ピクシブ百科事典

ブルマ

ぶるま

ブルマとは、衣服の一種。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 衣服の一種。
  2. ドラゴンボール』の登場人物。→ブルマ(ドラゴンボール)


本項では1について記述する。
なお1のアルファベット表記は「bloomer」で2のアルファベット表記は「Bulma」と異なる。
検索の際は「ブルマ -ドラゴンボール」とすることでドラゴンボールのブルマを弾くことが出来るばかりでなく、ブルマーでタグ登録されたイラストも拾うことができる。

概要

ブルマは、女性が運動する際に下半身に着用する衣服のこと。長年、日本の女学生の指定体操服になっていた。
元は19世紀の女性解放運動家のアメリア・ジェンクス・ブルーマーの発案(と言われているが定かではない)。
ズボン型やちょうちん型など、様々なタイプのブルマがあるが、二次元においては主に1970年代~1990年代まで女学生が体育の時間に着用していたショーツタイプを指す場合が多い。
本来ブルーマー氏が発案したものはゆったりしたズボンにゴムを入れたようなもので膝くらいの丈があったものだったのだが、何故か丈がだんだん短くなり生地も体型に沿う形になり、この頃には脚全体を露出するまるっきりショーツ同様の形になっていた。ちょっと股下のある下着だとはみ出してしまうほどである。
なかには若干お尻を包むような形になっているものもある。
男子の間で「スカートめくり」が流行した際にはめくられても下着が見られないようにブルマを穿いてガードする対抗策が編み出されたが、男子も懲りずに、めくると同時にブルマをずり下ろす「スカートめくりブルマおろし」が考案された。しかし下着もいっしょに脱がしてしまう事故がよく起きて問題になったことは言うまでもない。

構造

ショーツ型は股下の丈が無い単純な構造のため前半分の布と後ろ半分の布とを合わせただけのシンプルな作りになっている。デザインによっては側面の色が違ったりラインが入っているバリエーションもある。
ウエストと足の付け根の部分にはゴムが入っている。
内側にポケットがつけられているものもあるが、構造上どうしても容量は小さいしウエストからブルマの内側に手を入れるというなんとも恥ずかしい姿勢になるしで実用性に乏しい。

ブルマ狩り

国内では1990年代に入り、AV、エロゲー、風俗などで性的嗜好(フェチ)の対象として描かれ、それらが全国的に報道されるようになったことで大規模なブルマ狩り(ネガティブ・キャンペーン)による批判が行われ、全国の学校でブルマが追い出されることになった(黒歴史)。体操服にブルマを指定する学校は90年代後半から2000年代前半にかけて急激に減り、2000年代中頃には絶滅した。

もともと男女で体操服のデザインを変える合理的理由はなかったほか、この頃のブルマは既に本来あるべきブルマの姿と目的から明らかにかけ離れており、ほとんどパンツにしか見えなかったことや、実際に着る側としても恥ずかしいものであることに変わりはなく、絶滅したのも当然かつ必然であったともされている。

元々は女性解放運動の一環として女性が運動の場(オリンピック・各種大会など)で活躍するために開発されたものであるが、その女性によって否定されると言うなんとも皮肉な結末になった。

二次元(深夜アニメ作品)で異様にブルマ率が高いことからも、明らかに性的目的ないしフェチの対象として描かれていた感は否めない。

そもそも誕生した当初は露出の少なかったはずの体操着が、どうしてあんな露出度の高い羞恥心を感じさせる、パンツ同然な形状になったかは、完全に不明。
一説ではあるが、運動しやすい形を目指して行った結果、下着に近づいて行った(実際下着というのは下手な運動着より運動しやすい)のではないかと言う説がある。

代替品

順次消えていったブルマの代替として、肌(脚)の露出が少なく、体型の出にくいハーフパンツ短パン)、またはスパッツなどに置き換えられ、2000年以降から絶滅し、スポーツ用品の主要メーカーもブルマの生産を中止することになった。

一部、販売名はブルマであるが、スポーツ用のものとは生地、構造共に別物。
陸上競技で女子選手が穿く、体にフィットしたパンツ(下着ではなくズボンの方)のレーシングショーツレーシングブルマーと呼ぶこともある。

スポーツ用品としての、厳密な意味でのブルマは絶滅したが「下着を隠す」目的でのブルマは存在する(実際はサイズが同じなので隠れたわけではない。覆っているだけ)。
いわゆる見せパン(オーバーパンツ)だ。

現在

今では海外で一部のスポーツ選手が着用しているのを見かけるのみであるが、二次元においてはいまだに現役で、そしてこれからも女学生の着用する運動着として存続し続けるようだ。
しかし最近では深夜アニメ、いわゆるオタク向け作品であっても女学生が体育でハーフパンツを着用する作品も増えてきている(ギャルゲーエロゲ原作では相変わらずではあるが)。これは萌え属性の多様化により「無理にブルマを穿かせる必要がなくなった」「ブルマを穿かせることが逆に縛りになってしまった」と考える人が増えだした影響かもしれない。
そもそもブルマのフェチ性の大部分はセーラー服スク水と同じく「女学生の服=若さの象徴」と言うのが占めているため、学生時代にブルマと触れ合う機会が無かった2000年生まれ以降のオタク達はブルマに対する思い入れが無い。いずれ彼らが製作者側にまわれば、更にブルマの登場機会は減っていくだろう。どうしてもエロくしたければレオタードの方が良いし(なおかつてのオタク作品は所謂「ハイレグブルマ」なんてのが結構あり、逆に現代の作品の方が実物に即したローレグが多かったりするのが、フェチの原点回帰である)。

また、下着の上に着用し同じ紺または黒色系統のスカート同士で保護色効果などで視覚的にも事実的にも下着を隠す効果があるため一部の校則の厳しい学校では義務化もされている。
その為いちいち体操着に着替えるのが面倒と思う女子は上だけ着替えて下はスカートだけ脱ぐと言うブルマへの抵抗の薄くなおかつ校則のグレーゾーンを行く女子は極稀に存在する。

組み合わせアイテムとして

ブルマは様々な衣服を組み合わせて描かれることで、よりその良さをかもし出すこともできる。

セーラー服+ブルマ
ジャージ+ブルマ
など、上半身をしっかりとさせている割に、下半身をあらわにしているということに、一種の萌えを感じることができるようだ。

ファンタジーの世界では、
+ブルマ
などの、ハードなタイプのものもある。

関連タグ

【別名・表記ゆれ】
ブルマー ぶるま BURUMA

【類似品】
紺ブルマ 体操服 体操着 短パン スパッツ アンダースコート アンスコ
レーシングショーツレーシングブルマーエクササイズウェア レオタード
おむつ パンツ パンティ ショーツ 下着

【色】
カラーブルマ
赤ブルマ 青ブルマ 水色ブルマ 緑ブルマ オレンジブルマ 黄ブルマ 紫ブルマ ピンクブルマ 黒ブルマ 白ブルマ

【形状】
ちょうちんブルマ

【シチュエーション】
裸ブルマ ブルチラ ブルモロ
はみパン ハミパン はみぱん

【他の衣装との組み合わせ】
ジャーブル セラブル ブルマニーソ ブルッツ ブルマサンタ

【風物・競技】
運動会 体育祭 陸上 バレーボール

【着ける人】
女の子 少女 女子 幼女 女子小学生 女子中学生 女子高生 スポーツ少女

【至言】
ナギ(Aチャンネル)

【定評のあった人】
SABE

その他
黒歴史

関連イラスト

ずりおろし
無題


3限目の授業 体育。
すわりブル



他の記事言語

Bloomer

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144464611

コメント