ピクシブ百科事典

元気玉

げんきだま

元気玉(げんきだま)とは、漫画「ドラゴンボール」に登場する必殺技のひとつ。
目次[非表示]

だ…大地よ 海よ そして生きているすべての みんな………
このオラに ほんのちょっとずつだけ 元気をわけてくれ…!!!

元気玉(げんきだま)は、漫画『ドラゴンボール』に登場する必殺技
アニメ『ドラゴンボールZ』OP「CHA-LA HEAD-CHA-LA」や『ドラゴンボール改』OP「Dragon Soul」などの中でも歌われている、この作品を代表する技のひとつである。
インパクトのある必殺技だが、原作ではここぞという時にしか使っていないため意外と使用頻度は低い。代わりにZ初期の劇場版ではトドメの技として頻繁に使われている。
pixivでは、この技をモチーフにしたイラストにもこのタグが使われている。

元気玉
フリーザ様視点
元気な玉
元気 キタ!!


概要

界王様孫悟空に伝授した奥義。
両手を上げ、自然からエネルギーを少しずつ集めて球体を作り、それを投げつける技。
集める量によっては巨大な球を作ることもできる。善人にしか使えないという設定があるが…。

地上に存在するあらゆる生命、近くの惑星太陽からもエネルギーを集めることが出来る。
しかし、エネルギーを集めるのに時間がかかるのと、その間は無防備になってしまうのが欠点。

威力は絶大だが、惑星ごと破壊してしまう可能性のある大技であるため、界王様からはどうしようもないという時に1発だけ使うことを許されている。
また伝授に関しても慎重な姿勢をとっており、後にナッパに殺されたZ戦士達が自分のもとを訪れた際にはそもそも技の存在自体を教えておらず、ピッコロナメック星で悟空が使うのを目の当たりにするまで知らなかった。

前述の通り、元気玉は善の心を持つ者にしか作り出すことはできないため、怒りの心で覚醒する超サイヤ人の状態では使用できない(アニメ劇場版でクリリンが言及している)。
が、原作の魔人ブウ(純粋)戦においては最後のひと押しの際に超サイヤ人に変身している。これには「実は善の心が必要とされるのは元気玉を作る時だけ(実際、筋斗雲に乗れない程度には心が穢れているクリリンが制御できた前例がある)」、「セル編での修行で平時の精神状態のまま超サイヤ人になれるようになった(=超サイヤ人の変身・維持に怒りの心が必要ではなくなった)ため」「超サイヤ人が元気玉を使えないのはアニメ(もしくは劇場版)のみの設定」等諸説あるが、公式には明らかにされていない。

また、『ドラゴンボール超』では、邪気を伴うためスーパーサイヤ人では元気玉を使えないとされていたが、フリーザのエネルギーが入っても生成が可能だと判明した。ただ、生成時間がおそらく通常よりも短いのに成功したのは、無限のエネルギー機関を持つ人造人間たちの影響があるのでは?という考察もある(拝借情報)。

強力な技ではあるが、原作漫画では強大な相手に大ダメージを与える程度に収まる場合が多く、止めの一手となったのは純粋悪のブウ戦だけである。

台詞

元気玉を作るときに、「オラに元気をわけてくれ!」と言う。
そのままでもネタになる上、改変すると、他人から何かを分けてもらう時に使える台詞になる。
という訳で、pixivにはパロディイラストが多数ある。

作中で使用したシーン

原作

  • 界王星での練習:劇中で初めて見せたこの時だけは文字通りに玉を作らず、右手にこめた元気をそのまま放っている。その後のほとんどの場合は、集めた元気で掌の上(頭上)に玉を作ってそれを敵にぶつけるという型なのだが……おそらくこの時点では作者の中で型・コンセプトが固まっていなかったのではないだろうか
  • ベジータ戦:満身創痍の悟空から譲り受けたクリリンがぶっつけ本番で放つがミス、孫悟飯が跳ね返した元気玉が直撃したものの、悟空が集めていた元気がベジータの攻撃で半減していた為に威力が足りず、止めを刺すには至らなかった。
クリリン偉い☆


  • フリーザ戦:ナメック星だけでなく近くの星々からも元気を集める事でベジータ戦とは比較にならない程の巨大な元気玉を撃ったが、とどめを刺すには至らなかった。この巨大元気玉はゲーム作品等では超元気玉という名称が与えられ、通常のものとは区別されている。
  • 対魔人ブウ(純粋)戦:少しずつではなく、(あの世や界王神界、ナメック星を含む)全人類から限界ギリギリまでエネルギーを集めた超特大の元気玉で倒す。

それ以外

  • 対Dr.ウィロー:劇場版『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』で使用。
  • ターレス:劇場版『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』で使用。神精樹の影響で地球が疲弊していたため、1発目は撃ち合いは敗れる。その後、神精樹の実から元気を集め、再び撃ち合いになり打ち破る。
  • スラッグ:劇場版『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』で使用。地球が疲弊していたため、太陽の元気を借りて使用した。
  • 対一星龍:『ドラゴンボールGT』で使用。全宇宙のエネルギーを集めた超ウルトラ元気玉で消滅させた。考えると地球が破壊されてもおかしくない威力であることは想像できるが、悟空は大玉を転がすようにしてぶつけ、そのまま空の上へ飛ばして爆発させたので地球へのダメージはほとんどなかった。


その他

  • 合体13号:劇場版『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』。元気玉を作った後に超サイヤ人に変身し、元気玉のパワーを吸収するという使い方をされ、元気玉での直接攻撃はしなかった。

この方法はPS2ゲーム『ドラゴンボールZ~Z3』『インフィニットワールド』で超サイヤ人1以上の形態に変身した悟空の究極技発動の準備として再現されており、吸収した元気を使って龍拳を発動させる。この手順を踏まえての発動のため、映像作品での龍拳よりも威力はかなり高いと思われる。

  • 合体ザマス:『ドラゴンボール超』の未来トランクス編で使用。但し直接ぶつけずに、にその元気を込めてザマスを斬った。作成者はトランクス。ファンの間では「元気剣」「元気ソード」などと呼ばれるが、実際は「ファイナルホープスラッシュ」。

未使用

  • セル:「その気になれば元気玉だってたぶんできる」と言ったが、実際に使用するシーンは無かった(善の気を持つ者にしか操れない元気玉が、邪悪な存在であるセルに使用できるかどうかは不明)。このためセルと悟空の元気玉決戦を見たかったという声もある。

一部ゲームではセルの元気玉が実際に使用可能。セルがいつ善人という設定になったのか。ゲームでは「悪いが元気をいただくぞ」と言っており強制的に奪っているのではないかとも思われる。前述の善人にしか作れない設定もどこへ…。
(セルは悟空たちの細胞をもとに作られたバイオ人造人間のため、わずかに善の気が混ざっているのだろうか…当然憶測だが)
ちなみにPS2『Sparking』シリーズのNEOまではパーフェクト状態の必殺技として使っていたが、原作再現を重視したのかその次のMETEORでは悟飯との決着の際に使った『太陽系消滅かめはめ波』に差し替えられた。

ゲーム

  • クリリン:ゲーム『ドラゴンボールZ 舞空闘劇』のIFストーリーにおいて界王拳と元気玉を習得・使用することができる。


  • ミラ:『ドラゴンボールヒーローズ』で敵のミラが使用してくることがあったがゴッドミッション6弾でようやく元気玉を使える通常ミラが登場した(これまでの必殺技はダークかめはめ波だった)。こいつも悪人のはずなのだがなぜか使える。




類似する技

  • リベンジデスボール:GTに登場したベビーが使用。「サイヤ人への恨みの気」を集めて作り出した黒い球。さらに大猿状態では炎属性が追加された「ファイヤーデスボール」や、さらに多くの恨みの気を集めた「リベンジデスボール・ファイナル」が存在する。


  • 電撃地獄玉:同じくGTに登場した超17号が使用。技の構えが似ているが、他者から気を吸収している訳ではないようなので、恐らく技の性質的にはフリーザデスボールに近いものと思われる。

関連タグ

ドラゴンボール 孫悟空(カカロット) 界王 界王拳 必殺技

類似タグ

仙人モード
(NARUTOで主人公ナルトなどが使用できる)

pixivに投稿された作品 pixivで「元気玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 839348

コメント