2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「世界の支配者はこのブラックだ」

概要

CV:佐藤正治

世界征服を狙う悪の軍団「レッドリボン軍」の実質的なナンバー2であり、レッド総帥の補佐役を務める黒人らしき黒スーツの男。
背の低いレッド総帥とは対照的に高身長で、部下に対してはこれまたレッド総帥とは対照的に一定の思いやりも持っている様子。
補佐役に選ばれている点から見て能力や忠誠心といった面で信頼はされているのだろうが、彼は長身なため、身長コンプレックスを持つレッドは「自分が余計にチビに見える」という理由から側に立たれることは嫌がっている。
アニメ版ではブラック参謀と呼ばれている。

レッドリボン軍による世界征服の実現を純粋に強く望んでおり、その近道と考えドラゴンボールの情報を入手した。しかし後にレッド総帥がドラゴンボールを集めようとした目的が自分の背を伸ばすことで世界征服は軍の力でするつもりだったと知らされ驚愕。
私欲の為に大勢の部下を死地に追いやった(さらにアニメ版では、この直前にブラックを悟空と戦わせつつ、吊り天井の罠でブラックごと孫悟空を押しつぶして殺そうとした)事を責められても開き直るレッド総帥の傲慢な態度に怒り、レッドを撃ち殺し自らが総帥となる。

きさまに総帥の資格はない…
レッドリボン軍は、このオレさまが総帥となって新しくたてなおす

直後にドラゴンボールを手に入れる為に基地を襲撃した孫悟空と遭遇。ドラゴンボールでウパ父親を生き返らせてから一緒に世界征服しないかと取引を持ちかけた結果断られ、やむなく格闘戦を挑むが圧倒されてしまう。
切り札のバトルジャケットで抹殺を図るも、戦いの末にバトルジャケットを破壊されて脱出の間も無く爆死した。

余談だが自分が総帥になったにもかかわらずブラックリボン軍という名前に改名することはなかった。彼のレッドリボン軍に対する忠誠心は本物のようだ。

レッド総帥を殺害した拳銃を持っていたにもかかわらず、かつ悟空の圧倒的な強さを既に十分認識していたにもかかわらず、それでもなお「これまでのやつらとは違うぞ」とそれなりの自信をもって素手で悟空に挑んだことからすると、(悟空があまりにも強いため感じにくいが)格闘戦の腕前に関しては相当な覚えがあったようだ。
また、それだけの腕前を持ち、かつ悟空がいかに強くとも切り札のバトルジャケットには敵わないだろうと踏んでいたにもかかわらず、それでもなお万が一の事態を考慮しての避難や大切なドラゴンボールを捨てての撤退をレッドに進言した点から見て、かなりの慎重派であることもうかがえる。

原作ではスキンヘッドだったが、「最強への道」では髪の毛を生やしている。

派生作品

ドラゴンボールGT』では地獄から蘇り、どこから調達してきたのかバトルジャケットでミスターサタンを追い回していたが、パンに倒されてしまう。その後地獄に送りかえされ、閻魔宮で天国に行けないかねだるブルー将軍に向け、「おめえが天国に行けるんなら今頃俺は神にでもなってるさ」と悪態をついていた。

リメイク映画『最強への道』ではバトルジャケットの代わりに巨大なモビルスーツに搭乗して悟空を迎え撃つ。タフさに定評があり、初撃のかめはめ波を受けても無傷だった。加勢に来た人造人間8号を破壊して「出来損ない」とあざ笑うが、それに激怒した悟空の渾身のかめはめ波でモビルスーツに風穴を開けられ、爆死した。
この映画のブラック補佐は全体的に狂っており、レッド総帥を射殺した直後には脱力したような動きをしつつ笑っていたり、組織名をブラックリボン軍に改名したりするなど全体的に悪役度が増している。

関連イラスト

レッドリボン軍
ブルマ



関連タグ

ドラゴンボール レッドリボン軍 レッド総帥 補佐 総帥

関連記事

親記事

レッドリボン軍 れっどりぼんぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8507

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました