ピクシブ百科事典

野原ひろし_昼メシの流儀

のはらひろしひるめしのりゅうぎ

『野原ひろし 昼メシの流儀』とは、アニメ・漫画「クレヨンしんちゃん」のスピンオフ作品。ではあるのだが…
目次[非表示]

概要(?)

『月刊まんがタウン』で連載中のサイコスリラーグルメ漫画。主人公は自分を野原ひろしだと思いこんでいる一般人であり、あの野原ひろしとは別人である。

主人公の一般人が野原ひろしになりきり、様々な料理の食レポに挑むという内容。
彼は野原ひろしが大好き過ぎるあまり、常に野原ひろしを演じるようになり、遂には自分のことを野原ひろしと信じて疑わなくなってしまった。また、それだけに留まらず、自分の妻と子どもにまで「みさえ」「しんのすけ」と呼ぶなど徹底してひろしになりきろうとしている描写があり、何らかの精神疾患の疑いがある。
彼のこの奇怪な行動は、温かい家庭を築き理想の父親として高い人気を誇る野原ひろしへの強い憧れから来ていると思われる。

自分の事を野原ひろしだと思いこんでいる一般人AA


そのあまりにも前衛的な内容がインターネット上で話題となったことで人気が高まり、それを受けて近くアニメ化されることが判明した。近年のアニメによる経済効果は高く、その意味でも期待が高まっている作品と言っていいだろう。










正しい概要

・・・というのはウソで、本作は正真正銘の『クレヨンしんちゃん』のスピンオフ作品であり、野原ひろしを主人公としたグルメ漫画である。
原作は臼井儀人、漫画は塚本洋一

何故上述のような扱いをされているのかというと・・・

  • 本家の『クレしん』に似せているのか似せていないのかよく分からない

ひろし


  • 作中でしんのすけみさえが登場するシーンがあるものの、全身絵は無く、セリフと足下の描写のみで登場している。しかし、原作のデフォルメされた頭身ではなく、年相応の5歳児の少年の足が描写されているため、しんのすけにかなりの違和感
  • 原作のひろしの場合、昼食は基本みさえの愛妻弁当であり、外食に行く機会はあまりない
  • オレの名は野原ひろし 愛する妻と2人の子を持つ〜」→シロは家族ではないのか
  • ネットを少しでも齧ったことのある人から見れば、あの漫画を意識していることが見え見えであり、そのために原作から設定や解釈に違いがある
  • ひろしが出された料理に対して面食らう描写など、同じ構図のコマがほぼ毎回登場する
  • そもそも主人公がひろしである必要性があるのか分からない。ひろしの性格からして、食に関して流儀など細かいことにはあまり拘らないと思うが・・・
  • スピンオフであることを抜きにしても、グルメ漫画の割にそこまで食欲がそそられるわけでもない
…など、本家クレしんファンからしたら原作設定との違いや、違和感ばかりの描写が連発したほか、グルメ漫画としてもイマイチとされることが多く、その上ひろしとあの漫画に便乗してやろうという下心が丸見えであったため、連載開始時から評判は悪かった。

その後Amazonのレビューやツイッター上で本作がボロクソに叩かれていく中で、「あの漫画の主人公はひろしのニセモノ」「主人公はひろしに憧れていて、一人妄想に耽っているだけ」などといった漫画の内容を皮肉ったネタが流行るようになり、いつからか自分を野原ひろしだと思いこんでいる一般人というネタが広まり、現在に至るのである。
特に鼻でカツ丼の香りを嗅いでいるコマと「俺は野原ひろしだ」と心の中で呟いているコマは大変インパクトが強く、色んなところでネタにされている。

一応フォローしておくとブログなどで普通に評価している読者も見られており、面白いと評価されている話も無いわけではないので、クレしんである事を意識しなければそこそこ楽しめる。
原作設定との違いに違和感があるのなら、別人や並行世界モノだと思って読めば、先入観や違和感を感じずに楽しめるという風潮は、ファンの間で近年まれによくある。

関連タグ

クレヨンしんちゃん
野原ひろし
自分を野原ひろしだと思いこんでいる一般人

pixivに投稿された作品 pixivで「野原ひろし_昼メシの流儀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14757

コメント