ピクシブ百科事典

ハルウララ(ウマ娘)

はるうらら

ウマ娘 プリティーダービーに登場するウマ娘の一人。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日2月27日
身長140cm
体重微増(でも気にしない)
スリーサイズB74・W51・H73
CV:首藤志奈

元気とやる気が取り柄の天真爛漫なウマ娘。
わがままで飽きっぽいゆえにレースではなかなか勝てないが、何度負けても持ち前の明るさで立ち直り、周囲のみんなと楽しく学園生活を満喫している。
目指せ一勝!
公式ポータルサイトumamusume.jpより)
モデルとなったハルウララ号は地方競馬である高知競馬所属の競走馬。スペシャルウィーク達より1歳年下の1996年生まれ。
生涯成績は113戦勝ちなしと「全く勝てない」という事で有名だった。臆病でわがままで飽きっぽい性格だったが、いざレースに出ると、その持ち前の負けん気でずっと走り続けていた。
その懸命な姿は全国区に知れ渡り、「負け組の星」として知られ、当時廃止寸前だった高知競馬場の危機を救った名馬となった。
しかし、晩年は馬主と調教師の間で対立が起こり、預けていた牧場に半ば放棄されてしまう。その後のハルウララは走ることすらなく競走馬としての生涯を終え、現在は牧場側がハルウララを引き取り、静かに余生を過ごしているという。
ウマ娘の髪の色はモデルになった馬の毛色に由来するものが多いが、彼女は「ハルウララ」の「」に由来してピンク髪になっている。また、よく見ると瞳の虹彩がの形になっている。
地方競馬では馬主ごとの勝負服が無い事からか、勝負服は体操着になっている。
両脚に絆創膏が何個も貼られているが、元のハルウララは裂蹄(れってい。蹄が割れて亀裂が入ってしまうこと)の後遺症に悩まされていた事に由来する様で、中々勝てない理由もそれが原因だったと言われている。

アニメ

第一話から登場。教室に入ってきたスペシャルウィークに最初に声をかけてきてクラスメイトを紹介するが、実はC組所属ではなくB組所属。
ちなみに、スペシャルウィークの愛称「スペちゃん」の名付け親でもある。
スペシャルウィークと共にチームリギルの入部テストを受けるも、出遅れたスペシャルウィークにスタート直後であっさり抜かれてしまい結果は最下位となった。

第四話では、高知県に遠征に行ったことが語られ、デビュー戦は5人中5位。スペシャルウィークたちにお土産を持ってきた。

第八話にも少しだけだが登場している。

第十二話ではジャパンカップに出走するスペシャルウィークの待合室前にお土産(かつおフレーク)を持って現れた。
ジャパンカップ本番ではセイウンスカイ・キングヘイローと一緒にスペシャルウィークを応援した。

EXTRA.Rでもセイウンスカイ・キングヘイローと共にWDTに出走するスペシャルウィークを応援した。

スピンオフ漫画『ハルウララがんばる!

2016年4月からサイコミで連載開始。 2016年9月最終話掲載。
“AnimeJapan2016”でウマ娘プロジェクトが発表され、まず最初に始まったコンテンツ。
競走馬ハルウララの競走生活をウマ娘の世界で描いた作品。

外部リンク

ウマ娘 プリティーダービー -ハルウララがんばる!-|サイコミ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルウララ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184401

コメント