ピクシブ百科事典

デストロイオールヒューマンズ!

ですとろいおーるひゅーまんず

パンデミックスタジオ製作の3Dアクションゲーム…だったのだが…
目次[非表示]

「ワイのどこが火星人や!!!」

概要

 2005年に欧米諸国で発売された原作ゲーム『Destroy all humans!!』(PS2/Xbox専用3Dアクションゲーム)はその物騒タイトルからも分かる通り、宇宙人クリプト137(CV山口勝平復讐の為に地球人殺戮する…という身も蓋もない内容であり、現在までに4作目までが発売されている(日本未発売)。

 これを日本に持ち込んだ際、その内容からNGを喰らってしまったのだが、だったら意図的にバカゲーにしてしまおうということで、残虐描写をカットし台詞出鱈目な訳を付けることで全く別のゲーム『デストロイオールヒューマンズ!』は完成した。
 訳を手掛けたのは山本弘を始めとすると学会の面々であり、古今東西のありとあらゆるネタからパロディを入れまくり、もはや原作と同じなのは効果音だけという始末である。
 日本版OPは「馬鹿がUFOでやって来る」という挑戦的なタイトルであり、影絵や曲調は某光の巨人の次男三男の丸パクリ歌詞は原作ガン無視のあまり主人公役の山口勝平がの途中で突っ込みを入れる、挙句の果てにOPの影絵が途中でネタ切れしてゲーム本編に全く関係の無い影絵で尺を稼ぐという完璧なバカを体現している。

(日本版の)あらすじ

 時は1957年。地球生物の調査に来た宇宙人・クリプト136は、円盤事故によりアメリカ軍に捕まってしまった。136の弟・137は兄を救うため、地球に降り立つ。そこで2本足のバカっぽい知的生命体(要するに地球人)を見つけた137は、母星からの命令により、彼らのからエンドルフィンを奪い取る任務を受ける。
 かくしてクリプト137の大冒険が始まった。

関連項目

アクションゲーム 洋ゲー バカゲー 公式が末期

pixivに投稿された作品 pixivで「デストロイオールヒューマンズ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 811

コメント