ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして:伊東歌詞太郎

はじめに

ピクシブ百科事典JASRACに使用許諾を得たサイトではありません。
歌詞の掲載は著作権侵害となりますので、歌詞の掲載に関しては絶対に行わないでください。

pixivとしての対応


pixivではJASRACとの使用許諾の契約は行っておりません。
他者に著作権のある歌詞や作品が確認された場合は、警告のメッセージをお送りし、修正、または公開の停止をお願いしております。
(お問い合わせ『小説内で歌詞を利用したい』より抜粋)


概要

pixivでは主に楽曲の歌詞を絵に織り込んでいたり、オリジナル楽曲の歌詞を募集したりするイラストにタグがついている。
既存の楽曲の歌詞を使っているものは著作権法に接触する(pixivの二次創作は大体そうなので、これもグレーゾーンの一つという位置づけではあるが)。

歌詞の著作権

本来、権利者の許可なく著作物である歌詞を利用する行為はれっきとした著作権侵害行為であり、音楽権利保護団体JASRACの管理下にある楽曲の場合、使用料を請求されるあるいは削除されるなどのトラブルに発展する可能性が高い。もちろん権利者に掲載許可を取れば全く問題ないが、市販されている楽曲に関しては使用料金が発生する場合が多い。著作権が切れている曲に関しては無断で掲載しても法的には全く問題がない。

歌詞の転載に関しては関連リンクの様な事例も存在する。詳細は、そちらを参考にするかネットサーフィンを行って現状を知ることも大事である。

ピクシブ百科事典でも、原則として歌詞の掲載は控え、合法的に歌詞を載せているサイトにリンクを張るほうが賢明だ。

曲イメージの大百科に使用する関連イラストやメイン画像でも歌詞を転載しているレベルの物は使用しない方がベストである。

ただし歌詞の引用は可能である。引用には「引用する必然性がある(例えば自分の意見を述べる際の根拠として必要)」「引用部分を最小限にとどめる」「引用元を明示する」などの条件がいくつかあるが、これらをちゃんと満たしていれば無断で使用することができる。
たとえ著作権所有者が引用禁止と言っていても、法律の上書きはできないので引用禁止というルール自体が無効になる。
また、ごく短い文や日常で使うようなものはもちろん問題ない。もしこれがダメだったら「空を飛ぶ」「一緒に帰ろう」などとと言うことさえできなくなってしまう。

JASRAC無信託の場合

例外的にニコニコ動画発のボカロ曲などは歌詞の転載された記事が多い。JASRACに無信託の曲が多く、許可は作者個人に委ねられるという環境のもと、ほぼ黙認状態となっている。ただし、中にはJASRAC信託曲(他アーティストによるカバー含む)もある為、転載は控えるべきだろう。

それ以前に歌詞の掲載されているウィキの転載行為は、無信託曲であっても著作権違反である事を忘れてはいけない。
著作物そのものが企業及び個人の著作権の保護のためのものだからである

JASRAC無信託でも独自で楽曲管理をしているケース(BEMANI楽曲等の音楽ゲーム楽曲に多く見られる)に関しても権利は個人ないし団体に帰属している為、基本的に転載と認められるような引用等は避けるべきである。

例外があるとすれば

  • 著作権切れ(今までは作詞者の死後50年以上だが、TPPによって70年以上に変更)した歌詞。ただし、別の権利団体に委託されているケースもあるので事前に調査が必要。
  • アーティスト本人の投稿によるJASRAC無信託曲(BMS東方アレンジに代表される信託が難しいであろうケースの楽曲)の歌詞。


要するに、例外のケース以外で歌詞を丸ごと載せると言う事は無断転載と変わりがないという事を意味している)

ただし、アーティスト本人による物は自演等と言われる場合もある為、ニコニコ大百科や別のサイトを利用する可能性が高いだろう。

上記に該当する数少ないケースとしてピクシブ百科事典にも英国擲弾兵(著作権切れ)が存在するが、こうしたケース以外は基本的にNGである事を考え、該当大百科を作成して欲しい。

関連タグ

 音楽 楽曲 
  歌詞入り 
歌詞絵 曲イメージ

関連リンク

「はてな」一部ダイアリーおよびブログが非公開に “楽曲の歌詞”無断転載に対応(ねとらぼ)
mixi、楽曲の歌詞の無断転載に削除求める 権利者から著作権侵害の通知(ねとらぼ)

関連記事

親記事

うた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「歌詞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1259098

コメント