ピクシブ百科事典

佐藤大輔

さとうだいすけ

pixivでいう佐藤大輔とは、日本の小説家、ゲームデザイナー、漫画原作家である。
目次[非表示]

1964年4月3日生まれ。石川県出身。

経歴

1980年代、大学在学中にボードゲームデザイナーとして活動し始め、界隈には名の知られる存在となった。
その後、ボードゲームの市場が縮小する中、1991年に『逆転・太平洋戦史』に小説家デビュー。
膨大な知識と徹底したシミュレートにより、架空戦記のジャンルで高い評価を得る。熱心なファンがいることはウィキペディアの充実ぶりを見ればわかるだろう。

2017年3月22日、虚血性心疾患により死去、葬儀は近親者のみで営んだ。

人物

超が付くほどの遅筆で、一向に続刊が出ないことでも有名。原因はこだわり過ぎと怠け癖。20年にも及ぶ作家生活で、完結した長編作品が『征途』(全三巻)のたった一作しかない。漫画原作も同様で、打ち切り・休載の憂き目に遭っている。
その上未完結作をほっぽり出して新作を立ち上げる上に、タチの悪い事にそっちも続きが気になる面白さのため、熱心な読者ほど氏を恨んでいるとか。
調教された読者の認識では例え数年新作が無くても、新装版が出たらちゃんと仕事してる事になるらしい。
シミュレートできない事物に関しては極度に嫌っている、もしくは理解できなかったふしがあり、リアルチートな人物・事物は過小評価する傾向があった(アレクサンドロス大王の死因をただの奇説の一つでしかない「どぶにはまって溺死」を真実のように書くなど)。

晩年は現実離れした頑迷な部分も多く見られた。9.11以降の著書で「超音速ステルス戦略爆撃機を100機揃えて敵国の要所をスマート爆弾でピンポイント空爆すれば必ず勝てる」など、冷戦時代の総力戦構想にひきずられた時代遅れの説を推す等。

また、近年のオタク層にみられる「乃木希典叩き」は、元祖である司馬遼太郎よりもはるかに露骨かつ頻繁にやっており、むしろ佐藤作品の影響のほうが大きいとも言われる。


作品

小説

逆転・太平洋戦史
信長新記
征途
レッドサンブラッククロス
侵攻作戦パシフィック・ストーム
遥かなる星
東京の優しい掟
虚栄の掟
地球連邦の興亡
皇国の守護者
鏖殺の凶鳥
黙示の島
平穣クーデター作戦 静かなる朝のために
晴れた日はイーグルに乗って
エルフと戦車と僕の毎日

漫画原作

東京兵団 - 作画:小林源文
日米決戦2025―そのとき、日本は決断した! - 作画:小林源文
戦火の掟 - 作画:居村真二
戦場の絆 - 作画:居村真二
戦場ドラマコミックシリーズ JAPAN WAR 1945 新大東亜戦記 - 作画:萩原玲二
皇国の守護者 - 作画:伊藤悠
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD - 作画:佐藤ショウジ

関連タグ

小説家 原作 ゲーム
架空戦記 歴史
先生仕事してください
横山信義
押井守-架空戦記にはまったときに一番腑に落ちた内容だと評して対談し、SFマガジンおよび「征途」愛蔵版に追悼文が掲載された。

外部リンク

佐藤大輔 - Wikipedia
佐藤大輔とは (サトウダイスケとは) - ニコニコ大百科
佐藤大輔とは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「佐藤大輔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64173

コメント