ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
夫婦仲が深くむつまじいことのたとえ

比翼連理とは、夫婦男女)の情愛が深くむつまじいことのたとえ。


故事

白居易白楽天)が玄宗皇帝楊貴妃との悲恋を描いた長編の漢詩『長恨歌』に二人が誓い合った言葉として「天に在りては願わくは比翼の鳥と作らん、地に在りては連理の枝と為らん」とあるのに基づく。


死んだ楊貴妃を諦めないであの世まで探し、来世では必ず一緒になりたいという玄宗の姿が印象的である。


比翼の鳥」は想像上の鳥であり、雌雄それぞれ目がひとつ、翼がひとつのため二羽が一体となって飛ばなければならない。

また「連理の枝」は想像上の植物であり、もとは二つの木の枝がつながってひとつの木、ひとつの木目にまでなったもの。


関連タグ

故事成語 四字熟語

偕老同穴 双宿双飛


比翼恋理のだーりんSteins;Gateのファンディスク。「連」ではなく「恋」となっている。ただし海羽超史郎によるノベライズ版は「比翼理」となる。


比翼にして連理FGOに登場するサーヴァントアン&メアリー宝具

霓裳羽衣比翼連理:『げいしょううい ひよくれんり』と読む。FGOに登場するサーヴァント、楊貴妃の宝具。

比翼連理とは、夫婦男女)の情愛が深くむつまじいことのたとえ。


故事

白居易白楽天)が玄宗皇帝楊貴妃との悲恋を描いた長編の漢詩『長恨歌』に二人が誓い合った言葉として「天に在りては願わくは比翼の鳥と作らん、地に在りては連理の枝と為らん」とあるのに基づく。


死んだ楊貴妃を諦めないであの世まで探し、来世では必ず一緒になりたいという玄宗の姿が印象的である。


比翼の鳥」は想像上の鳥であり、雌雄それぞれ目がひとつ、翼がひとつのため二羽が一体となって飛ばなければならない。

また「連理の枝」は想像上の植物であり、もとは二つの木の枝がつながってひとつの木、ひとつの木目にまでなったもの。


関連タグ

故事成語 四字熟語

偕老同穴 双宿双飛


比翼恋理のだーりんSteins;Gateのファンディスク。「連」ではなく「恋」となっている。ただし海羽超史郎によるノベライズ版は「比翼理」となる。


比翼にして連理FGOに登場するサーヴァントアン&メアリー宝具

霓裳羽衣比翼連理:『げいしょううい ひよくれんり』と読む。FGOに登場するサーヴァント、楊貴妃の宝具。

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • KOIGUSA

    ■――水たまりに、シケモク一つ。 パッケージが一新されたと共に味も一新された煙草の銘柄の一つ・『KOIGUSA』。 その旧パッケージの『KOIGUSA』で過去と現在が交錯する、赤いハイヒールの女と赤いピンヒールの女の、 とある一夜の数分間の出来事の話――。 □コンテストには大遅刻しましたが、久々の小説執筆のリハビリに、完成だけはさせてみました。 提示されたエモい古語複数からインスピレーションを受けて出来た作品です。楽しんで頂けたら幸いです。 ※喫煙描写有 ※百合っぽい描写あり ※この煙草の銘柄は架空のものです
  • 比翼連理にはほど遠い/玉響の恋、泡沫の愛

    行きつけのバーで会うだけの関係の男と女。男は女の恋を『玉響の恋』と呼び、女は男の愛を『泡沫の愛』だと称する。女は夢想する――この男を好きになれたら。その夢想をすること自体が、『好き』の証左かもしれないと思いながら。『玉響の恋』ではない何かを抱いているのかもしれない、けれど恋愛観以外知らないような関係は、比翼連理にはほど遠い。そう考えながら飲んだ酒は苦かった。
  • 片翼

    ごく普通に…引っ越し挨拶で知り合った二人。真夜中に意外な場所で出くわし、共に行動し互いに対して奇妙な感覚をおぼえる。 互いに霊能者という共通点とは別に、なんとも言えない不思議な縁を感じながら惹かれ合う彼らが遭遇し見たものは、まさに比翼連理と思しき二体の霊だった。
  • ただ君とともに、また君とともに

     とある小さな里で過ごしている水神は、世話係の神主である玉の紹介でとある幼子、あさぎと出会う。あさぎと日々を過ごしていく内に、彼女は婚約ができる年まで成長していった。しかし、相手の男に思うところがある水神は、話をしようと社まで降りていったが時既に遅かった。怒りに支配された水神は、ここに来る前に、とある村で「あさぎ」という巫女と過ごした日々、そして取り返しの付かなかった結末を思い出す。あさぎの最後の言葉を聞き、もはや神ですらなくなった水神は風神の介錯のもと、消えていった。次こそは二人幸せに過ごせることを願って。
  • 比翼連理

    片翼の鳥 2

     佳奈は拾った比翼と交流を深めます。  片翼の鳥と少女の物語です
  • 茨姫には口付けを授けない

    撫子は最近様子の変わった姉の向日葵を心配していた。陽だまりのように暖かで可憐な姉は影も形もない。今の姉は、雪のように冷たくただただ凛と美しいのだった。姉の変化には、ある人の"恋心″が関係しているのだが―― ど素人の作品です。初めてオリジナル小説を書きましたので、生暖かい目で見ていただけますと幸いです。 誤字脱字、ありましたら申し訳ございません。 ※11/20加筆修正。
  • 片翼では、飛べぬから

    ある静かな夜、娘はいつものように母親に寝る前のお話をせがみます。 今日母親が選んだのは、今は昔の愛のお話。比翼の鳥のように、連理の枝のように、固い契りで結ばれたお雪と文彦の物語を、愛する娘に話して聞かせます。 さて、この昔話の行く末は……?
  • めをとそひとぐ

    仲睦まじく暮らしてきた老夫婦。その妻は今、臨終の床についていた。別れの時を察した妻は、夫に長年秘密にしていた事実を告げようとする。だが夫はとっくにそれに気づいていた。安堵と共に眠りについた妻を看取り、夫もまた最期の旅に出る。
  • 父と、子として

    江戸中期、紀伊徳川家の分家、西条松平家当主松平頼淳は本家家督相続の上使を待つ身となっていた。現当主徳川重倫の狼藉のためだ。その弟にして、頼淳の養子でもある頼謙が訪れる。父子でいられる最後の時間を惜しむように二人は語り合う。
  • 比翼連理

     昔からの幼馴染であり大切な思い人であった葵を奪った男に、ゆかりは復讐してやろうと思いたつ。  そうして、彼との関係を深めていったのだが、ことは彼女の思うようには進まなかった。  葵との関係も、その彼氏である晃との関係も何もかも計画とは正反対に進むなか、ゆかりの心境にも変化が訪れていた。
    10,000文字pixiv小説作品
  • sample古語11・ある夫婦

    使用古語は"比翼連理"。 比翼連理の逸話に関する比翼の鳥の事を調べたら、某サイトで面白い話を聞いてそのまま即興で作ってしまいました。 比翼連理の鳥(ヒヨクレンリノトリ)と呼ばれる怪鳥の神様は空を飛び、あるいは夫婦で行動する男女1組の洪水の神様。自分達に卑劣な扱いをした者や集落を全て洪水を起こして罰する、夫婦共に厳しい神様。 ただ、自分達に親切にしたり優しくしてくれた人には本来の鳥の姿を見せてくれる場合があるそうです。
  • 比翼連理をあなたに

    二人の人物の会話。 比翼連理という言葉を巡る、一つの解釈。 相思相愛の二人が比翼連理を誓うとき、その二人に約束されてしまうかなしい未来。 その解釈を知ってなお、結婚する二人へその言葉を贈る登場人物。
  • この身絶え果て

    男は証券取引で日々の糧を得ている。 男は普通の男。普通に暮らす平凡な男である。 今、男は変装して出社している。 以前の顧客を避けるためである。 顧客は男に嘘をついた。 そんな人間の金銭を、男は取引に用いない。 「金は死のように平等である」が男の座右の銘であり、例外を認めないのだ。 死のように厳格なのは男であるのだが、男は「金の方だ」と言ってゆずらない。 そうして男は、「金」を避けているのである。悪徳のように、金を避けている。 最も真実の愛を語るべきタグで、最も俗悪な「金にまつわる不正」を取り上げてしまった。 自身の感性を、大いに恥じている。
  • 海月の骨ならここにある

    ある時、ある場所にて、 1人の女が、1人の男の前から姿を消した。 女と男は、所謂”恋人”という名の付く間柄であった。 2人は互いを愛し、互いの事をそれはもう大切にしていたが、周りは2人の愛を許してはくれなかった。 理由は2つ。 1つは、女が生まれつきの病により医者から子供を産む事は叶わないだろうと言われた身体であったこと。 そしてもう1つ。 男が、この国の今を生きる者であれば誰でも知っているだろう大企業の、長男であった事。 「……さて、と。行きましょうか。」 女はたった1つのキャリーバッグを持って、静かに身を引く為の準備をした。
  • 呪詛姫と呪詛喰い人形少女~百合を引き裂こうとした男が自滅する話

    生徒会に所属する莉珠と琉花は、仕事の傍ら生徒の相談に乗っていた。 それは、大人に話せば一笑に付されるような、怪異絡みの相談である。 今回の相談者は、肝試しで幽霊に呪われたと主張する男女のグループ。 呪われたのは肝試しをした全員ではなく、何故かメンバーの一人だけ。 莉珠は肝試し事件の真相を探るべく、呪われた女子生徒の元を訪ねる。 其処で莉珠は、呪詛を纏った手作りのテディベアを見つけるのだった。
  • 花火の夜

     ツイッターのタグ企画第二弾。北村さん【http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52355936】のイラストに話をつけさせて頂きました。  恐れ多くも自分ちのサイトのリーマンパロの設定で書かせて貰いました。リーマン×大学生。19歳。  時期外れも甚だしいですが、9月の話です。ナル誕ですが9月の話ですすみません。9月始めくらいだと思って読んであげてください。  まだいたしてないという設定で書いたので随分初々しくてこっちが恥ずかしくなりました……。なんだよナルトかわいいな(自給自足)あとサスケが若干乙女ですすみません……。  これ書く時に調べて初めて知ったのですが、お盆玉って江戸時代からの風習なんですね。  (奉公人にお盆小遣いをあげる、という山形県発祥の風習らしいです)
    15,178文字pixiv小説作品
  • 共に飛べたら

    梨枝は亡き親友・マリの娘であり、姪でもあるつばさと生活を共にしている。 ある日届いた結婚式の招待状には「比翼連理」が描かれていた。 つばさの両親はまさに比翼連理のようだった、つばさもいつかそんな相手を見つけるようにと話す梨枝に、つばさは梨枝こそがそういう相手であって欲しいと打ち明ける。 梨枝が本当はマリを愛していたことをつばさは気づいていて、マリの代わりでいいとも思っている。 梨枝もマリの代わりではなく、つばさ自身を愛していることを自覚する。
  • 『雪歌の泉(千年泡沫の恋)』古代ファンタジー恋愛小説(エモい古語コン応募作品)

     陸奥の国に左遷された彼は山奥で吹雪にみまわれ道に迷った。雪に埋もれて命つきようとする刹那、彼は発句を詠った。その調べに心うたれた山の神は彼の魂を渓にとどめ、睦月の満月の夜にだけ命を注いだ。それから千もの季節を彼は都を懐かしみ、思い人を慕って発句を詠い脇句を待ち続けた。同じ年月、彼の歌を聴き続けた道祖神はついには耐えかねて自ら挙げ句を詠む…すると…思い叶って涙した彼の一滴が泉となってこんこんと溢れた。長く哀しいけれど彼にとっては泡沫の物語。 『素月 清輝 望月 天満月(あまみつき) 円月 月輪』月の和名で物語を照らし、 『泡沫 可惜夜 逢魔が時 紫のゆかり 恋草 比翼連理 海月の骨 玉響 遣らずの雨 探驪獲珠』十のエモい古語で繋いでみました。
  • 天狗の片翼

    人ならざる者の妻となった娘が語る、夫と共に過ごした季節の物語。彼は、片翼の天狗であった。春に攫われ、夏に蛍に慰められ、秋に紅葉の下で二人でお弁当を食べ、冬に二人で縁側に並び、雪を見る。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー