ピクシブ百科事典

武泰斗

むたいと

漫画「ドラゴンボール」に登場する武道家(メイン画像左)。

概要

CV:内海賢二

亀仙人鶴仙人の師匠の武道の達人。
悟空が地球に来るよりはるか昔に、地球で暴れていたピッコロ大魔王と戦った。

一度目の戦いではピッコロ大魔王に手も足も出ずやられてしまうが、若き日の亀仙人と鶴仙人の治療により一命を取り戻す。そしてピッコロを倒すべく修行の旅に出て新技『魔封波』を会得しその『魔封波』でピッコロ大魔王を電子ジャーに封じ込め世界を救った。しかし、その代償として自らの命を落とした。

このように本編だと故人な為、回想でしか登場していないがアニメオリジナルエピソード(129話)にて現役時代(亀仙人が18歳だったので300年以上前)の姿が描かれた。

天界での修行の一環で過去にタイムスリップした悟空と出会い教えを説いた。悟空との立ち合いでは座ったままの姿勢で攻撃をいなし、「気」を込めた人差し指で悟空を壁に叩きつけて勝利。他にも、気を手刀の指先に集中させて光線として一気に放ち、滝から流れ落ちる水を真っ二つにしてみせるなどなど「気」のコントロール技術に非常に長けている姿を見せた。

ちなみに彼の道場の門下生は、鶴亀コンビ以外全員スキンヘッドにしており、その二人もピッコロ大魔王との戦いの際には他の門下生と同じスキンヘッド姿になっている。

DBの中で珍しい難しい漢字の名前だが、その由来について鳥山明は「思い出せない」と語っている。ちなみに「泰斗」という言葉には、「世間から重んぜられる権威者」という意味がある。

関連項目

ドラゴンボール ピッコロ大魔王編
亀仙流 鶴仙流 ピッコロ大魔王 魔封波

pixivに投稿された作品 pixivで「武泰斗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2457

コメント