ピクシブ百科事典

塞翁が馬

さいおうがうま

故事成語の一つ。

人生の吉凶は常に変化し予測が出来ないことから安易に喜んだり悲しんだりするべきではないという意味。人間万事塞翁が馬ともいわれる。

由来

昔、中国の北の方に塞翁という占いが得意な老人がいた。
ある日、塞翁が飼っていた一匹のが逃げ出してしまった。近所の人たちは哀れに思ったが、塞翁は「これが幸福にならないとも限らない」と気にしていなかった。
やがて塞翁の言った通り、逃げ出した馬は足の速い馬を沢山連れて帰って来た。近所の人達はこの幸運を祝福したが、塞翁は「今度はこれが災いにならないとも限らない」と言った。
しばらくして塞翁の息子が馬に乗ってみた所、転落して足を骨折してしまった。近所の人達が慰めに来たが、塞翁は「これが幸福にならないとも限らない」と平然としていた。
やがて塞翁が住んでいる場所のさらに北の方に住む胡と呼ばれる異人が、国境沿いの城塞めがけて襲撃して来た。城塞の近くの若者たちは戦に向かい、何とか胡の襲撃を退けたが多くの若者が命を落とした。
しかし塞翁の子だけは骨折のおかげで戦に行かずに済み、命拾いしたのだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「塞翁が馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38890

コメント