2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ドクター・ゲロ

どくたーげろ

ドクター・ゲロは、『ドラゴンボール』に登場する悪役の一人、マッドサイエンティスト。
目次[非表示]

CV 矢田耕司沢木郁也ドラゴンボールフュージョンズ

概要

ドクター・ゲロは、『ドラゴンボール』の人造人間編に登場するマッドサイエンティスト
かつてレッドリボン軍に所属しており(その当時の産物が人造人間8号ハッチャン)などを始めとする兵器の数々である)、それを壊滅させられたことで孫悟空等を恨み、復讐のため人造人間の技術を磨いてきた。なお劇中では語られないが、レッドリボン軍創設時のメンバーだったとのこと。
悟空等の前には、ドクター・ゲロによって造られた人造人間20号と名乗って登場。近くにいた一般市民の喉を潰し、首なし死体にするなど残虐性を見せた。
自身を悟空等と闘えるレベルに改造して戦いを挑んだが、ある意味苦肉の策であり、ずっと強力ながら従わせることのできなかった人造人間16号17号18号や、未完の研究であったセルを生かすことなく隠し持っていた。
結局は、戦力を見積もり損ね形勢不利となり、唯一従順な部下であった19号も失って17号等に頼ろうとしたが、懸念通り裏切られ殺された。皮肉にも首を斬られて頭を潰されたので、彼自身も首なし死体となってしまった。

人造人間(サイボーグ方式)としては、19号と同格か僅かに勝るスペックを有するとされ、19号同様のエネルギー吸収装置を持つ。
もし16~18号と同じ永久式エネルギー炉を有していれば、少なくとも17号にむざむざ殺されるようなことも無かったのかもしれないが、自身を20号に改造する手術を担当したのは唯一の成功作としていた19号であり、それ故に技術レベルが足りなかったのではないかと推察される。
他にも、ゲロ自身が自分の延命(更には永遠の命)を望んでいた節があり、17号・18号に比してより機械化が進んでいるのも、有機体ベース故の老化を恐れた可能性が考えられる。また、永久式エネルギー炉を搭載した三体は何れも(ゲロから見て)人格性に問題があったことから、ゲロ自身も何等かの影響を危惧したのかもしれない(一部のサイトでは、その人造人間の人格性について、「ゲロは(目的に関係なく)極端な悪人あるいは善人を造ってしまう」と評されており、良くも悪くも人間味が強すぎるロボや感情表現が豊かなものなどを造ってしまう則巻博士と対照的と表現されている模様)。

何れにせよ、人造人間としての単純なスペックは16~18号には見劣りしていると言える。このため、彼らの暴走を止める手段として実力ではなく緊急停止コントローラーや時限爆弾を体内に設置し、必要とあらばこれを起動して停止させていた。

人間的には問題があったものの、科学者としての才能及び能力に関してはブリーフ博士ブルマからも認められていた(無論、人間的には否定されていたが)。
実際、人造人間の性能は(開発動機などはどうあれ)侮れないものであるうえ、軍務に就いていた経験もあって、隠密性や情報収集能力の高い小型機械の行使を通して、悟空だけでなくピッコロなどの動向把握も行ってみせている。

劇場版では、彼の死後に研究所のコンピューターによって人造人間13号14号15号といった産物も登場している。

アニメ版ではセルを誕生させた理由がセルの回想にて語られており、あらゆる武道家を凌駕する究極の戦士を生み出すためであったという。ちなみにこの時間軸におけるゲロは、既に人造人間に改造済みであり、17号に首を斬られた後に18号にトドメを刺されている。セルの完成に時間が掛かることから自身を改造したのだろうか。

いわゆる「人造人間編」は、未来からやって来たトランクスが「(フリーザ親子死亡・悟空地球帰還から)3年後の5月12日、10時ごろ、南の都の南西9キロ地点の島に2人組の人造人間が現れる」という予言を伝え、その通りの場所に、彼ら人造人間20号と19号が現れた事から始まるワケなのだが…。しばらく後に「ドクター・ゲロの研究所が、北の都近くの山中にある」という設定が追加されたことで、「20号たちが研究所から、空を飛んでも何分も時間が掛かるような南の都付近までワザワザやって来たのは何の為だったのか?エネルギーを集めたかったのか単純に暴れたかったか、はたまた悟空達をおびき出す目的だったのか、理由は何にせよすぐ近くにある北の都へまず行けばいいものを」という疑問点が生じる事になった(悟空達が来たことに驚いていたので誘き出すためではなかったようである。また研究所が近い北の都では顔が知られていて、素性がバレる可能性があったので避けた、とも解釈できる)。

ドラゴンボールGT』では地獄でドクター・ミューと出会い打倒・悟空と世界征服のために手を組み、17号の機能を最大限引き出すための手段として新17号を完成する。そのため歴代の悪役達と供に地獄から脱出し混乱を引き起こすが、ドクター・ミューが新17号に自分の命令のみに従うようにプログラムを書き換えられ、裏切られた事で再び17号に破壊されてしまう。だが破壊される際に『またしても…』と、悲しい表情を浮かべながら呟いた事から、少なくとも17号に本人なりの愛情はあったらしい。

ドラゴンボール超』のテレビシリーズには一切登場していない。しかし、彼が開発した17号と18号は修行によってその戦闘力を増大可能と判明。力の大会で大活躍した上、17号に至っては最優秀選手に選ばれる結果を残したので、ファンからはその技術力について再評価されることとなった。

もっとも、『超』を基準とするなら彼をも超える超天才が存在することになるが。

映画『スーパーヒーロー』において家族関係が判明する(後述)。

ゲームにて

スーパーファミコンに発売された『超武闘伝』に初登場し、プレイヤーキャラとして参戦していた。相手の必殺技を吸収し、体力を回復させると言う異例な特殊能力を持っていた。

GBAで発売された『舞空闘劇』ではIfストーリーの主人公として登場。18号とセルを利用して悟空やベジータに立ち向かうものの、失敗すると必ず研究所に逃げると言う、悪の科学者ならよくあるパターン(さながらDr.マシリトを見せていた。何度も挑戦して何度も敗北した事から、次第に悟空を抹殺する復讐心から悟空に挑戦する楽しみに一変し、最後では悟空を倒す目標として更なる人造人間を作り続ける、どこか明るい風景を見せた。
自称天才科学者でありながらどこかお間抜けな設定も加えられているため、よくある『どこか憎めない愛らしい悪の天才科学者』に仕上げられている。そのため、何度やられても再び挑戦すると言う不尽の闘志から、宿敵である悟空から高く評価され、非常に気に入られている。ちなみにこのエピソードでは、メカフリーザやセル(不完全体だが忠実)を開発した事となっている。

ニンテンドーDSの『舞空烈戦』ではifルートで孫悟飯のエネルギーを吸収したのを皮切りにZ戦士を全滅させ、18号と17号らを屈服させるまでの力を得る。
更にセルと遭遇し完全体にするために抵抗する18号を倒し、セルは完全体となる。
しかしセルがいずれ自分を裏切るかもしれないと疑心暗鬼になり、セルのタイムマシンを遥か未来に追放し自らも新たな生命体の研究を求めて宇宙に旅立った。

またゲーム「ドラゴンボールZ」シリーズでは独自に強化版サイバイマンを開発したり、レイジングブラストではブロリーを洗脳したりとその開発力の高さが窺える。そしてドラゴンボールオンラインでは自らのクローンまで作り出してしまう。
ドラゴンボールヒーローズ』、『スーパードラゴンボールヒーローズ』では名称不明の強化形態まで登場。闇の気を発しており、脳みそがむき出しと言うグロテスクな見た目になっている。

人間時代

【同人誌表紙】双子の過去


劇中ではレッドリボン軍に所属する科学者と言われていたが、実際には創設メンバーの一人であり裏トップという立場だった。

以前から息子・ゲボと妻の存在が明らかになっていたが、映画『スーパーヒーロー』ではゲボ以外にもう一人息子がいたことが明かされ、その子供であるドクター・ヘドという孫が登場する。
なお、妻の名前も判明した(VOMI、ボミもしくはヴォミと思われる)。ちなみに劇中で「先妻」と言われているため、生前の時点で離婚あるいは死別していた模様(先妻という言い方だと後妻がいそうだが、再婚していたかは不明)。

  • 劇中で17号が「無から人造人間を造れるのになぜ人間をベースにしたタイプに戻したのか」と疑問に思っているが、これは「感情(性格)の制御が不完全だった」ため。言いなりになるロボットを作るのは無理だったことから17号、18号は人間を改造するタイプとなった。ただし19号はゲロに完全服従しており、感情の制御には成功しているようである。
  • 16号の制作理由は、レッドリボン軍の上級兵士だった息子を再現するため(息子は既に敵の銃弾の前に倒れている)。我が子の再現ということから思い入れがあり、強力なパワーと自爆装置を与えたが、一方で戦闘で破壊させたくないという思いもあった。上記の理由から感情の制御が不完全だったため未稼働のままとなっていた。
  • ゲロは「孫悟空の戦闘力の成長は地球でベジータやナッパと戦った時点でほぼ頭打ちと判断した」という旨の発言をしている一方で、彼が開発した人造人間16〜18号の戦闘力はフリーザ最終形態すら超えている。これは孫悟空を仮想敵としていたのだとしたら明らかにオーバースペックであるが、ゲロが何故これほどまでに戦闘力の高い人造人間を作ったのか(また何故もっと早い段階で世界征服計画を開始しなかったのか)は不明。


余談

鳥山明の連載作品の中では珍しく、本編中にてそれらしいスケベエピソードがない科学者(一応、後に所帯持ちであることが判明したが)。千兵衛は言わずもがな、マシリトもそれなりにムッツリスケベかつ隠し子いるし、ブルマの父親のブリーフ博士もエロ本コレクションしてたりするし、そのブルマも割と女性の立場としてスケベだし(ただし宇宙で2番目に強いとされる男と結婚してからは身持ちは固くなった。連載初期は(一部仕方なかったとはいえ)亀仙人等の相手にスケベな行動を働いている)。

そんなスケベ心がない彼がこのあたりの中で唯一明確に死亡し、救済がないのは皮肉か。
ただ、そのスケベエピソードがないことは大盛徳之進(一応元妻帯者だった)やフラッペ博士のような、出番が良くも悪くも少ないことや改心の余地などによるものではなく、男性も女性も関係なく自分の手駒にしようとする非情さや、良くも悪くも他者の命や体を傷つけることに対する頓着が少ないこと等が起因していると思われる。

なお、人造人間・セル編のエピローグで、ドラゴンボールによって「セルに殺された人達を生きかえらせてあげてください!」という願いが叶えられたのだが、よく考えたら、これではドクターゲロ(20号)と19号に殺された南の都の南東の島の人々が対象外になってしまい生き返れていない。あと、ベジータと18号の戦いのとばっちりで殺されたトラックの運転手も生き返れていない。

名前の由来は諸説あり、『gerontology(老人学)』からとするもの、作者である鳥山明の出身地が名古屋であることから「外郎(ういろう)」の読みを変えたものとする説がある。……が、後年になって息子のゲボや孫にあたるヘドが登場した事から、単純に「ゲロ」から取ったのでは?という見方もできてしまった。
また「ドクター=博士=吐かせ=ゲロ」という説も。ブルマとかブリーフも「履かせ」るものだし。

レッドリボン軍壊滅後開発後の人造人間開発の資金源はレッド総帥の息子のマゼンタがスポンサーとなっていたことが判明した。

関連項目

人造人間 セル
人造人間・セル編
人造人間16号(本編では語られない、ある重要な思い入れがある)
人造人間21号(ゲームオリジナルの最後の人造人間。その正体はゲロに深く関わりがあった)
レッド総帥:彼が所属していたレッドリボン軍の総帥(何気に彼も部下に殺害されている)

関連リンク

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドクター・ゲロ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドクター・ゲロ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました