ピクシブ百科事典

虎の威を借る狐

とらのいをかるきつね

ことわざの一つ

権力者や強者に頼って威張る大して強くもない小物の事。
大抵の場合悪知恵が働き強者の弱みを握る、など自分の思い通りに操ろうとしているが、中には単に強者と親しい者もいる。

出典は『戦国策・楚策』より。
多くの獣を狩り続けてきたはある日を食べようとした。
その時狐は「天帝から百獣の王に任命された私を食べれば天罰が下る。」と脅し、自分の後に続くよう言った。すると動物達は虎に恐れをなして逃げ出した。虎は自分を恐れていたのだと気づかず、狐に恐れたのだと思い込むという話から。

関連タグ

ことわざ

pixivに投稿された作品 pixivで「虎の威を借る狐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57917

コメント