ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ザーボンとは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物。フリーザの側近。

概要

CV:速水奨ドラゴンボールZ)→ 三浦祥朗ドラゴンボール改以降)


鳥山明による漫画『ドラゴンボール』の登場人物。フリーザ軍の大幹部。

ブルマが「正義の味方じゃないかしら…!?」と思う程のイケメンだが、実際は変身型の宇宙人で、二回りほど大型化した全身イボだらけの醜いワニの様な顔をした形態に変身する能力を持つ(変身後を見たブルマは「やっぱり悪者だわ…!!」と漏らした)。ドドリアと共にフリーザの側近を務める戦士。

エメラルドグリーン緑髪。フリーザ軍に同族出身らしき戦士の存在が見られない事から、種族全体で戦闘力が高いかは不明。戦闘用ジャケットにマントを装着している他、ブルマニーソックスのようなものを履いているなど、他の戦士に比べ独特の風貌をしている。

戦闘力は通常時23000で、変身すると約30000程までに大幅にはね上がる。


力づくで解決する傾向が多いドドリアとは対照的に沈着冷静。例に漏れず感情が昂ると口汚くなるが、フリーザやセルほどではない。一人称も「わたし」のまま。

サイヤ人についても詳しく、フリーザが変身型宇宙人であることも知っていた。

美を好むナルシストであり、自分の容姿に強いこだわりを持っている。その為、変身後の醜い姿を極度に嫌っており、滅多な事では変身しない(作中では死ぬよりマシだからというごもっともな理由で変身した)。

髪を三つ編みに束ねたり、ヘアアクセサリーやイヤリングを身につけるなど、装飾にもかなり気を遣っている模様。


またその美しさへのこだわりから詰めが甘くなることが有る。


活躍

フリーザ軍を裏切ったベジータとの初戦では「永遠の命を得た程度でフリーザ様に勝てると思っているのか」とベジータを嘲笑。変身形態を披露するや否やベジータを終始圧倒し、湖に叩き落とした。だが水に濡れることを嫌がるあまり、生死の確認を行わないまま変身を解除し、その場を去ってしまった。

そのことをフリーザに咎められた後、ベジータを保護するもそれがきっかけでベジータにドラゴンボールを盗まれてしまう。結果フリーザの怒りを買い、1時間以内のベジータの捕獲を命令され、失敗すれば直々に処刑すると言い渡されてしまう。


ベジータとの再戦では以前と同じように変身して交戦するもベジータがサイヤ人の特性で戦闘力が向上したこととベジータに一度は勝ったことによる油断の隙を突かれ、砂を用いた目潰しで隙が生じたところにベジータの猛攻を受けて、弱体化していく。一方でベジータ逃亡とドラゴンボールを全て奪われたことを全て自分だけの失態にしたフリーザに対する不信感も生じており、「永遠の命を得てもフリーザ様には勝てない」「フリーザ様はそれでどうかなる次元を超えている」と言ったのを忘れたようにわたしと組めばフリーザに勝てるぞと見苦しく命乞いするが(本心だったのか、キュイの様に騙し討ちをするつもりで発した言葉だったのかは不明)、エネルギー波で腹を貫かれて死亡。亡骸は衝撃で吹き飛ばされ、後方の湖へ水没する。追い打ちをかけるように先の発言は「お前と組んだぐらいでフリーザを倒せるんだったら苦労はないぜ!」と一蹴される。


ザーボンの最期は自身が嫌っていた醜い変身後の姿でその最期を迎える湖に潜って、ベジータの生死の確認を怠った自分が水没すると皮肉だらけの最期となった。


なお、この戦いでベジータは後に妻となるブルマと初対面しており、ファンの中ではその事でも有名である。


フリーザのほうはザーボン逃げた(裏切った)か殺されたと見なして「初めからギニュー特戦隊を連れてくるべきだった」と吐き捨てており、ドドリアと同じように死んだ後で愛想を尽かされていた


名前の由来は柑橘類ザボン(ブンタンの和名)から。


その後は『復活のフュージョン』『ドラゴンボールGT』にて、地獄から復活した姿が確認できる。前者では本当に一瞬な為、気付かれにくい。

漫画版『ドラゴンボール超』では、同族だと思われる「ユズン」というキャラクターが登場している。


ゲーム作品での扱い

『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』で初登場。戦闘力は変身前は23000、変身後は55000。

また雑魚キャラとして彼そっくりのユーズが登場。肌は紫色、髪は黄緑。戦闘力は15000で、変身はしない。特定のイベントバトル、及びギニュー特戦隊の部下として出現する。

名前はおそらく柚子が由来。


『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では変身前の戦闘力はやはり23000だが、変身後は30000となっている。本作ではアボガという彼そっくりの雑魚キャラが登場。肌は褐色、髪は黄色。常に変身した姿で戦闘力は12000と16000。名前の由来はアボカドから。

またアボガの上位種としてマンダリンというキャラも登場。肌はピンク、髪は青。戦闘力は20000と22000。名前の由来はマンダリンオレンジから。


『Ultimate Battle 22』で初めてプレイヤーキャラとして使うことが出来るようになり、以降のゲームでは度々プレイヤーキャラとしても参戦している。


『Sparking! Neo』ではIFストーリー『美しき野望…編』の主人公に抜擢される。

ベジータの「ドラゴンボールさえあれば天下がとれる」という発言に心が揺らいだザーボンはフリーザを裏切り、自分の美しさを永遠のものとするべく動き出す。

自分より美しいものは嫌いだが、同時に(変身後の自分を見ているようで)醜いものも嫌い、と言うコンプレックスを持っているらしく、このシナリオでは醜悪なグルドや、更には同僚のドドリアをも毛嫌いしている様子が描かれている。


『レイジングブラスト』のバータジースのIFストーリーでは、ギニュー特戦隊の新メンバー加入オーディションに参加してみるものの、「イケメンは2人もいらない」と言う理由からジースに嫌われ、彼に倒され不合格となった。


『ゼノバース2』では、ストーリーには一度のみ登場。変身形態にはならない。デンデを連れて逃げたクリリン、悟飯に対し、フリーザの命令によりドドリアと一緒に後を追う。クリリンが太陽拳を使ってドドリアの眼をくらませたところ、死角から回り込んでクリリンの退路を塞いだ。そこへ現れた主人公と対決となり、疲弊したスキを突かれてクリリンたちに逃げられてしまった。

主人公の師匠になった際は、闘い方に美しさを求めるナルシストな面も見せている。

時の裂け目のイベントでは、フリーザとクウラが同居する宇宙船内にて登場。クウラの方が有利になったらフリーザを見限ることを口にしている。対照にドドリアはどこまでもフリーザについて行くと述べている。

時の裂け目(本来の歴史から外れた異なる次元)に登場するザーボンは、フリーザ軍に入隊希望する主人公を見下しており、歯牙にもかけず「視界から消えろ」と言い放つ。入隊後はドドリア以上の力の持ち主として見込むようになり、部下になるように勧誘してくる。受けた後はドドリア抹殺を主人公に指示(醜さが目に付いて殺したいらしい)。勝利後は命乞いするドドリアを嘲笑い、「殺すのも汚らわしい」として見逃した。そしてフリーザの側近が自分だけになったことに歓喜するが、直後に主人公に反旗を翻され戦うことに。ちなみに反逆された理由は、クエストのタイトルによれば「ナルシストはもうたくさん!」だかららしい。

追い詰められると部下をけしかけたりもしたが、敗北後は素直に負けを認め、主人公の部下となった。そして主人公が野望の果てにどこまで辿り着けるのか側で見届けると告げた。


フュージョンズ』では時間と空間の狭間・第2層でドドリアと供に登場し、フリーザ軍の新入り達を鍛えようとするが、厳しい訓練に対して甘んじている新入り達の弱音に困っていた。そこで主人公達と出会った事で、彼らの甘んじた性格を訓練で叩き直してほしいとお願いした。

悪役であるにもかかわらずそれらしい素振りを余り見せてなかったため、初対面である主人公達も彼らがフリーザの仲間だという事に気づいていなかった。仲間にする事も可能で、ブルマに改良されたフリーザの宇宙船内で話しかけると、『見覚えのある宇宙船だが…気のせいか?』と呟く。

ドドリアとEXフュージョンでドドーボンに変身するが、見た目は変身したザーボンとは余り変わらない不気味な姿になっている。


関連イラスト



関連項目

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール改 フリーザ編

フリーザ ドドリア ベジータ フリーザ軍 ギニュー特戦隊

美形悪役 ナルシスト 青肌 緑髪 三つ編み ニーハイ ブルマ

リブリアン


ブルー将軍美形悪役としての共通点をもつ。

概要

CV:速水奨ドラゴンボールZ)→ 三浦祥朗ドラゴンボール改以降)


鳥山明による漫画『ドラゴンボール』の登場人物。フリーザ軍の大幹部。

ブルマが「正義の味方じゃないかしら…!?」と思う程のイケメンだが、実際は変身型の宇宙人で、二回りほど大型化した全身イボだらけの醜いワニの様な顔をした形態に変身する能力を持つ(変身後を見たブルマは「やっぱり悪者だわ…!!」と漏らした)。ドドリアと共にフリーザの側近を務める戦士。

エメラルドグリーン緑髪。フリーザ軍に同族出身らしき戦士の存在が見られない事から、種族全体で戦闘力が高いかは不明。戦闘用ジャケットにマントを装着している他、ブルマニーソックスのようなものを履いているなど、他の戦士に比べ独特の風貌をしている。

戦闘力は通常時23000で、変身すると約30000程までに大幅にはね上がる。


力づくで解決する傾向が多いドドリアとは対照的に沈着冷静。例に漏れず感情が昂ると口汚くなるが、フリーザやセルほどではない。一人称も「わたし」のまま。

サイヤ人についても詳しく、フリーザが変身型宇宙人であることも知っていた。

美を好むナルシストであり、自分の容姿に強いこだわりを持っている。その為、変身後の醜い姿を極度に嫌っており、滅多な事では変身しない(作中では死ぬよりマシだからというごもっともな理由で変身した)。

髪を三つ編みに束ねたり、ヘアアクセサリーやイヤリングを身につけるなど、装飾にもかなり気を遣っている模様。


またその美しさへのこだわりから詰めが甘くなることが有る。


活躍

フリーザ軍を裏切ったベジータとの初戦では「永遠の命を得た程度でフリーザ様に勝てると思っているのか」とベジータを嘲笑。変身形態を披露するや否やベジータを終始圧倒し、湖に叩き落とした。だが水に濡れることを嫌がるあまり、生死の確認を行わないまま変身を解除し、その場を去ってしまった。

そのことをフリーザに咎められた後、ベジータを保護するもそれがきっかけでベジータにドラゴンボールを盗まれてしまう。結果フリーザの怒りを買い、1時間以内のベジータの捕獲を命令され、失敗すれば直々に処刑すると言い渡されてしまう。


ベジータとの再戦では以前と同じように変身して交戦するもベジータがサイヤ人の特性で戦闘力が向上したこととベジータに一度は勝ったことによる油断の隙を突かれ、砂を用いた目潰しで隙が生じたところにベジータの猛攻を受けて、弱体化していく。一方でベジータ逃亡とドラゴンボールを全て奪われたことを全て自分だけの失態にしたフリーザに対する不信感も生じており、「永遠の命を得てもフリーザ様には勝てない」「フリーザ様はそれでどうかなる次元を超えている」と言ったのを忘れたようにわたしと組めばフリーザに勝てるぞと見苦しく命乞いするが(本心だったのか、キュイの様に騙し討ちをするつもりで発した言葉だったのかは不明)、エネルギー波で腹を貫かれて死亡。亡骸は衝撃で吹き飛ばされ、後方の湖へ水没する。追い打ちをかけるように先の発言は「お前と組んだぐらいでフリーザを倒せるんだったら苦労はないぜ!」と一蹴される。


ザーボンの最期は自身が嫌っていた醜い変身後の姿でその最期を迎える湖に潜って、ベジータの生死の確認を怠った自分が水没すると皮肉だらけの最期となった。


なお、この戦いでベジータは後に妻となるブルマと初対面しており、ファンの中ではその事でも有名である。


フリーザのほうはザーボン逃げた(裏切った)か殺されたと見なして「初めからギニュー特戦隊を連れてくるべきだった」と吐き捨てており、ドドリアと同じように死んだ後で愛想を尽かされていた


名前の由来は柑橘類ザボン(ブンタンの和名)から。


その後は『復活のフュージョン』『ドラゴンボールGT』にて、地獄から復活した姿が確認できる。前者では本当に一瞬な為、気付かれにくい。

漫画版『ドラゴンボール超』では、同族だと思われる「ユズン」というキャラクターが登場している。


ゲーム作品での扱い

『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』で初登場。戦闘力は変身前は23000、変身後は55000。

また雑魚キャラとして彼そっくりのユーズが登場。肌は紫色、髪は黄緑。戦闘力は15000で、変身はしない。特定のイベントバトル、及びギニュー特戦隊の部下として出現する。

名前はおそらく柚子が由来。


『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』では変身前の戦闘力はやはり23000だが、変身後は30000となっている。本作ではアボガという彼そっくりの雑魚キャラが登場。肌は褐色、髪は黄色。常に変身した姿で戦闘力は12000と16000。名前の由来はアボカドから。

またアボガの上位種としてマンダリンというキャラも登場。肌はピンク、髪は青。戦闘力は20000と22000。名前の由来はマンダリンオレンジから。


『Ultimate Battle 22』で初めてプレイヤーキャラとして使うことが出来るようになり、以降のゲームでは度々プレイヤーキャラとしても参戦している。


『Sparking! Neo』ではIFストーリー『美しき野望…編』の主人公に抜擢される。

ベジータの「ドラゴンボールさえあれば天下がとれる」という発言に心が揺らいだザーボンはフリーザを裏切り、自分の美しさを永遠のものとするべく動き出す。

自分より美しいものは嫌いだが、同時に(変身後の自分を見ているようで)醜いものも嫌い、と言うコンプレックスを持っているらしく、このシナリオでは醜悪なグルドや、更には同僚のドドリアをも毛嫌いしている様子が描かれている。


『レイジングブラスト』のバータジースのIFストーリーでは、ギニュー特戦隊の新メンバー加入オーディションに参加してみるものの、「イケメンは2人もいらない」と言う理由からジースに嫌われ、彼に倒され不合格となった。


『ゼノバース2』では、ストーリーには一度のみ登場。変身形態にはならない。デンデを連れて逃げたクリリン、悟飯に対し、フリーザの命令によりドドリアと一緒に後を追う。クリリンが太陽拳を使ってドドリアの眼をくらませたところ、死角から回り込んでクリリンの退路を塞いだ。そこへ現れた主人公と対決となり、疲弊したスキを突かれてクリリンたちに逃げられてしまった。

主人公の師匠になった際は、闘い方に美しさを求めるナルシストな面も見せている。

時の裂け目のイベントでは、フリーザとクウラが同居する宇宙船内にて登場。クウラの方が有利になったらフリーザを見限ることを口にしている。対照にドドリアはどこまでもフリーザについて行くと述べている。

時の裂け目(本来の歴史から外れた異なる次元)に登場するザーボンは、フリーザ軍に入隊希望する主人公を見下しており、歯牙にもかけず「視界から消えろ」と言い放つ。入隊後はドドリア以上の力の持ち主として見込むようになり、部下になるように勧誘してくる。受けた後はドドリア抹殺を主人公に指示(醜さが目に付いて殺したいらしい)。勝利後は命乞いするドドリアを嘲笑い、「殺すのも汚らわしい」として見逃した。そしてフリーザの側近が自分だけになったことに歓喜するが、直後に主人公に反旗を翻され戦うことに。ちなみに反逆された理由は、クエストのタイトルによれば「ナルシストはもうたくさん!」だかららしい。

追い詰められると部下をけしかけたりもしたが、敗北後は素直に負けを認め、主人公の部下となった。そして主人公が野望の果てにどこまで辿り着けるのか側で見届けると告げた。


フュージョンズ』では時間と空間の狭間・第2層でドドリアと供に登場し、フリーザ軍の新入り達を鍛えようとするが、厳しい訓練に対して甘んじている新入り達の弱音に困っていた。そこで主人公達と出会った事で、彼らの甘んじた性格を訓練で叩き直してほしいとお願いした。

悪役であるにもかかわらずそれらしい素振りを余り見せてなかったため、初対面である主人公達も彼らがフリーザの仲間だという事に気づいていなかった。仲間にする事も可能で、ブルマに改良されたフリーザの宇宙船内で話しかけると、『見覚えのある宇宙船だが…気のせいか?』と呟く。

ドドリアとEXフュージョンでドドーボンに変身するが、見た目は変身したザーボンとは余り変わらない不気味な姿になっている。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  2. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  3. 自称・保護者の騎士様が後方腕組み彼氏面で私(聖女)のお見合いを邪魔してきます!

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー