ピクシブ百科事典

アーサー・C・クラーク

あーさーしーくらーく

アーサー・チャールズ・クラーク(Sir Arthur Charles Clarke、1917年12月16日 - 2008年3月19日)はイギリス人作家。技術者。
目次[非表示]

「十分に(高度に)発達した科学は魔術と見分けがつかない」
Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.

人物

SF三巨匠の一人。
英国籍で主にアメリカで活躍した。
技術者であった彼の作中には2010年代に入っても先見性は他を凌駕する物がある。そして彼の著作に登場する「技術的な手法(アイディア)」は彼を目標とした信奉者たちの手によって、いくつかは実現したり将来的な実現可能性を見出した。(そのあたりは手塚治虫藤子・F・不二雄にも類似性がある)
人工衛星とそのネットワーク(静止衛星による電気通信リレー)の可能性にいち早く気が付いた一人だった。晩年に「特許を取らなかった事について後悔している」というジョークをよく披露したようである。

クラークの三法則

フィクション作品に頻繁に引用される名言として、「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。」と言うものがあり、別名をクラークの第三法則と言う。
この文句が有名になりすぎて他の二法則が忘れられがちなのだが、他の第一と第二法則は意訳すると、「不可能なんてない。限界まで挑戦しなければ、不可能とは言えない」と言う、何だかやたら熱い内容であり、なんだか第三法則だけが妙にクールな印象を与える。
尤も、総合的に意訳すると「『科学技術』に不可能など存在しない」と言うメッセージを一貫して言っているので、そこまでずれは無い。

曰く

  1. 高名だが年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。また不可能であると言った場合には、その主張はまず間違っている。
  2. 可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。
  3. 充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。
とし、「ニュートンは3つの法則で満足したようなので、私もここで慎み深く止めておくことにする」と締めくくっている。

代表作

2001年宇宙の旅(2010年宇宙の旅、2061年宇宙の旅、3001年終局への旅)
幼年期の終わり
遥かなる地球の歌
海底牧場
楽園の泉※同名の別作品が存在する為、本作を表すタグは「楽園の泉(A.C.クラーク)」とした方が良い。
……

関連タグ。

小説家 / SF
ハインライン / アシモフ / 野田昌宏

外部リンク

クラークの三法則

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アーサー・C・クラーク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アーサー・C・クラーク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45139

コメント