ピクシブ百科事典

人造人間編

じんぞうにんげんへん

「ドラゴンボール」のエピソードの一つ。
目次[非表示]

概要

 「ドラゴンボール」のエピソードの一つ。具体的に言うと、ナメック星爆発からセル登場まで。
 このエピソードから次第に誰も彼もが超サイヤ人化していくことになり、作品のパワーインフレが物凄いことになっていく。「チャオズは置いてきた」などの台詞が如実にそれを物語っており、実際、トランクスが来た「正史」では悟飯以外のほぼ全員が人造人間に殺されている。
 過去改変をテーマにしており、やや難解なエピソードでもあるが、「Z」以前のレッドリボン軍が物語の根幹にかかわるなど、過去のシナリオが重要に関わるエピソードでもある。

あらすじ(トランクス介入含む)

 ナメック星が爆発し、フリーザと悟空は死んだかに思えた。しかし実は悟空は生き延びており、ヤードラット星人に助けられ、そこで1年修行を積んで帰ることを知らせる。ホッと胸を撫で下ろす一行の元に、恐ろしい知らせが届く。なんと、生きていたフリーザコルド大王と共に地球に侵攻するというのだ。
 生き返ったZ戦士たちと、ついでについて来たベジータはフリーザ軍を迎え撃とうとするが、そこに突如謎の少年トランクスが現れ、超サイヤ人にいとも簡単に変身すると、フリーザ親子をあっという間に撃滅してしまう。
 それから少し遅れて悟空は地球に到着。トランクスは悟空に、自分が未来からやってきたブルマベジータの間に生まれた子供であることを告げる。そしてトランクスは悟空に心臓病のを与え、「本来なら3年後にウイルス性の心臓病で悟空は急逝し、地球は二人の人造人間に滅ぼされるはずだった」と衝撃の事実を明かす。
 人造人間覚醒まで、残された時間は3年。トランクスはタイムマシンで3年後に飛び、悟空たちは来るべきその日に向けて特訓を重ねる。
 そして月日は流れ、3年が経過した。トランクスとZ戦士たちは人造人間迎撃に向かうが、そこに現れたのはかつて死んだはずのレッドリボン軍マッドサイエンティストドクター・ゲロで…。

関連項目

ドラゴンボールZ ドラゴンボール改 人造人間(ドラゴンボール)
絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス
とびっきりの最強対最強 極限バトル!!三大超サイヤ人

関連記事

親記事

人造人間・セル編 じんぞうにんげんせるへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「人造人間編」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17600

コメント