ピクシブ百科事典

天津飯(ドラゴンボール)

てんしんはん

天津飯は、漫画「ドラゴンボール」の登場人物の一人。
目次[非表示]

主にタグは天津飯で登録されている。

概要

暗殺を主とする武術・鶴仙流の門下であり、鶴仙人の弟子。弟弟子の餃子(チャオズ)とは強い信頼関係で結ばれている。

原作では第22回天下一武道会にて、鶴仙人とチャオズと共に初登場。
アニメ版では武道会前のオリジナルエピソードの回にて、チャオズと二人で登場。青年時代の鶴仙人と亀仙人が飼育していたイノシカチョウという魔獣にいくつかの山村を襲わせ、それを自分たちで退治するという自作自演で報酬を巻き上げて回っていたという悪役らしい一面を見せている。
その折に、たまたま修行の旅で村に立ち寄った孫悟空と出会っている。

この第22回天下一武道会では強敵として立ちはだかり、対戦相手であるヤムチャやジャッキーチュンに変装した亀仙人に対して容赦ない戦いを見せていたが亀仙人の説得や悟空の戦いを見て武術の楽しさに気づき、殺しをやめ、正々堂々とした戦いで僅差とはいえ、孫悟空を破る。
主人公を破った数少ない人物であるものの、その後に追い抜かれ、『ドラゴンボールZ』以降、及び終盤では戦闘力のインフレに付いていけなくなった。
しかし、新気功砲によるセルの足止めや、魔人ブウの攻撃からデンデミスター・サタンを救う(その際に魔人ブウから「かなりの達人」と評されている)などの活躍もした。

魔人ブウ戦後は、チャオズと共に修行も兼ねて農業に勤しんでいる。
以前はランチが押しかけてきて一緒に暮らした事もあったが、結局上手くいかず出て行ってしまった。ただし、時々戻ってくる事もあるらしく、ついでにたまにヤムチャ農業の手伝いに来たりしているらしい。

終盤までの登場も相俟って、戦闘力のインフレなど関係ない『努力と修行こそが全てだ!』と言いたいがばかりのキャラクターである。
名言(?)としては「次元が違いすぎる…」などがあったりするが、ミスター・サタンも魔人ブウに対抗しているあたり、戦闘力の次元など、もはやどうでも良いのかもしれない。

劇場版『摩訶不思議大冒険』においては、舞台となるミーファン帝国にて皇帝であるチャオズの付き人として登場している。
後の『地球まるごと超決戦』や『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』にもチャオズと共に登場し、後者では天下一大武道会にて未来のトランクスを相手に善戦しているシーンが描かれている。

17年振りの作品となる『神と神』でもチャオズと登場しており、僅かながらに戦闘シーンも描かれた。続編である『復活の「F」』では相手がフリーザということもあり、ヤムチャとチャオズを危険に巻き込みたくないと二人の身を案じ連れてこなかった。フリーザ軍との戦いでは同じく地球人組であるクリリン亀仙人がスタミナ切れを起こす中、天津飯は気功法を撃っても最後までスタミナ切れを起こさず長年の修行の成果を見せた。
その後超では破壊神選抜格闘試合で観戦したのみ、未来トランクス編では出番はなかったが宇宙サバイバル編にて第7宇宙の選抜メンバーとして試合に参加することになった。

人物像、技など

外見と性格

第三の目スキンヘッドが特徴。胸の傷跡は第23回天下一武道会にて、兄弟子である桃白白によって付けられたものである。
服装は当初はチャオズと同じ鶴仙流の胴着を着用していたが、戦闘や修行中は上着を脱いでいる事がほとんど。往年では各地を修行で放浪する際は、修験者のような装束を纏っている。

初期の頃は桃白白のような殺し屋を目指しており、回想シーンなどから初登場以前から非道も辞さない振る舞いも多く見られた。しかし、社交性や道徳観念が欠落しているわけではなく、根本はストイックかつ生真面目、常に自身を鍛え上げている真の武道家たる性格である。亀仙人との接触がきっかけで鶴仙流のやり方に疑問を持ち始め、最終的に離反した。

鶴仙流を離反し心を入れ替えた後は、チャオズを始めとした仲間を気遣ったり、決別後も恩師である鶴仙人と桃白白に対して以前と変わらず敬意を以って接するなど、人格者としての一面が強くなっている。ヤムチャとも和解し、憎まれ口も叩き合うもお互い良き友人として接している。

好きな食べ物としてシュウマイとギョウザを挙げており、対する相方は天津丼だとか。……何だかあらぬ疑いを掛けられそうである。
唯一の趣味はバレーボールで、これを元に排球拳という主に自身のキャラと見る者の腹筋が崩壊する強力な技を編み出している。

専ら武道一筋の求道的な性格のため恋愛への関心を持っていないように見えるが、アニメ版ではランチに惚れられている事に満更でない反応を見せている。ドラゴンボールゼノバース2ではそのことをクリリンやヤムチャから、からかわれていた。
また、第22回天下一武道会で女性ファンに声を掛けられた際は、特に相手にする様子ではなかった(邪険にもしていない)が、後に次回の武道会に向けての修行の旅に出る前にクリリンが亀仙人に『ギャルの引っ掛け方』を尋ねた際は、ヤムチャと共に聞き耳を立てている
これらの要素から単純に奥手で恋愛に不慣れなだけで、異性への興味は人並みに持ち合わせているようである。

多彩な技の数々

使用する技は気功砲どどん波、光眼線などの気功波系、マシンガン突き(一部ゲームでの名称は顎龍拳)や排球拳といった体術系、太陽拳や気合返しなどの防御技など、とにかくレパートリーが豊富。

他には四身の拳(4人に分身)、四妖拳(腕が4本に増える)など、人間離れした技も披露している。これに関しては、天津飯はかつて地球に難民として流れ着いた宇宙人『三つ目人(族)』の末裔であり、一族が地球人として土着し代を重ねる内に血が薄くなっていく中、彼のみ先祖返りを起こした特異体質者であるという裏設定がある。そのために本来は上記の技は三つ目人の固有能力であり、彼は厳密には純粋な地球人ではない。
余談であるが、上記の四身の拳は彼の細胞を組み込まれたセルも使用しており、本来は分身後に個々の力が本来の四分の一に落ちてしまうデメリットがあるが、セルはこの点を克服しオリジナル以上に使いこなしている。また、クリリンとピッコロの二人の場合、3人に分身する三身の拳として使用している。(ただし、ピッコロの場合は作中の描写から原理が異なっているようである)
他には亀仙人が使用したピッコロ大魔王を封印するための魔封波も、練習の果てに会得している。

また、第三の目を持つために動体視力が極めて高く、相手の動きを追う事は勿論、第22回天下一武道会では亀仙人の多重残像拳までも見切っている。ただし、気を探る術を身に付けるまでは、この「視覚で動きを捉える」という点が仇となり、後の第23回天下一武道会において自らの技である太陽拳を悟空に使われ、一杯食わされる場面もあった。

その他

一度見た技を自分のものにする模倣能力にも優れ、第22回天下一武道会では かめはめ波を即興(しかもかなりの威力)で放ち、技の性質を見極めた彼には威力を問わずかめはめ波は一切通用しないとされている。その為にセルが放った太陽系をも消滅させるという超かめはめ波も、「天津飯だったら効かないのでは?」と言われたりする。
またゲーム版では界王星での修行もあり、ヤムチャとコンビ扱いされることが多いが天下一武道会の因縁もある為か、原作より不仲であることが多い。(弟弟子の餃子もSPARKINGシリーズやレイジングブラストシリーズなどでは一緒に修行したヤムチャとは仲が良いがクリリンをまだ目の仇にしている節がある)

関連イラスト

時間
歩く天


ミーファン帝国の天津飯
どどん波!!



声優

鈴置洋孝(ドラゴンボール→ドラゴンボールZ)、緑川光ドラゴンボール改神と神ドラゴンボール超)、真殿光昭(一部ゲーム)、山寺宏一(ドラゴンボールZにて二度代演)

関連タグ

本編関連

ドラゴンボールDBドラゴンボールZドラゴンボールGTドラゴンボール改DRAGONBALL鳥山明西遊記少年ジャンプ
鶴仙流鶴仙人桃白白チャオズ
孫悟空クリリンヤムチャピッコロ亀仙人ランチ
気功砲太陽拳排球拳どどん波天津飯!技を借りるぜぇ!!
スキンヘッド第三の目ヤム飯

別名・表記ゆれ

天津飯

類似?キャラクター

せんとくんイザヤール

pixivに投稿された作品 pixivで「天津飯(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9208

コメント