ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

平井和正

ひらいかずまさ

日本の小説家。代表作に「幻魔大戦」「エイトマン」「ウルフガイ」シリーズなど。2015年没。

概要

神奈川県出身の小説家脚本家。1938年生。2015年に急性心不全により76歳没。

ハードボイルドSFを得意とし特に1960年代1980年代に「SFマガジン」やハヤカワ文庫を牽引した昭和の人気作家である。

8マン』『幻魔大戦』といったアニメ化された漫画原作を多数手がけていることから若い読者層に高い人気を誇り、ライトノベル作家の元祖的存在とも位置づけられる。

またTVアニメエイトマン』では脚本を手掛けるなどマルチな執筆活動を行っていた。

高橋留美子がファンであることで知られ、相互に影響を与えあっている。


ライフワーク化していた『ウルフガイ』『幻魔大戦』シリーズのほか、『地球樹の女神』『死霊狩り(ゾンビー・ハンター)』シリーズなど代表作多数。

カルト化している池上遼一版『スパイダーマン』の原作にも参加している。


娘は漫画家の平井摩利。(代表作『火宵の月』、2007年まで活動。)


関連タグ

小説家

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17130

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました