ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

人造人間13号

じんぞうにんげんじゅうさんごう

『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』に登場する人造人間。
目次 [非表示]

概要

cv:曽我部和恭遠藤守哉(ゲーム版)


レッドリボン軍の科学者である、ドクター・ゲロが作り出した人造人間の一体。

人造人間14号同様に素体となる人間を機械改造して製造されたバイオタイプ(サイボーグ)で、初登場は劇場版『極限バトル!!三大超サイヤ人』。

原作では設定のみ言及されており、『問題があったため処分済みだが、13〜15号は完成度が高かったらしい』とされている。


13号・14号・15号ら3体の中では最強の力を持ち、ドクター・ゲロの遺志を継ぐ。

14号・15号と異なり外見は一般の人間に近い。

2体に比べて人語も堪能な上に饒舌であり、自分達の目的は「孫悟空を殺す事である」事を明言している。

悟空抹殺の任務をゲロの死後も遂行していることから、16号・17号・18号と比べると開発者であるゲロに忠実な印象も見られる。

何故原作のゲロはコイツを完成させずに処分したのだろうか?


合体13号

また、14号と15号の戦闘データーチップと動力炉を吸収して戦闘能力を向上させ、第二形態の「合体13号」へと成長することが出来る。


合体後は、3メートルを越す巨体となり、体の色が青く変色して筋肉が隆起し、眉毛が消えて白目を向き、白い髪が赤くなって逆立つなど外見上の劇的な変化に加え、他の2体の仲間同様に人語を発さなくなり、理性がほとんど失われる


ほかの人造人間を吸収しての強化といった点から、映画のパンフレットでは「セルの原型ではないか?」と指摘されている。


劇中では主に悟空と対決。S.Sデッドリィボンバーで圧倒するが、悟空たちが超サイヤ人になったことで形勢が逆転。14号と15号が敗死すると上述の通り吸収して強化形態となり、逆に悟空たちを圧倒。悟空が元気玉を作るための時間稼ぎに立ち向かって来たベジータ、トランクス、ピッコロを一蹴した。しかし元気玉を取り込んでパワーアップした悟空には全く歯が立たず、悟空がまとう破壊のオーラを前に両手が損壊。最期は悟空の拳で腹部を貫かれ、悟空の名前を絶叫しながら破壊のオーラの中へと消えていった。



  • S.Sデッドリィボンバー

赤い球体に赤いバリアが張られている様なターレスのキルドライバーぐらいの大きさのエネルギー弾、威力は13号が言うに『この星(地球)の半分を吹き飛ばす威力がある』との事。



同劇中の人造人間

人語をほとんど話さないロボット型人造人間。


人造人間14号

3体の中では最も巨漢。

白い肌に辮髪を結っている。


人造人間15号

3体の中では最も小柄。

常に酒ビン風のエネルギー補給用のドリンクを携帯している。

肌の色は紫、派手な色の服を着用し、サングラスと巨大な帽子が特徴。


ゼノバース2では

後のアップデートによってプレイアブル化。それに伴い「∞の歴史編」というDLCストーリーにも登場した。黒幕の魔術によって未来の人造人間17号&18号が呼び出された後、フューによって別の歴史から呼び出された。本来ならセルは仲間のはずだが、13号は「孫悟空を殺すのは俺だ」としてセルの手出しを快く思っていない。三人でセルと戦うことになるが、プレイヤーがどちらに肩入れするかで勝敗が異なる。

勝利ルートではセルを倒した後、続けて現れた悟空も抹殺。目的を果たした後は「孫悟空……」と小さくつぶやき、以後はまったくしゃべらなくなってしまう。同じく存在意義を失った17号から「おまえも一緒に来いよ」と誘われ、いずこかへ飛び去って行った。

敗北ルートでは体力が減るとセルから「ポンコツ」「旧型」と見下される。

また特定の条件を満たすと16号が現れ、お互いに「孫悟空を抹殺するのは俺だ」と自己主張合戦を繰り広げる。


関連タグ

ドラゴンボール DRAGONBALL DB DBZ


関連リンク

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154410

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました