ピクシブ百科事典

タイムくん

たいむくん

タイムくんとは、漫画『Dr.スランプ』に登場するキャラクター。則巻千兵衛の発明品のひとつ。
目次[非表示]

概要

漫画『Dr.スランプ』に登場するキャラクター。則巻千兵衛の発明品「タイムスリッパー」のコントローラ及びエンジンで、自身もロボットとして自分の意志で活動できる。

性格は割合、常識的でアラレガッちゃんに振り回されることも多い。タイムマシンとしてのプライドがあり、そこを刺激されると感情的になることもある。タイムスリッパー使用回以外でも度々登場しており、準レギュラー。

前面はシンプルな置き時計のような姿で、背面に時間指定用のダイヤルなどの操作盤がある。頭の上のノブは、その時点から「未来に行くのか過去に行くのか」を設定するスイッチである。

タイムくん



エネルギー源は、原作では明かされていない。一応、単三電池を食べる描写がある。

タイムスリッパー

則巻千兵衛の開発したタイムマシン。所謂「魔法のじゅうたん型タイムマシン」。

本体であるタイムくんと、搭乗部兼発動装置であるツンツル板で構成されており、接続ケーブルで接続して、ツンツル板の上でタイムくんが 「ターイム・スリーップ!!」 と唱えながらダッシュして滑ってコケることで発動する。

ツンツル板は別の物体でも代用可能で、生身の人間でもOK(対象の人物が感電したりすることもない)。このことから時間移動機構はタイムくん本体で完結していると思われる。

タイムくんが間違えて 「ターイム・ストーップ」 と言ってしまった時には、タイムくん以外の時間が停止してしまった。

原作では、キャラメルマン7号にアラレとオボッチャマンが破壊されてしまった際、「3日後」「3日前」と、少なくとも「日付単位」で移動しているのだが、何故かその後になって「年単位」でしか移動できないと設定されてしまったりしている。

近年『ドラゴンボール超』などでDr.スランプと『ドラゴンボール』の世界がつながっていることが半ば公式化しつつあるが、もしタイムスリッパーの存在がもう少し広範囲に知られていれば……

"awesome!"



表記ゆれ

タイム君

関連タグ

Dr.スランプ 則巻千兵衛
タイムマシン タイムスリップ

関連記事

親記事

Dr.スランプ どくたーすらんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント