ピクシブ百科事典

クラーク・ケント

くらーくけんと

スーパーマンの人間名。

概要

スーパーマンの本名は「カル・エル」だが、母星が滅亡してカプセルで地球に飛ばされた赤ん坊の彼を子の居ないケント夫妻が拾い、養子として彼を育てた。この辺は桃太郎竹取物語ドラゴンボール悟空にも通じるものがある。
ちなみにクラークという名前は育ての母親、マーサの旧姓クラークから。

やがて大人になった彼は、大都会メトロポリスの大学に通い、卒業後はデイリー・プラネットという大手新聞社の記者となった。しかしひとたび民衆が危機に襲われれば、公衆電話ボックスに飛び込んでスーツを脱ぎ捨て、スーパーマンとして飛び立つのだ。

そんなわけで、スーパーマンはスーパーヒーローとしては珍しく、ヒーロースーツを着るのではなく、逆に普通の服を脱ぐことで変身(変装?)するヒーローと言える。
ちなみに何故記者をしているのかと言うと、スーパーマンの超人的パワーでは救えない人々を、ペンの力で救うため。どこまでもヒーローな男である。

普段は黒縁眼鏡をかけている。これは伊達メガネであり、周囲から「あんな奴がスーパーマンなわけがない」と思わせるために着用している。変装としてはバレバレだが、実際には、周囲の人々が彼をスーパーマンだと認識できないのは、彼が放つ念力の一種による。

関連項目

ヒーロー 宇宙人 サラリーマン

句楽兼人…クラーク・ケントをモチーフにしたキャラクター。こちらも超人的パワーを持ったヒーローとして自警活動を行っているが、良くも悪くも一般人の心のまま超人的なパワーを持ったために最終的に堕落してしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「クラーク・ケント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65447

コメント