ピクシブ百科事典

亀仙流

かめせんりゅう

亀仙流とは、漫画「ドラゴンボール」に登場する架空の武術流派。
目次[非表示]

概要

武泰斗に師事した亀仙人武天老師)が開祖の武術流派。
鶴仙流とは対をなす。
「よく動き よく学び よく遊び よく食べて よく休む 人生を面白おかしく張り切って過ごせ」がモットー、ウルトラハードな修行ながらのびのびと大らか。
技を教えるというより基礎体力の向上や感覚を研ぎ澄ませることを目的とするため、特に決まった拳法の型というもの持たない。
修行者が独自に技を磨く姿勢、我流に消化していくことが肝要である。
その修行の厳しさとレベルの異常な高さから、亀仙人がよほどの実力者と認めた者しか原則的に弟子にはせず、また課せられた修行を昇華したり武術を会得するには強靭なまでの根性と潜在能力を持たなければ中々ついて行くことすら難しい。
そのため亀仙流の一門及び流れを汲む修行を経た者は非常に少数で、いずれも地球人の常識的なレベルを超越した使い手ばかりである。
亀仙人の弟子たちは師匠より強くなった後も師匠への尊敬のあらわれから山吹色の胴着を着続けており、悟空の子供たちの幼少期の胴着も山吹色である。
無型ゆえの汎用性の高さから悟空は亀仙流武術を基礎としつつ様々な師匠の元での修行し、様々な技を身に付けていく。
一方で流派の技ですら独学で学び取る方針であるため、見る機会の多かったかめはめ波は多くの弟子に受け継がれたが、亀仙人の奥の手である万国吃驚掌は誰にも受け継がれなかった。

亀仙流一門

名前概要
0
亀仙人
  • 開祖
1
孫悟飯(じっちゃん)
  • 席次:一番弟子
  • 入門時期:物語開始前
  • 経緯:亀仙人から潜在能力を認められて入門
  • 孫悟空の育ての親
2
牛魔王
  • 席次:二番弟子
  • 入門時期:物語開始前
  • 経緯:孫悟飯は兄弟子で共に修行
3
悟空
  • 席次:三番弟子
  • 入門時期:亀仙流修業編
  • 経緯:一番弟子の孫悟飯に拾われて基本を習得済み
4
出てこい飛びきり全開POWER
  • 席次:四番弟子
  • 入門時期:亀仙流修業編
  • 経緯:悟空と共に入門
  • 悟空とは名実ともに兄弟弟子
5
身勝手のヤムチャ
  • 席次:五番弟子
  • 入門時期:占いババ編の後
  • 経緯:クリリンと共に修行
  • 直接の亀仙人の弟子としては最後の門弟
6
チチ
  • 席次:無し
  • 入門時期:無し
  • 経緯:直接亀仙人に入門はしていない
  • 父の牛魔王から亀仙流の武術全般を教わり、武道家としては亀仙流一門
  • 亀仙人からも実力を認められ、チチも「武天老師様」と呼んでいる


亀仙流の流れを汲む関係者たち

  • 孫悟飯・・・ピッコロの弟子であったが、父の孫悟空との修業期間がある
  • 孫悟天・・・入門はしていないが母のチチから武術を教わっている
  • パン・・・祖父の悟空から武術を教わっている
  • ウーブ・・・悟空の一番弟子。
  • 天津飯・・・鶴仙流一門だが亀仙人の思想に感銘を受けて鶴仙流を離反しており、思想面では弟子の一人といえる。
  • ネコマジンZ・・・悟空の弟子。かめはめ波っぽいなにかを撃てるし、超サイヤ人っぽいなにかになれる。


胴着

上下揃いの山吹色(アニメ版は朱色)の胴着に、腰に青色を巻くのが基本。胸と背中に白○に亀のマークが入っている。
途中から重り付きの青のインナーや重り付きの紺のブーツ、青のリストバンドもセットになる。

孫悟空 少年時代 模写
肩車


入門後、悟空、クリリン、ヤムチャは、若干変化はあるものの、戦闘時はこの胴着が主流になる。

悟空は、神様界王様などからも修行を受け我流に消化していったことで、白○に「神」→「界王」→「悟」のマークの入った胴着、人造人間編以降は無地の胴着に結び目のない帯を巻くのが主流になる。悟空の息子・悟飯も、青年期は悟空と揃いの胴着を着ている。悟天も父悟空とお揃い。
別の未来の悟飯は、これに白○に飯のマークの入った胴着を着ている。

↓これも公式の胴着である。と亀仙人のじっちゃんが言ってた。

センシティブな作品
亀仙流



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ かめはめ波 鶴仙流

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「亀仙流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 773399

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました