ピクシブ百科事典

キャラメルマン

きゃらめるまん

キャラメルマンとは、『Dr.スランプ』に登場するロボットのシリーズである。
目次[非表示]

概要

悪の科学者Dr.マシリトが製作した世界征服用のロボット。
回を重ねていくことに強くなっていくが、詰めの甘さから毎回敗北を喫してしまう。
本誌では番号の重複が発生しているが、これは鳥山明が数を忘れていたためである。

歴代のキャラメルマン

集まる!キャラメルマン!!



キャラメルマン1号

登場話:『Dr.マシリトの野望の巻 part.1/part.2』(第6巻収録)
【メイン画像の中列左】

キャラメルマンシリーズの第1作。
外見は鉄人28号、頭部は鉄腕アトムに似ている。
「合体!」と叫んで内部に乗り込むタイプである。
持っているパワーはアラレと大差ない。

アラレが近眼であることを利用し、メガネを奪って視界がぼやけたところを必殺のハンマーパンチで倒そうとするが、たまたま1号と似た頭にされていた千兵衛と激突。仕切り直しで乗り込もうとしたが、いつの間にかガッちゃんに食べられてしまっていた。

ゲーム『ジャンプスーパースターズ』では、原作では7号の技である「ウルトラスーパーズビズバメッチャンコバズーカ」を使用している。

キャラメルマン2号

登場話:『ペンギン・グランプリの巻 part.1~part.4』(第8巻収録)
【メイン画像の中列右】

歴代で唯一戦闘用ではなくレース用として開発された。
通常形態はダチョウ型だが、ペンキを塗ることで、白鳥カエルペンギン型に変形する。
武器はミサイルで、先頭を走っていた空豆タロウをリタイアさせた。また、アラレの気をそらすために、うんちも装備している。

コミックス13巻のおまけコーナー(『オレたちひょうきん族』「懺悔の部屋」のパロディ)では、ゼッケン7番を書き忘れたことを指摘されているが、これは許された。

キャラメルマン3号

登場話:『ペンギン村ウォーズの巻 part.1~part.3』(第8巻収録)
【メイン画像の手前右】

のような姿をした、三輪戦車。
1号を上回るパワー・2号の数倍を誇るスピードを持ち、右手のハサミはガッちゃんが食べられないゴム製で作られ、左手下部からウンチロボットでアラレを油断させ、左手の必殺光線で攻撃する作戦。
1号と同様に搭乗型で、サンルーフリクライニングシートといった、当時の高級車の設定を踏まえ、操縦の快適さも増している。まさにマシリト渾身の自信作である。

ブタの竹槍攻撃でタイヤをパンクさせられ、その時慌てた状況を面白がったアラレの体当たりでひっくり返されたことでガッちゃんが解放され、最期はガッちゃんに食べられてしまった。


キャラメルマン4号

初登場話:『最強ライバル出現!の巻』(第13巻収録)
【メイン画像の中列真ん中】

物語後期の主要人物。詳細はオボッチャマンの記事を参照。

キャラメルマン5号

登場話:『キャラメルマン5号登場!の巻』(第13巻収録)
【メイン画像のマシリトの隣】

いつまでたってもアラレを倒そうとしない4号に業を煮やしたマシリトが、千兵衛を顔を模して作ったただのハリボテお面。
千兵衛に扮して「メンテナンス」と称しアラレの首の導線を切断し、機能停止に追い込む作戦だったが、千兵衛を悪の科学者だと思い込んでいた4号にぶっ飛ばされてしまう。
これに怒ったマシリトは4号を追放処分にしたが、結果的にこの処遇が命取りとなった。(後述)

キャラメルマン6号

登場話:『キャラメルマン7号登場!の巻』(第13巻収録)
【メイン画像の後列右】

35日間風呂にも入らず寝る間も惜しんで作ったアラレの偽者で、7号と同時に誕生した。
オボッチャマン(旧4号)とアラレの仲を裂こうと暴言を吐き散らし、両者を遠ざけてマシリトは7号で本物のアラレを倒そうとする。
しかし途中で偽者だと分かり、オボッチャマンは7号と戦うアラレの元へ向かう。

本物のアラレと区別するため、セリフはカタカナで表記されている。
他のキャラメルマンに比べて地味なせいか、作者の鳥山はこの6号の存在を忘れており、数え間違いが起こってしまった。

キャラメルマン7号

初登場話:『キャラメルマン7号登場!の巻』(第13巻収録)
【メイン画像の後列真ん中】

歴代最強のキャラメルマンで、6号と同時に誕生した。
しかし、あまりに巨大すぎたために出撃の際に研究所を破壊する羽目になってしまった。

リモコンで動くタイプ
しかし、この時点でガッちゃんが2匹に増えていたことをマシリトは知らず、もう一匹のガッちゃんが用意したカラオケマシーンで「愛の水すまし」を歌っていた隙を突かれて、リモコンを奪われてしまう。
その結果7号は暴走し、マシリトを踏ん付けた挙句に自爆した。(この時に「まいりました」という文字が空に浮かんだ。)
リメイク版では、ニコチャン大王がマシリトから強奪したUFOで特攻、爆風で吹き飛んだニコチャン大王が受信アンテナを折り、同時に落下してきたニコチャン家来がリモコンを水没させてしまう。
その結果7号は暴走し、マシリトを踏み潰した挙句、頭部が壊れたことで顎の中のガッちゃんを取り逃がし、ガッちゃんの光線によって爆発した。

キャラメルマン8号

登場話:『マシリトからの贈り物の巻』(第16巻収録)
【メイン画像の後列左】

クリスマスの時期に開発された、サンタクロース型のロボット。
今まではアラレをメインターゲットにしていたが、今回は千兵衛をメインターゲットに変えた。
則巻家に爆弾入りのプレゼント袋を置いたが、みどりにゴミ袋と勘違いされてしまい、ゴミ収集車に運ばれてしまう。そして、爆弾入りゴミ袋がマシリトの元に戻ってしまい大爆発。作戦は見事失敗に終わった。
8号はその後お役御免となり、則巻家にクリスマスプレゼントとして住むこととなった。

本来は8号だが作中では一貫して「7号」と呼ばれており、後に鳥山は「7号と描いてしまった!」と慌てていた。

キャラメルマン9号

登場話:『世界一つおいのだーれだ大会の巻 part.1~part.4』(第16巻収録)

キャラメルマン8号


作中最後に登場したキャラメルマンで、マシリト自身が9号となった。
初登場時は「8号」だったが、観客からの指摘で「9号」と訂正された。

1回戦では巨漢力士・象の尻と戦い、おならガスで怯んだところをミサイルで攻撃し勝利。
準決勝では怪獣・ラジゴと戦い容赦のない攻撃で決勝に駒を進めた。
そして決勝で(アラレに扮した)オボッチャマンのあいさつ砲によって、ネジとバネを残し、死亡した。(なお、準優勝の賞金は主催側に帰属した。)
最終回ではマシリトは幽霊として登場している。アニメ第1作最終回では、キャラメルマン1号・2号・3号・6号・7号と共に登場している。

キャラメルマン10号

2005年ジャンプスーパースターズ」の発売直前に描かれた漫画に、下記の11号と共に登場(作画はアイシールド21の村田雄介氏)。ジャンプキャラたちを囚えようとしたが、ルフィやナルトたちによって呆気なく破壊される。ちなみにアニメ第1作では復活したマシリトが、電子頭脳が再プログラムされ、乱暴な性格になったオボッチャマンとして登場している。

キャラメルマン11号

上記の10号の敵討ちとして登場、多数の兵装でジャンプキャラたちに攻撃を仕掛けるがセナの俊足をきっかけに形勢逆転。総攻撃の果てに、悟空のかめはめ波によって破壊された。このときDrマシリトも登場しており、全身を機械化しているが生前のような小柄な体格に戻っており、天使の輪がついている。また、ゲーム版では「キャラメルマンJ」として登場している。

キャラメルマン22号

2007年『月刊少年ジャンプ』4月号に掲載された『Dr.MASHIRITO ABALEちゃん』に登場。
マシリトの隠し子・マシリトJr.が製作したが、アラレの頭突き一発で、あっさり倒された。

キャラメルマン23号(アバレ)

☆ABALE☆


2007年『月刊少年ジャンプ』4月号に掲載された『Dr.MASHIRITO ABALEちゃん』に登場。
マシリトがオボッチャマン製作時に使用したアラレのX線写真を元にしてマシリトJr.が製作したロボット。アラレとパワーや性能が同等で、アラレそっくりな外見をしているが、不良のような格好で眼鏡でなくサングラスをかけており、バイクをかっ飛ばすような走り方をする。性格や態度のサンプルは、空豆タロウが書いた『オレも昔はワルだった』という本からで、それゆえに根っからの悪ではない。




関連タグ

Dr.スランプ/ドクタースランプ Dr.マシリト
人造人間:同じく鳥山原作の『ドラゴンボール』に登場する敵対勢力。

pixivに投稿された作品 pixivで「キャラメルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3477

コメント