ピクシブ百科事典

ランチ(ドラゴンボール)

らんち

漫画『ドラゴンボール』の登場人物。
目次[非表示]

声:小山茉美

概要

くしゃみをするたびに性格と顔つきが変わる二重人格の女の子。天然ボケで温和な性格の黒髪ランチ(アニメでは青髪)と、凶悪で気性の激しい性格の金髪ランチの二つの顔を持つ。頭に結んだ赤い大きなリボンが特徴。
身長160cm、体重48kg。スリーサイズはB82・W57・H83。

強盗を働き警察に追われているところを、亀仙人の修行の条件「ぴちぴちギャル」を探していた孫悟空クリリンに助けられ、そのまま亀仙人の住まいカメハウスに居候する。

その後、(金髪ランチが)天津飯に一目惚れし、修行の旅を続ける天津飯を追いかけカメハウスを飛び出し、それ以来漫画では一切登場しない。
なお、当初は魔人ブウ編にて悟空の元気玉に協力する人物の1人として再登場するはずだったが、諸事情により17号へと変更された(17号が、一度も面識がなかった悟空の声を懐かしむような発言をしているのはこの名残らしい)。
アニメ『ドラゴンボールZ』ではちゃんと黒髪ランチが登場して、悟空に元気を分け与えている。給食販売のオバチャンとして働いていたようだ。
よく見ると、Zの初代EDにも登場している(Z戦士が悟飯を追いかけてくるシーンに注目)。

また、アニメ『ドラゴンボール改』では本編に一切登場しないにも関わらず、エンディングのレギュラー陣の面々と一緒に登場している。

普段黒髪、金髪になると好戦的になることから、サイヤ人疑惑が囁かれることがある。
サイヤ人は異様なほど青年気が長いが、ランチさんはアニメ『Z』ではブルマ同様のフケ具合だったため、仮にサイヤ人だったとしても純血ではないことになる。

劇場版『魔神城のねむり姫』では原作とは異なり、最初から金髪モードで登場しているが、途中でくしゃみをして黒髪に戻る。その後、魔神城の悪魔たちを倒した悟空とクリリンによりカメハウスに連れてこられ、世界一の美女「魔神城の眠り姫」(実は悪魔が吹聴した大嘘)と亀仙人に誤解され、原作通りカメハウスの住人となった。

人物像

黒髪モード

穏やかで天然。亀仙人の前で手渡された服に即座に着替えようとする、フグを無資格で料理するなど、かなりヌケている所がある。精神に邪心が無いため、筋斗雲に普通に乗れる

金髪ランチ

異様なほど口が悪く、一人称は「」になる。好戦的かつ欲張りであり、包丁銃火器を振り回して暴れることも多い。ピッコロ大魔王がTV演説した「法も秩序もなく万人が自由に乱暴狼藉を働く世界の実現」というマニフェストにも「結構いいこと言うじゃねーか」と嘯いていた。
戦闘力はレッドリボン兵では数人がかりでも相手にならないが、幼少期の悟空に一瞬でやられるなど、あくまで「結構強い人」(精々シルバー大佐あたり)止まりである。

関連イラスト

黒髪ランチ

ランチさん
ランチさん


金髪ランチ

好きだっつってんだろ
【新刊表紙素材】 ランチさん



関連タグ

ドラゴンボール
孫悟空 亀仙人 ブルマ(ドラゴンボール)
天津飯(ドラゴンボール) 天ラン 二重人格 

pixivに投稿された作品 pixivで「ランチ(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134017

コメント