ピクシブ百科事典

超サイヤ人

すーぱーさいやじん

超サイヤ人(スーパーサイヤじん)とは、漫画『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の変身形態。大幅に戦闘力が上昇する。逆立った金髪と全身から迸る金色のオーラが特徴的。
目次[非表示]

概要

純血のサイヤ人、もしくはサイヤ人の血を引く人間が変身できる形態。
通常のサイヤ人は満月を見ると大猿に変身し戦闘力を10倍に上昇させる。しかし、超サイヤ人になると体の大きさはそのままに、大猿以上(一部資料によれば約50倍)の戦闘力になる。

作中で初めて変身した孫悟空は、それまで50%の力しか開放していないフリーザ相手に苦戦していたが、超サイヤ人になってからは戦局を逆転させた。
また、「怒りによって覚醒する」という性質から、変身すると軽い興奮状態になり好戦的な性格がより表に出る。
「穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士」と形容される。

原作では物語が進むうちに変身可能な人物が「バーゲンセール」と称されるほどに増加し、
最終的には一部を除く(パンブラなど)すべてのサイヤ人が変身できるまでとなった。
近年のゲームでは女の超サイヤ人まで登場した。

形態

物語進行に伴い派生・強化形態が出現。原作では超サイヤ人3まで登場している。
その後の未来を描いたアニメオリジナル作品の『ドラゴンボールGT』では超サイヤ人4も登場。
原作者鳥山明氏が直々に手がけた劇場版作品「神と神」「復活のF」では全く方向性の異なる進化として「超サイヤ人ゴッド」、「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)」が登場している。

超サイヤ人

超サイヤ人の基本形態。金髪碧眼になり逆立ち、全身から金色のオーラが迸る。「超サイヤ人を超える」という理念の元、その後様々な段階へと派生、分岐していった。

第1段階

フリーザクリリンを殺された怒りで孫悟空が初変身した。
落ち着きがなく好戦的な性格が特徴で、中でも悟空は一人称が「オレ」に変わり、訛りも消える。
通常時より飛躍的に戦闘力が増大し、悟空は20倍の界王拳を使っても苦戦していた50%状態のフリーザを圧倒、100%のフリーザとも互角に渡り合った。また、トランクスはその後さらにパワーアップしたというメカフリーザを簡単に始末するほどの実力を見せつけた。3年間の修行でベジータも到達。しかし、悟空、ベジータ、トランクスともに人造人間17号18号、そしてセル(第一形態)には敵わず、さらなるパワーアップの道を模索していくこととなる。
第2・第3段階と比べて総合的なバランスでは一番安定した状態であり、その安定性に目を付けた悟空によってフルパワー(第4段階)へと派生していくことになる。

俺は怒ったぞ
カカロットの出番はしばらくないぜ



第2段階

パワーとスピードが第1段階より大幅に増した形態。筋肉が膨れ上がり、逆立った髪の毛が広がる。
ただし、体への負担は第1段階以上にかかる。悟空、ベジータ、未来トランクスが変身。
初変身したベジータは、強さへの絶対的自信から自らを「超ベジータ」と呼称。
17号を吸収しさらにパワーアップしたセルを赤子扱いするほどの強さを見せつけるも、完全体となったセルには全く歯が立たなかった。

超ベジータ
超ベジータ



第3段階

第2段階よりもさらに筋肉が膨れ上がり、大幅にパワーアップした姿。
セル曰く「パワーだけなら(完全体の)自分を完全に超えている」とのことだが、「だけなら」と付け加えられた通り、膨れ上がった筋肉のせいで攻撃力の向上というメリットを帳消しにして余りあるほどにスピードが犠牲になってしまう上、体力も第2段階以上に消耗してしまうという弱点を抱えている。
トランクスが完全体となったセルとの戦いで変身したが、前述の弱点のために一切攻撃が当てられず完敗を喫してしまう。しかし、その後セル自身も……
ゲーム等では、上記のベジータに倣って「超トランクス」と呼ばれる。
悟空とベジータもこの形態への変身が可能だが、こちらの二人は上記の欠点に気付き敢えてこの変身をしなかった(悟空は精神と時の部屋で試しに変身しているシーンがある)。

ムキンクス
超トランクスくん



フルパワー(第4段階)

超サイヤ人のフルパワー形態。「超サイヤ人の第4段階」でもある。「魔人ブウ編」以降に登場する単なる「超サイヤ人」は全てこの形態である。

第2段階、第3段階のような「パワーの引き上げ」に傾倒した強化では、前述の通りデメリットが大きすぎると判断した悟空が、変身時の興奮状態を抑えることや身体の鍛え直しといった徹底した基礎固めに徹した修行を行うことで、超サイヤ人のポテンシャルを余すことなく引き出せるようになった(おそらく形態名の「フルパワー」はここに由来している)、言わば「第1段階の純粋な発展系」。

常に超サイヤ人でいるなどの修行を行うことで第1段階を徹底的に慣らした形態であり、変身段階としては第1段階と変わらない。しかし「大全集」等では、フリーザとの戦いで悟空が目覚めた形態を第1段階、精神と時の部屋での修行にて悟空と悟飯が会得した形態を「フルパワー(第4段階)」として区別されている。強さでも第2、第3段階を遥かに上回っており、完全体となったセルにも太刀打ちできる。その後(ブウ編)ではサイヤ人全員がこの形態に移行、修行を続けた悟空、ベジータにとってセルなど物の数ではない扱いとなっていた。

セルゲーム
バイバイ、みんな。



超サイヤ人2

超サイヤ人からの見た目の変化は少ないが、髪の毛がより細かく逆立ち、悟空、悟飯(少年期)は前髪も変化、オーラにスパークが走る。また、落ち着きのない状態と好戦的な性格が復活する。いわば「超サイヤ人状態でさらに超サイヤ人に変身した形態」。別名超サイヤ人第5段階。
セルに16号の頭部を踏み潰され、とうとう切れた孫悟飯が初変身。
すべてにおいて超サイヤ人第4段階を上回る強さを見せ、完全体セルを圧倒した。また、その後サイヤ人の細胞(死の淵から這い上がるとと強さが増す)により強化復活したセルも、同様の形態に変身した。
後に悟空、ベジータ、未来トランクスもこの形態へ到達。「超サイヤ人2」の名付け親は悟空である。修行による克服か、性格の変化は見られない。

超サイヤ人2孫悟飯
Ver.1.1



超サイヤ人3

髪が大きく伸び、眼窩上隆起が起こり眉毛が無くなる。ただし、ゲームオリジナルキャラであるノートのみ超サイヤ人3であるにも関わらず眉毛がある。また、悟空のみ瞳に瞳孔が描かれる。
一部資料では超サイヤ人2の4倍の強さとも言われており、パワー、スピードともに優れた形態だが、エネルギーの消耗が激しく、長時間変身し続けることが出来ない。ただし死人が変身する分には問題ないらしい。
天界で修行をした悟空が魔人ブウを前に披露する。初変身では、変身するだけで地球全体が震えるほどのすさまじいエネルギーを放出していた。
悟空は超サイヤ人2のベジータが全く敵わなかった魔人ブウ(純粋)を倒せる強さを持っており、ゴテンクスはさらに強い(らしい)魔人ブウ(悪)を圧倒できる。しかしいずれも制限時間のため倒すには至らなかった。

余談だが、原作最強の形態であるためか近年のゲーム作品では多くのキャラクターがこの形態に変身し原作では悟空、ゴテンクスしか変身できなかったのが「ドラゴンバトラーズ」や「レイジングブラスト」ではベジータブロリーが覚醒し、さらに「ドラゴンボールヒーローズ」では未来トランクスやゴテンクス青年期 など現実的に(多少は)あり得そうなサイヤ人から始まり、サイヤ人なら何でも構わんとばかりに果てはナッパラディッツまでをもこの超サイヤ人3に変身させるに至ってしまった。
「……まるで超サイヤ人3のバーゲンセールだな……」

あの頃の3をもう一度!
ゴテンクスッ



超サイヤ人4

アニメオリジナルである「ドラゴンボールGT」にて登場。大猿の力がベースの最強の戦士。(黄金の)大猿に変身して理性を保てた超サイヤ人である悟空とベジータが変身した。超サイヤ人4同士でフュージョンし、ゴジータになることも可能である。
これまでの超サイヤ人とは異なり黒髪(ゴジータは赤)で、体が赤い体毛に覆われているのが特徴。(何故か)衣服の一部が変化するほか、目の周りが赤く縁取られる。体毛、瞳の色は変身する人間により微妙に差異がある。なお、尻尾がないとサイヤ人を大猿に変化させる「ブルーツ波」を浴びないと変身できない。
この姿になると子供の姿にされていた悟空が大人へと戻るが、これは「超サイヤ人4の力が悟空を小さくした究極神龍の力を上回ったことを表現したかったから」らしい。
「GT」では悟空、ベジータ、(ゴジータ)のみの形態だが、「ドラゴンボールヒーローズ」では、悟飯、ブロリーが変身している。
「サイヤパワー」と呼ばれるサイヤ人のみが持つ気を受け取ることで回復やさらなるパワーアップが可能。

超フルパワーサイヤ人4

サイヤパワーを限界以上に吸収するか、ブルーツ波を大量に浴びることで、超サイヤ人4のフルパワーの限界を突破した状態。ただし明確に新形態として設定されたものではなく、単に限界突破を果たした悟空がそう名乗っていただけであり、その後は「超サイヤ人4」で通されている。外見にこそ変化は見られないが、それまで敵わなかった一星龍を圧倒する強さを持っている。一部資料によると超サイヤ人4となったベジータは悟空と互角であるとされており、変身時点ですでにこの超フルパワーサイヤ人4の状態に当たると推測される。

共 闘
【MUGEN用カットイン】超サイヤ人4ゴジータ



伝説の超サイヤ人

ブロリーが変身する、悟空達とは別進化を遂げた「最も血と殺戮を好む純粋なサイヤ人」。
バーゲンセールになってしまった悟空たちの超サイヤ人とは違い、現在のところブロリー固有の形態であり、「1000年に1度生まれる、血と戦闘を好む全宇宙最強の戦士」という、超サイヤ人の伝説通りの姿(とされる)ためこう呼ばれる。

第3段階の超サイヤ人以上の筋肉の膨張と、白目をむき、黄緑色(映画二作目では金色)の異様なオーラを纏った外見が特徴で、多くの子供達(とベジータ)を恐怖に突き落とした。
超サイヤ人第3段階とは異なり、外見に見合ったタフネスを持ちながらスピードが落ちることがない。身体への負担などは不明だが、劇中の様子から察するにほとんど負担はかかっていないと思われる。時折パワーを暴走させて気弾を乱射するなどの描写からして、この時のパワーはブロリー本人も制御出来ていないのだろう。

ブロリー
Broly



超サイヤ人ゴッド

サイヤ人が神の域に達した姿であり、赤髪かつ炎のような比較的穏やかで赤いオーラを纏っている。これまでの形態と違って髪型の変化が全くなく多少身体が引き締まる。加えて、瞳が大きく瞳孔のある赤目へと変化する。

超サイヤ人と名のつくものの、その実体は従来のものとは全く異なり、正しい心を持つサイヤ人に、他五人の同じく正しい心を持つサイヤ人が心を注ぎ込むことでこの姿となる。
一見いとも容易い条件に思えるが、本来「正しい心を持つサイヤ人」という存在自体が極めて稀であるため、それが六人集まる必要があるというのはかなり難しい条件である。歴史上、過去に一度だけ生まれている。

戦闘力は大きく上昇し、超サイヤ人3で手も足も出なかった破壊神ビルスともある程度戦える。しかし、この変身には厳しい時間制限がある上、悟空曰く「無理して強くなっているため、非常に疲れる」とのこと。ただし、時間こそ短いものの、一部の天才はゴッドの力を体感することで、自分のものとできる。悟空はゴッドの力を体感したことで通常時でもゴッドに近い強さを発揮できた。

この形態への変身はアニメ版「ドラゴンボール超」ではビルスとの戦いで悟空が一度変身したきりであるが、漫画版では破壊神シャンパ編でヒットとの戦いで悟空が独力で変身して戦っている他、“未来”トランクス編でベジータもこの形態に独力変身しており、後述の超サイヤ人ブルーよりもパワーは大きく劣るが、その分スタミナの消費が少ないという部分が強調されている。

