ピクシブ百科事典

コルド大王

こるどだいおう

漫画「ドラゴンボール」の登場人物。フリーザとクウラの父。
目次[非表示]

概要

声:郷里大輔大友龍三郎

漫画『ドラゴンボール』に登場するフリーザの父親。
フリーザ一族の長で、宇宙最強の一族を自称している。フリーザ軍の影の首領でもあり、家族やコルド直属の部下など、ごく限られた者たち以外はギニュー特戦隊ですら、その存在を知らなかった。

性格はフリーザ以上に冷酷狡猾
フリーザと同じように変身出来るのかは不明で、作中でもそういった描写はない。
容姿はフリーザの第2形態によく似ているが、顔にシワがある。
戦闘ジャケットには大王らしく独自のマントをつけている。

人造人間編」プロローグに登場。
孫悟空を倒すため、メカフリーザと共に地球に来襲したが、未来からやって来たトランクスに行く手を阻まれる。彼の手によりフリーザが殺された後、その際使用した剣が優れていると勘違いし奪い立ち向かうも、案の定敵わず心臓を気功波で撃ち抜かれた挙句バラバラに吹っ飛ばされ瞬殺された。

前章で死闘を繰り広げたフリーザの父親と言う鳴り物入りで登場したキャラだが、その強烈な出落ち振りからドラゴンボールでも有数のネタキャラとしてファンに愛されている。

とはいえ戦闘力そのものは、登場した時点でフリーザ・超サイヤ人(悟空・未来トランクス)以外では比肩する者のないレベルであり、その細胞はスパイロボットに回収され、セルの肉体構成にも使われていた。トランクスが改変しない世界では、親子共々超サイヤ人になった悟空によって倒されていたらしい。

フリーザより強いかは曖昧で大全集ではフリーザより劣るとの表記があるが、アニメではベジータが「フリーザによく似たフリーザより遥かに大きな気」、ゲーム『Sparking! METEOR』の公式サイトや攻略本では息子達を上回る実力を持つと表記されている。
また原作ではフリーザが「ボクにホコリを付けたのは親以外ではキミが初めてだよ」と述べている。

アニメではフリーザをナメック星まで助けに来たり、ナメック星と共に死亡したのではと口にした部下を睨み付ける、フリーザを倒した者を自らの手で討とうと決意するシーンなどが描かれた。
同じくアニメでは死後の様子も描かれ、あの世一武道会編では他の悪人達と地獄で暴れ回っていたが、パイクーハンに重い一撃をもらいダウンしている。
劇場版ではオリジナル設定として、もう一人の息子・クウラが登場している。

原作者・鳥山明先生によるとコルドはとある宇宙人一族の中から突如現れた異常な戦闘力と残忍性を持った突然変異体で、宇宙最強の一族を自称しているものの、一族の中で桁違いの強さを誇っているのは突然変異体であるコルドとその性質を受け継いだフリーザの二人だけであるとされている。

劇場版『復活の「F」』では、魔人ブウ破壊神ビルスを恐れフリーザに手を出さない様、忠告していた事が明らかにされた。
ソルベからパパフリーザ様と呼ばれており、ソルベは彼も生き返らせようか考えたが、その間にピラフ一味が願いを叶えてしまった事で生き返れなかった。またソルベはフリーザに次回のドラゴンボールの使用で復活を提案したが、彼からは「偉そうだからパパの復活はしなくていい」と却下されてしまった。
ちなみにパンフレットによるとコルド本人はフリーザ同様、転生する事なく未だに地獄にいるらしい。

続編、劇場版『ブロリー』では『復活の「F」』での戦いで軍の戦闘員が全滅してしまったため、コルドがトップであった時代から軍に属していたレモキコノ、ベリブルなど非戦闘員の古参兵達が目立つようになっていた。また回想シーンにおいては生前のコルドが登場しており、ベジータ王らサイヤ人達に対して「フリーザ軍の命令通りに働けばいい」と命令している姿が描かれている。

本名は「コルド」だが多くの媒体で「コルド大王」表記が使用されている。
名前の由来は英語で「冷たい」を意味するcoldから。

関連イラスト

さよなら大王…
トランクスVSフリーザ親子


腕相撲
冷凍一家



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ
フリーザ軍 フリーザ メカフリーザ クウラ チルド
セル

pixivに投稿された作品 pixivで「コルド大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106598

コメント