメ版では(悟飯の手刀によって真っ二つになるなどの表現はあるものの)絶命の瞬間に爆発するなど表現がマイルドになっている。

ちなみにドラゴンボールヒーローズシリーズでは幼少期のゲイツのような立ち方をしている。というか完全にソレである。

関連タグ

ドラゴンボール セル 噛ませ犬

pixivに投稿された作品 pixivで「セルジュニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174858

コメント