ピクシブ百科事典

ミスター・サタン

みすたーさたん

漫画『ドラゴンボール』の登場人物。作品後期の重要キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:郷里大輔石塚運昇

サイヤ人編以降、格闘漫画としての側面が強くなった本作における数少ないギャグキャラクターの一人。殺伐としたシナリオにおけるムードメーカーにして、主人公・孫悟空たちZ戦士の闘いを一般人視点で見守った人物でもある。

初登場はセル編
天下一武道会」の優勝記録保持者で、セルの開催したセルゲーム参戦に名乗りを上げた、格闘技の世界チャンピオン。ただし彼が優勝したのは、悟空たちが参加しなくなって出場者のレベルが大幅に低下した時期である。当初はただの噛ませ犬になるはずだったが、予想以上に人気が出て、鳥山本人もノリノリになってきたので、最終的にブウ編最大の功労者になったらしい。

家族には一人娘のビーデルがいる。妻は元・美人歌手のミゲルという女性だが、ビーデルの話では既に死別しているらしく本編には登場していない。それをいいことに女遊びが激しいので娘からは呆れられている。
なお、ビーデルは後に悟空の息子・孫悟飯と結婚したため、悟空とは義理の兄弟となる。

戦闘力

格闘家としては、悟空たちが出場しなくなった第24回大会以降の「天下一武道会」において優勝記録を更新するという輝かしい経歴を持つものの、悟空たち亀仙流や天津飯たち鶴仙流、その他ナムチャパ王などの常人の域を超えた武術の達人たちがかつてのように出場しなくなり、武術界のレベルそのものが大幅に低下した時期での戦績であるため、その実力差は火を見るよりも明らかで、劇中で実力を持って勝ったとされる主要キャラクターは殆ど居ない。又モンスター系の強敵が出場した場合は体調不良を装って欠場していたとか。

しかし、当の本人はその圧倒的な実力差に気付いておらず、Z戦士達が使う気功波や舞空術を「トリック」と称し存在自体を否定していた。また、娘・ビーデルの話ではセルとの闘い以降は自身の名声にかまけて遊んでばかりいて、大会前にも関わらずトレーニングを怠っている描写もある。ビーデルの舞空術の修行に付き合った悟飯もビーデルの実力が既にサタンを超えていることを感じ取っている。

それでも一般人相手には引けを取らず、ブウの拾ってきた小犬(後のベエ)を狙撃したチンピラに対しては隙を許さぬ攻めをみせている。またアニメオリジナルのシナリオにおいても、ただの人間だった頃のスポポビッチを一撃で場外負けにしたり、バスを引っ張って動かしたことがあった。劇場版では、あの世から蘇ったゾンビたちを相手に蹴散らし、マスコミの取材がないことに苦言を漏らすほどの余裕も見せている。
気が使えない力の弱い「一般的な」地球人の中ではかなりの実力者……と言うか、セルやブウに完全武装の軍隊が殲滅された時でも「サタンなら勝ってくれる!」と全世界が期待している辺り超人を通り越して人外レベルの評価をされている節がある(作者の鳥山明曰く「サタンの戦闘力はボブ・サップより少し弱いくらいである」らしいが)。

一方で、耐久力は一般人であるにも関わらずかなり高いようで、完全体セルに弾き飛ばされ岩山に頭を強打しても少し痛がる程度ですぐ戦線復帰し(セルが手加減したのもあるが)、純粋な破壊の心だけを持つ魔人ブウ(純粋)のジャブをまともに受けながら、瀕死どころか負傷した描写も無かった。破壊神ビルスに指先でつつかれても気絶するだけで済んだということも…フリーザが恐怖したあのお巡りさん同じ体質なのかもしれない……。

また悪運も強く、過去の戦いでも相手が食中毒にあって棄権し不戦勝する、大会自体が中止になるなどで、結果的に世界チャンピオンの座を守り続けている。実はシリーズを通じて一度も死亡していない。ドラゴンボールで生き返らず天寿を全うした事が明確に確認される数少ない人物の1人でもある。
(正確には『復活の「F」』にてフリーザ地球爆破により他の地球人ともども死亡しているが、ウイスの時間回帰で「無かったこと」になったのでノーカウントとする)

人物像

黒髪のカーリーヘア(『GT』では生え際が後退)に浅黒の肌、口髭、ケツアゴといったラテン系の風貌の格闘家
その外見から主要人物の中でも年長者にみえるが、実際は悟空より1歳年上クリリンと同い年)であり、さほど齢は変わらない。

性格は、普段は調子が良く自信過剰ですぐに虚勢を張るが、相手が強いとわかると仮病を使って誤魔化したり、賄賂による八百長で勝たせて貰う等、とても世界チャンピオンとは言い難い行動を見せる。ブウとの闘いの際は、猛毒入りの高級チョコレートや爆破装置付きの携帯ゲーム機「ゲームポーイ」(ゲームボーイのパロディ)などを駆使してブウを倒そうとしていた。それが無理だとわかった時は、記念撮影と称してブウが倒れているシーンを写真に撮って「ブウを倒した」というインチキをでっちあげようとした。
セルが悟飯に倒された後は、咄嗟に自分が倒したと大ウソをついて名誉を根こそぎいただいている。アニメ版ではこれをテレビで見ていたヤムチャたちが「詐欺師」と悪態をついていた。
こう書くと卑劣な人間のように思えるが、前述の虚勢はファンを裏切れないサタンのチャンピオンである自負と姿勢であり、財力なりZ戦士の協力なり、世界を守るためには決して妥協していない。
弱者や家族を守ろうとする正義感や心優しい面は人一倍強く、悪人に対して毅然と立ち向かう勇敢さも持ち合わせている。また人情家でもある。
特に身内への情は強く、『GT』でブウがいなくなって活気を無くし引退を考えたり、『超』ではビルスが地球を滅ぼそうとした時には真っ先に娘と孫を守ろうと我が身を盾にするなど、普段とは違う男らしい行動に出ることも。
孫娘のパンのことも大変可愛がっており、『GT』やその他の派生ゲームでも過保護なまでの爺馬鹿っぷりをみせている。

大会での賞金やセルを倒した英雄としてもて囃され、ブウ編初期には彼の名を由来とする「サタンシティ」なる近代都市も登場している。ビーデルの話では50部屋はある大豪邸に住み使用人を雇うなど、自身もかなり裕福な生活を送っている。
また、ブウ編から2年後にあたる『オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』では先のブウとの闘いの勝利を祝してホテルを竣工、完成記念パーティーに悟空とその仲間たち全員(界王界王神老界王神も含む)を招待し豪華な料理で振る舞った。
更にその数年後を描いた『ドラゴンボール超』では娘夫婦のために豪邸を寄贈している。

ビーデルと悟飯の婚約後は親戚関係となった悟空ともしばしば会っており、『ドラゴンボール超』第1話では世界平和大賞の賞金1億ゼニーを孫一家に口止め料として全額寄付している。
彼等こそ真の英雄として讃えつつ、ちゃっかり自分の名声を守るよう約束させるなど抜け目がない。

悟空自身も、ブウ編でサタンの名声により特大の元気玉を作ることが出来たこと、直後に満身創痍のベジータを背負って避難したことなどを評価しており「おめえホントに世界の救世主かもな!!!」とその土壇場の活躍を評価している。最終話直前の天下一武道会では、サタンの名誉を守るため、身内の誰かが決勝戦でサタンと闘うことになってもちゃんと負けを演じさせると約束している(同時に賞金の譲渡を約束させているが)。少なくとも「家族」としては良好な関係を築いている。

こうした、せこいけど何処か憎めないキャラクター性や、声を担当した郷里大輔の好演も相まって、登場期間は比較的短いにもかかわらず人気の高いキャラクターとなった。

ブウ編では、魔人ブウ(デブ形体)に善悪の区別を教え殺戮行為を改めさせたり、その過程で(下心こそその時点ではあったものの)魔人ブウと友達になったり、一喝と名声だけで世界中を説き伏せ悟空が作っていた元気玉の気を一気に集める手伝いをさせる等々、本当に地球を救ってみせる大貢献をした。特にブウを改心させたことを知ったピッコロは「あいつなりに地球を守ろうとした」と一定の敬意を払っている。
この事もあり、悟空やピッコロ達からは認められ、実力を超えた人間力は一目置かれている。
ドラゴンボールヒーローズ』でも「本当の救世主」というアビリティがあるほどである。

拳を使わず名声と人徳だけで世界を救った勇者でもある。

余談

名前について

「ミスター・サタン」の名称はリングネームであり、本名は「マーク」悪魔のアナグラム)と言う。前述の妻・ミゲルと婚約した際にはマスコミに「天使(ミゲル)と悪魔(サタン)が結婚!」という見出しで報じられたという。
このリングネームの由来は作中では明かにされていないが、若い頃は「サタンの城」と呼ばれる格闘技の道場に通っており、かなりの実力とライバルの対戦相手が食中毒になる等(若い頃から悪運に恵まれていたらしい)で、たちまち世界チャンピオンになり、その道場の名前から「ミスター・サタン」と呼ばれる様になったらしい。
又道場に通っていた当時のとある日に師範と一緒に遠征先の南の都の酒場で桃白白と遭遇しており、うっかり桃白白の髪型をからかってしまった事で師範は殺され自身も重傷を負う。それ以降、正体のわからない相手やメチャメチャ強そうな相手とは絶対に闘わないと固く誓う様になったという。

なお、英語圏では宗教的な事情(サタン=悪魔の名は不穏当であると言う理由)で“Hercule(ヘラクレス)”という名に変更されている。

ゲームでのサタン

セル編以降を題材にした作品の多くに登場しており、概ね、ゲームをある程度進めることで解放される隠しキャラとして登場している。

前述通り、舞空術などの気のコントロールが出来ないため、背中にジェットパックを背負い、手榴弾などで遠距離攻撃を行う。必殺技の多くも原作を意識したコミカルなムーブのものが大半でかなりトリッキーな性能であることが多く、ポジション的には某有名格闘ゲームシリーズのこのキャラに近いといえる。

ドラゴンボールゼノバース』ではトワの魔術にかかり、それまでの彼からは考えられない程にパワーアップ。気功波や舞空術を自分自身で使用したりと、一時的にだが他の戦士たちに引けを取らない戦闘能力を身につけた。ただし精神も非常に好戦的になっており、セルと自分との闘いの邪魔をするタイムパトロール隊員(主人公)に襲いかかった。

ドラゴンボールゼノバース2』では、前作に引き続き主人公の師匠にすることが可能。サタンはフィットネスジムの経営に着手しようとしており、マンツーマンで指導することをウリにしていた。その第一号を主人公と決め、様々な訓練を行った。
ストーリー本編には登場しないが、後日談を描いたDLC追加ストーリー『∞の歴史編』にパートナーとして連れて行くことが可能。ビーデルと戦うルートでは、魔術で洗脳された娘を必死で説得しようとしたり、ビーデルが悲壮な決意を以ってブウに挑もうとした原因が、ブウに加担していたダーブラにあると思った時は「貴様だけはワシの手で倒す」とまで言い切った(後でダーブラの実力を知って怯えていたが、闘志は揺らいでいない)。そのダーブラから娘をゴミ呼ばわりされた時は、かなり本気で怒っている。
終盤では主人公とタッグを組んでダーブラ&ブウ(善)と戦うことになる。このブウは、ダーブラが別の歴史から連れてきた助っ人であり、サタンに対して「家来のくせに生意気だ」「邪魔だからお菓子にして食べちゃおう」と言い放つような邪悪な存在である。進退窮まったサタンは破れかぶれながらも戦うことを決意する。その時のサタンの闘志と戦闘力はすさまじく、なんとブウに「強いな、おまえ。本当にサンタか?」とまで言わしめた。サタンは最後までブウを説得しようとしたが、それは叶うことなく決着を迎えた。

本来の歴史から外れた『巨大な時の裂け目』にもサタンは登場しており、こちらは屋敷でボディガードを募っていた。試験として主人公にお題を出し、達成するたびにゼニーをくれる。これは隠しシナリオをプレイするための条件となっている。

まさかのポタラ合体

原作において、悟空がブウを倒すために老界王神からもらったポタラで誰かと合体を試みるが、いざ合体しようにも周囲に戦える仲間が誰もおらず、唯一無事だったサタンと合体しようかと真剣に悩んだことがある。この際、吹き出しの中に合体したイメージ(悟空がサタンの髪とヒゲを生やしたような姿)が描かれ「1000の力が1001になったって勝てない」「ヘタしたら今よりも弱くなるんじゃ?」と心配していた。結局、この合体事故はあの世から呼び戻されたベジータと合体することで回避された。

しかし後年発売されたゲーム『ドラゴンボールZ2(PS2)』においてまさかの実現。
キャラクター名はゴタンで、1プレイヤーが悟空のときにサタンにポタラを渡すと合体することができる。

まさかの超サイヤ人化

破壊神ビルスとの戦いでは、ついに超サイヤ人に覚醒!
…もちろん、これはサタンが世間を安心させるためについた嘘なのだが、作中ではそのイメージとして超サイヤ人よろしく金髪に変身したサタンが、やたら醜悪な顔立ちのビビス(サタンがビルスを勘違いした呼称)と激戦を繰り広げる映像が流された。

その後、一部のカードゲームでは妄想戦士のジャンルで本当に超サイヤ人化したミスター・サタンが参戦した。ついでにビビスも登場。

ドラゴンボールゼノバース2』では、サタンの特殊衣装として超サイヤ人状態の姿が実装された。

関連イラスト

ミスターサタン
ミスターサタン


サタン&ブウ
なかよし



表記揺れ

サタン ミスターサタン Mr.サタン

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール超
ビーデル 魔人ブウ パン ベエ ゴタン
ネタキャラ 愛すべきバカ バカの世界チャンピオン 大富豪

チライレモ…ゲーム『ドラゴンボールZ 舞空烈戦』におけるサタンに近いポジションのキャラクター。

似た様なキャラクター

キングワンパンマン
ゾンゲトリコ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミスター・サタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 328211

コメント