ピクシブ百科事典

スッパマン

すっぱまん

梅干食べてスッパマン!!
目次[非表示]

スッパマン

玄田哲章/古谷徹(平成版)

Dr.スランプ』に登場する、スーパーマンのパロディで、自称正義の味方。普段はテレビ局アナウンサーの暗悪 健太(くらあく けんた)として生活しており、本家同様、電話ボックスに入り梅干を食べることで変身する。スケートボードに乗ることで空を飛ぶフリをする(スケートボードは移動手段にも利用していて、その気になれば空を飛ぶ能力も持ち合わせてはいる)。しかし、正体は村の殆どにバレている状態。瓦を一・二枚割れるくらいの腕力は一応持っている。また算盤もある程度は得意である。決め台詞の「梅干食べてスッパマン」は梅干片手に言うのが定番。
性格は独善的でナルシストであるが、実力がまるで皆無に極めて近いヘタレの弱虫である。そのくせ自分をバカにする相手には手榴弾を投げつけたりするなど陰険でせこい輩である(ギャグ漫画なので殆ど被害にならない事を理解しての行動ではあるが)。しかも、立場が不利になるとDr.マシリトなど悪人にすぐ寝返るなど、ほめられる部分が微塵も感じられないダメヒーローである。事件や災害、迷子などには正義の味方として救いの手を差し伸べようという意思は持ち合わせているが、結局自分の思い通りにならなければ悪質な行動に出るため、それが自身の評判を落していることに気付かない「アホのスッパマン」と周囲から露骨に言われる所以である。
則巻アラレ則巻ガジラ以外のペンギン村の住民全てから疎まれており、一時的に居なくなったときなど「スッパマンが居なくなったおかげでペンギン村は平和になった」と本末転倒なことを言われる始末であった。その不人気振りはスッパマンファンクラブならぬ「不安クラブ」ができるほど。ただし、テレビ局アナウンサーの「暗悪健太」の時は、やはりアホな面も見せるが仕事では割合に真面目である。
当時大人気だったタケちゃんマンと間違えられるというネタもあった。

オボッチャマンに自宅を空き家と勘違いされた挙げ句持って行かれてしまうという天罰…もとい憂き目にあった。それ以降はテント生活を余儀なくされているが、誰からも救いの手をさしのべられないあたりに彼の人望のほどが伺える。

ちなみに「しょっぱまん」という出来のいい弟がおり、この弟が持っているのは梅干ではなく塩辛である。兄の本質を見抜けないあたり問題はあるが、兄と違ってしょっぱまんは純粋な正義の味方である。また、彼らの出身惑星・オカカウメ星の住民は超人であり、スッパマンにも種族としての超能力はあるが、事実としてまぎれもないアホの落ちこぼれである。

劇場版第8作では、アラレ達のピンチに駆けつけ、超サイヤ人に変身するが、例のごとく全く役に立たなかった。また、第9作では夏休みの旅行でマシリトと意気投合している。

余談


暗悪健太はDr.スランプの叩き台となった読み切り「ギャル刑事トマト」に先に登場している。

関連イラスト

スッパマン★サイヤ人
スッパマン



関連タグ

Dr.スランプ
パロディ スーパーマン ヒーロー 梅干
橋本龍太郎 - 顔が似ているとされる。
ミスター・サタン - 同じく鳥山明作品に登場するキャラクター。スッパマン同様に見栄っ張りな俗物ヒーローキャラだが、あちらは地球人としてはそれなりに強く、根はお人好しとスッパマンよりは遥かにできた人物である。
デラックスファイター - スッパマンと並ぶダメヒーローの代名詞的存在。ただし、作品内における扱いは、スッパマンよりはマシである。

pixivに投稿された作品 pixivで「スッパマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75928

コメント