ピクシブ百科事典

気功砲

きこうほう

気功砲とは、漫画「ドラゴンボール」に登場する必殺技のひとつ。

漫画ドラゴンボール』に登場する必殺技
作中では天津飯が使用。技を教えたのは鶴仙人

基本的に体中の「」を両手に集め、手を重ねて親指と人差し指で四角形を作り、その間から気を放つ強力な気功波
しかし気の消耗は激しく、勢い余って全ての気を放出してしまうと死んでしまう。そのため、亀仙人は天津飯がこの技を使えると知った際、鶴仙人に対し「教えてはならん技を教えおって」と憤慨していた。
なお片手のみで放つことも可能。片手を失ったナッパ戦では残る片手で放ち、そして力尽きた。
気弾のようにある程度固まった形ではなく、強烈な発光を伴った波動として放たれる。しかし狙いはかなり正確につけることができ、初めて放った際には天下一武道会の武舞台のあった区画のみを正確にえぐり取ることに成功している。

技自体の威力は魔貫光殺砲をも上回る。
天津飯がこれを改良し、連続で放てるようにした「新気功砲」では、自分より桁違いに強いはずのセルの足止めに成功している。
その後魔人ブウ編では、技名こそ不明なものの気功砲の構えから放った技で魔人ブウのエネルギービームを相殺している。

タグとしては放つ際のポーズ(特に)に似たポーズを取っている絵に付くこともある。

楽しんはん



関連タグ

ドラゴンボール 必殺技 新気功砲
天津飯 鶴仙人
かめはめ波 どどん波
手カメラ

pixivに投稿された作品 pixivで「気功砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 386143

コメント