ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「お招きいただき光栄です お茶しましょう」

CV.斎賀みつき

概要

進撃の巨人マーレ編から登場するキャラクター。
明るい色の短髪と、黒く塗りつぶしたような瞳が特徴的な長身の女性。

エレンが起こしたマーレ強襲の直後、パラディ島へ戻る飛行船の中の場面で名前が明かされる。
同時に、強襲の直前ポルコピークを罠に嵌めたマーレ兵の正体であることも判明した。

元々はマーレによって滅ぼされた国の人間で、成すすべもなく兵士として徴用されていた。
しかし、そのマーレが恐れる「巨人」を身に宿すジークに心酔し、彼の命を受け反マーレ派義勇兵として立ち上がる。
マーレ側の一部の人間からも、ジークの信奉者であると認識されていた。

そしてマーレ強襲の3年前、同胞のオニャンコポンと共に調査船団に紛れ込んでパラディ島に上陸。ハンジ調査兵団に自らの目的を明かし、以来マーレへの情報工作を行うなどしてパラディ島側に助力していた。








ジークの安楽死計画を知っておりジークの腹心として動いている。







アニメ収録話以降のネタバレを含みます。














その正体は、マーレに滅ぼされた国の生き残りを装っているごく普通のマーレ人である。
マーレに失望し切っていた彼女は、ジークの安楽死計画を知って「世界を救う英雄」になる事に憧れ、自分を敗戦国民であると偽って仲間を集め反マーレ義勇兵を組織した。

このことをイェレナ自身は、世界のためにパラディ島を滅ぼそうとしたマーレ側や、地鳴らしを止める勢力と同じであるとして気に留めてない。


マーレ側でもパラディ側でもない彼女は、ピークによって、自身の身勝手な内面を暴露された腹いせに、アルミンやライナー達に嫌味と皮肉をぶちまけるが、結果的に地鳴らしを止める勢力に存在するわだかまりを全て吐き出させるという重要な役割を果たした。

その後、マガトに腕の骨を折られ、体調が悪化するなか、地鳴らしの行き先を示し、船に乗せられる。

劇中の最期の台詞は自らが欺き利用したハンジに、この期に及んでなお安楽死計画の肯定を求めるという諦めの悪い執着心を象徴するものだった。

オディハでエレンを止める勢力と別れて、ヒィズルの者たちと共に船に乗っていたが、ファルコの巨人化により船が沈没し、自身の整った療養環境を失い、キヨミらと共に劣悪な環境の救命ボートで漂流する事なった。
ある意味、世界を救うためとして、多くの人命を犠牲にし続けた彼女自身もまた、世界救済の犠牲となったのである。

その描写を最後に最終話まで終ぞ末路を描かれる事はなかった。

『マーレに滅ぼされた国民が、安楽死計画により巨人の脅威から世界を救う』というシナリオのヒロインを夢見て、掻き続け、祖国も仲間も壁内人類も切り捨て裏切り続けた女が得たものは、
只の虚しさと、孤独だけだった。


世界の変わる瞬間に立ち合いたいと願った女は、何もなす事はなく、描かれることもなくいつのまにか物語という名の歴史から消える、ある意味最も因果応報な仕打ちを受けたのであった









彼女がマーレ人である事は、ジークですら知らなかった。
結局ジークの回想でも、イェレナによる義勇兵創設の演説こそ描かれたが、彼女とジークの作戦会議等の対話シーンはない。


同じくイェーガーの腹心であったフロックと比較すると

初登場が重要っぽい⇄初登場がモブっぽい
最後まで本心を明かしていない⇄最初から本心を明かしている
すぐに頭を撃ち抜く⇄銃を向けるがすぐ撃たないし、足を狙って外している
壁内人類に協力するふりをして世界のために欺いている⇄イェレナに協力するふりをして島のために欺いている
最後まで諦めず戦った⇄途中で自暴自棄になった
最期の描写がある⇄どうなったかすら描かれない


など、対照的な存在となっている。

 


関連タグ

進撃の巨人 進撃の巨人の登場人物一覧
マーレ(進撃の巨人)
ジーク・イェーガー オニャンコポン(進撃の巨人)小物界の大物

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イェレナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「イェレナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 516902

コメント