強さ以外に特筆すべき点として、神の領域に達するため、神以外には戦闘力を感じ取れないという点がある。これは、気の質が変化し、クリアで質の高いものになるためだとされている。
また、「ドラゴンボール超」ではビルスと超サイヤ人ゴッドの悟空との戦いの余波だけで全宇宙そのものが消滅しかかるという、まさに神の領域に相応しい力を見せつけた。

超サイヤ人ゴッド
神と神 - 超サイヤ人ゴッド ベジータ



超サイヤ人ゴッド超サイヤ人超サイヤ人ブルー

超サイヤ人ゴッドの力を身体に馴染ませ取り込んだ状態から、さらに超サイヤ人に変身すると至る形態。悟空、ベジータ、ベジットが変身可能。
青く、煌びやかな粒子のようなものが混ぜ込まれた穏やかなオーラを纏った青髪の超サイヤ人であり、この青は鳥山明氏曰く「ある限界を超え、強く、そして冷静に戦えるようになった」ことを表しているらしい。従来の激しく吹き荒れるようなオーラと違い、ゴッドとゴッドSSでは比較的穏やかで静かなオーラを纏っているのもこれが関係しているのかもしれない。

その強さはゴッドを上回り、スタミナの激しい消費や厳しい時間制限もない形態だが、漫画版「ドラゴンボール超」によると連続で変身するとパワーが落ちるらしい。

なお、ゲームや関連資料、フィギュアでは「超サイヤ人ゴッドSS」と表記されることが多いが、復活の「F」では「超サイヤ人ゴッドのパワーを持ったサイヤ人の超サイヤ人」と呼ばれていた。その後のアニメではベジータキャベにこの形態を「超サイヤ人ブルー」と説明し、漫画版では、あまりにも言いにくい為ウイスに「超サイヤ人ブルー」に改名し、以降は漫画、アニメは共に「超サイヤ人ブルー」で通されている。

The Two Sayajin Gods
超ベジットブルー



超サイヤ人ロゼ

ゴクウブラックが変身する超サイヤ人。ロゼ(rosé)とはフランス語で「薔薇色の、ピンクがかった」という意味であり、その名の通り髪の色はピンクである。

漫画版では超サイヤ人ブルーと同じ性質の変身とされており、サイヤ人が超サイヤ人ゴッドを超えた場合は青、神が超サイヤ人ゴッドを超えた場合に淡紅色になるとされている。ただし、サイヤ人では踏み込めない領域にまで到達した変身とされており、これは神である界王とあくまで人間に過ぎないサイヤ人とのポテンシャルの差によるものである。
つまり、サイヤ人の肉体を持った界王であるゴクウブラックにしか成り得ない変身となる。

同じ超サイヤ人ゴッドSSでありながら、超サイヤ人ブルーを上回る強さを持つ。その後、特訓してさらに強化した悟空とベジータの超サイヤ人ブルーには少し劣る姿を見せたが、その際の怒りの感情を吸収してさらなるパワーアップを果たした。

ゴクウブラック(ロゼver) 塗り
玄(2)



派生形態

擬似超サイヤ人

劇場版において、スラッグと戦う悟空が初変身した形態。髪は逆立ち、金色のオーラをまとい、白目をむく。まだ超サイヤ人の正体が明らかになっていない時に覚醒した姿。
あくまで「擬似」であるため、変身の維持が短いうえに非常に不安定な形態であり、長時間の戦闘に向かない。理性も失いやすい欠点もある。しかしながら超サイヤ人の燐片を感じさせる強さを見せ付け、それまで歯が立たなかったスラッグを圧倒している。

false super saiyan


超サイヤ人(制御装置付き)

パラガスの制御装置が付いた状態でブロリーが超サイヤ人に覚醒した姿。超サイヤ人本来の金髪ではなく青色の髪をしている。同じ髪の色だが超サイヤ人ブルーとは一切関係ない。
なお、この形態ですでにベジータの攻撃を受けてもビクともしない強さを持っている。続編では制御装置が外れたためか、普通の超サイヤ人になっている。

スーパーサイヤ人ブロリー
ブロリーをかっこよく描いてみた


スーパー界王拳

超サイヤ人の状態のまま界王拳を用いた形態。あの世一武道会編でパイクーハン相手に悟空が使用した。
のちに通常の超サイヤ人では体に負担がかかりすぎるため不可能な技と老界王神に指摘されるが、この時はあの世で体に負担がなかったから実現できた形態なのだと思われる。

スーパー界王拳!
トランザム!!


超サイヤ人ブルー界王拳

超サイヤ人ブルー状態のまま、界王拳を用いた悟空固有の形態。身体に変化はないものの、青いオーラに加えて赤いオーラを放つようになる。
界王拳をブルーに上乗せしたことでさらにパワーが上昇、超サイヤ人ブルー状態のベジータを圧倒できるヒット(本気ではない)をも上回り、合体ザマスと同等以上の強さを誇る。
単純な計算だと、この形態は通常の超サイヤ人ブルーの1.5~2倍は強いことになる。

超サイヤ人ブルー状態のまま、10倍界王拳を用いた形態も登場した。普通の界王拳を用いた超サイヤ人ブルーとは身体に変化はないが、赤いオーラがさらに増すようになる。
当然ながらこの形態には弱点があり、普通に使っても身体に負担がかかる界王拳を10倍へと高めるだけあって、その危険性は老界王神が「死ぬようなもの」とまで警告するほど。当然ながら長期戦に持ち込むことなど不可能。
単純に「ブルーの10倍の強さ」かは不明だが、本気のヒットに食いつけ、破壊神ビルスをも動揺させる強さを誇る。
ちなみに『ゼノバース2』では「超サイヤ人ブルー界王拳」、『ヒーローズ』では「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人界王拳」と名称が異なっているが、どちらも同じ形態である。

超サイヤ人ブルー界王拳
ドラゴンボール ログ


超サイヤ人怒り

ドラゴンボール超でトランクスが覚醒した新たな姿。ゲーム「スーパードラゴンボールヒーローズ」で超サイヤ人怒りと名付けられた。
髪の色は従来の超サイヤ人と同じ金色ではあるものの、オーラは超サイヤ人ブルーの物になっている。 変身後すぐは白目だったものの、時間が経つにつれ通常時でも覚醒可能となった。
作中ではゴクウブラックザマスの精神攻撃を受け覚醒し、その後さらに悟空やベジータ、そして地球の人々の元気を吸収しその強さは合体ザマスを切り裂くまでに至った。

トランクス
未来のトランクス


変身した人物

原作

アニメオリジナル

ゲームオリジナル

余談

サイヤ人孫悟空(カカロット)の妻で地球人のチチは超サイヤ人を快く思っておらず、「金髪に染める=不良」で片付けてしまっている(厳密には超サイヤ人が「闘うための変身」であることは理解しているため、闘いやそれに備えた修行の中で変身することについては特に難色は示していない)。ゲーム『Sparking! METEOR』内におけるキャラクター図鑑ではその描写が顕著。ただし超サイヤ人4だけは悪く考えていないようだが(おそらく黒髪のままのため)、悟空限定でありベジータの4は変態呼ばわりしている。
現在では染髪の敷居が低くなったが、連載当時は髪を染めるのは不良だというのが大人の社会の常識だったのである。

不良ダメ、絶対。


変身によるパワーアップというのは、スーパー戦隊に着想を得たもの。
更に言うと、「金髪碧眼になる」という発想の根源は「(黒髪のベタ塗りの必要が無くなって)作画の手間を省けるから」という割と身も蓋も無いリアル事情からきているらしい。

どうでもいいが、クレヨンしんちゃんみさえも超サイヤ人になっている場面がある。もちろんギャグシーン補正である。
また、怒りやパワーアップ状態の分かりやすさから多くのギャグはもちろんの事、オマージュ、パロディもされている。

現在では、超サイヤ人はパワーアップ状態の象徴にもなっているので他作品のパワーアップ状態の事を差して「いわゆる超サイヤ人状態」と呼ぶ事も多い。

関連イラスト

超サイヤ人 孫悟空
野菜人


超戦士たち
向かうところ敵だらけ


既存サイヤ人の更なる超サイヤ人化

pixivでは、「もしも超サイヤ人になれるキャラが他の形態に変身できたら」「もしも劇中で変身を披露しなかったキャラが超サイヤ人になったら」というコンセプトで、既存キャラのサイヤ人によるオリジナルの超サイヤ人化が描かれることがある。
そしてそのうちのいくつかは、主に「ドラゴンボールヒーローズ」で実現しているものがある。

他の形態になるパターン

超サイヤ人4 VS 伝説の超サイヤ人4
超サイヤ人ゴッド集団(おまけのパンちゃん付き)


「超サイヤ人4」「超サイヤ人ゴッド」を中心に、超サイヤ人になれるキャラが他の形態になるパターン。近年ではその多くが、「ドラゴンボールヒーローズ」を中心に公式化している。

初めて変身するパターン

超サイヤ人ターレス
この俺こそが究極の超サイヤ人なのだ


パン(超サイヤ人)
王子の娘が超化したようです【DB】


作中で超サイヤ人にならなかったキャラが超サイヤ人に変身するパターン。主に、超サイヤ人になれる悟空やベジータの親族に多い。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改
サイヤ人
超サイヤ人スーパーサイヤ人SSSSJ
超サイヤ人2スーパーサイヤ人2SS2SSJ2
超サイヤ人3スーパーサイヤ人3SS3SSJ3
超サイヤ人4スーパーサイヤ人4SS4SSJ4
伝説の超サイヤ人 女超サイヤ人 超サイヤ人ゴッド 
超サイヤ人ゴッドSS 超サイヤ人ブルー 超サイヤ人ロゼ

似たような何か

鳥山明によるキャラクター

摘突詰(『Dr.スランプ』のキャラクターであり、普段は温厚な性格なのだが本気で怒るとパワーアップし、あの則巻アラレをも凌駕するパワーを発揮する、というドラゴンボールおよびサイヤ人のルーツのようなキャラ)
ネコマジンZ(『ネコマジン』シリーズのキャラクターであり、超サイヤ人のようなオーラを放ち、パワーアップすることができるが、外見の変化は少ない)
エイト(海外版ドラクエ8でスーパーハイテンション状態になった時の姿がまんま超サイヤ人のそれである)

その他のキャラクター

ラージャン(怒ると超サイヤ人みたく毛の色が金髪になり逆立ち、全身から金色のオーラが迸るヤツ)
ゴライアス(追いつめられると金髪になり元気玉もどきの技を放つ)
クイーンミラージュ(憎しみによる暴走であのような髪に)
星井美希(初期の頃の彼女の髪型のハネがきつく、超サイヤ人3とも揶揄されていた金髪毛虫
広瀬康一(スタンドのエコーズを出す時、髪が逆立つ。金髪にはならないが非常に凛々しい顔立ちとなる所は超サイヤ人と一緒。)
怒んパッチボボボーボ・ボーボボ』に登場した首領パッチが変身した。怒りをきっかけに金色の姿となって圧倒的な強さを見せるところは超サイヤ人と共通。
パパパーパ・パーパパチ(『真説ボボボーボ・ボーボボ』に登場した、ボーボボ首領パッチが融合した戦士。外見が、同じく融合戦士の一人であるパッチボボ超サイヤ人3に変身したように見える。ボーボボ自体他のジャンプ漫画のパロが多いため狙ったのかも?)
赤座あかり(アニメ2期のみだが櫻子の妄想内で超サイヤ人そのものに覚醒した)
歳納京子(原作のみだが露天風呂で超サイヤ人らしい真似をした。その際超サイヤ人悟空が何故か映っていた)
花寺啓介(割と高頻度で変身していた。しかも最初は超サイヤ人2に覚醒。)
四葉こころ(映画版のネタバレ注意!)
のぞみ(ヒカリアン)(ヒカリアンエネルギー増幅装置の光線を浴びて全体が黄金になる。しかし未完成の為、コントロールが出来ない。)
ソニック・ザ・ヘッジホッグ(カオスエメラルドで強化する。)
ハイパーレンジャータンクハイパーグリーンレンジャーと火の鳥の心を合わせたかのように羽でパワーアップした。銀の部分が金色に変わり、ハイジャンプが出来るようになり、ハイパーエナジー砲の威力が強力的。)

pixivに投稿された作品 pixivで「超サイヤ人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1043111

コメント