ピクシブ百科事典

セルジュニア

せるじゅにあ

漫画・アニメ作品「ドラゴンボール」に登場するキャラクター。人造人間セルの生み出した子供。
目次[非表示]

概要

完全体となったセル孫悟飯の仲間を痛めつけるために生み出した小型の分身
姿形は完全体のセルの頭身をそのまま3頭身ほどに縮めたような容姿で、体色は
合計で7体のセルジュニアがセルによって生み出された。
台詞は「キキッ(笑い声)」「キャー!(叫び声)」などが殆どで、原作では一度だけ「こっちだよ~」と人語を発した。

セルの遺伝子情報を受け継いでいるようで、彼と同じようにZ戦士の技を使いこなすことも可能。アニメではかめはめ波魔貫光殺砲、セルも使わなかった気功砲などを使用した。
戦闘力はセルゲーム開催時のベジータトランクスがやっと互角に戦えるレベルで、Z戦士たちは苦戦どころか途中からはリンチに近い扱いを受けていた。恐らく、ベジータに手も足も出なかったセルの第2形態より強いと思われる。余談だがベジータは更に修行をして「超ベジータ」の時よりも強くなっている。
アニメ版ではベジータのファイナルフラッシュを容易く受け止め、両手で弄んでボールのように変形させてから蹴り返すという恐ろしい芸当を見せた。

性格は無邪気かつ残虐。知性はあまり高くなさそうであるが親のセルには忠実で、仲間がやられると動揺したり激昂するなど感情を持っている。ヤムチャの腕を折ったり、無防備なクリリンを一方的に叩きのめし、悟空らを執拗に痛めつけるなどして悟飯の怒りを誘った。アニメでは悟空の援護に回ったヤムチャ&天津飯のコンビと戦っており、最初はやられていたがすぐに逆転した。
超サイヤ人2に覚醒した悟飯と対峙した際、瀕死のクリリン人質にとるなど親に負けないほどの卑劣さも見せている。しかし今の悟飯には通用せず、無視して攻撃してきたためクリリンを捨てて逃げようとした。

最後は超サイヤ人2に覚醒した悟飯に一瞬で全滅させられる。
セルジュニアが粉砕される様は原作では目玉が飛び散るなどかなりグロテスクな描かれ方をしているが、アニメ版では、悟飯の手刀によって真っ二つになるなどの表現はあるものの、絶命の瞬間には爆発するなど表現がマイルドになっている。

セルジュニアたちが敗死した時、セルは悟飯の力に驚き喜んでいたため子供たちの死をどう思ったのかは不明。ゲーム「ドラゴンボールゼノバースシリーズ」では「よくも私の息子たちをやってくれたな……」と怒りを見せている。

偽セルジュニア

『ジャンプビクトリーカーニバル2018 公式ガイドブック』に掲載されたドラゴンボール超の特別漫画では、人造人間17号が管理するモンスター島に棲息するセルジュニアとそっくりな容姿と同等の戦闘力を持つ『偽セルジュニア』が登場。その実力は本物にも引けを取らず、超サイヤ人になった悟天と少年トランクス相手に立ち回れるほど。
17号は力で彼らを手懐けており、現在はレンジャー部隊に悪戯目的で襲い掛かる事こそあれ、悪い事をしたら素直に謝るなど温厚な性格になっている。本来第1形態セルにすら及ばなかった17号が、悟空と互角に渡り合えるほどの驚異的なパワーアップを果たした理由の一つとして、彼ら7人の存在が大きく扱われている。
また17号は"偽"セルジュニアとしているが、モノローグでは「セルは頭の核さえ残っていれば何度でも復活できた。もしセルジュニアにも同じ能力があったとしたら…。あの7匹はもしかしたら本物なのかもしれない…。」と語られている。

声優

沼田祐介アニメ『ドラゴンボールZ
島田敏SFCゲーム『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』
中原茂 PSゲーム『ドラゴンボールZ 偉大なるドラゴンボール伝説』
鈴置洋孝 PS2ゲーム『ドラゴンボールZ』シリーズ、『ドラゴンボールZ Sparking!』シリーズ
藤本たかひろアニメ『ドラゴンボール改』、PSPゲーム『ドラゴンボール タッグバーサス』


関連タグ

ドラゴンボール セル

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「セルジュニア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「セルジュニア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388596

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました