ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「我々エルディア人に残された唯一の希望
 壁に潜む幾千万もの巨人で世界を踏み潰す「地鳴らし」」
 エレン・イェーガー


「人類はただ、やがて聞こえてくる終末の跫音に震え、逃げ惑うのみ
 あらゆる都市や文明、動植物は尽く踏み潰され文字通り全ては平らな地表と化す」
 ヴィリー・タイバー

概要

諫山創による漫画『進撃の巨人』に登場する用語。
パラディ島にある3重の壁の中にいる「無垢の超大型巨人」を「始祖の巨人」の力で解き放ち、行進させるというもの。
ただ歩くだけ、と単純ではあるが1体の50mの巨人が歩くだけでも大打撃なのに、推定数十万はいる巨人が群れをなして歩くため、まさに無慈悲な大量破壊兵器となる。
無垢の巨人の歩行速度は馬よりも速く、大海を泳いで渡ることも可能であり、実質この地鳴らしから逃れる術は存在しない。あわよくば巨人の足下をすり抜け生き延びたとしても、そこに広がるのは巨人達によって動植物もろとも踏みならされた虚無の世界であり、飢えて死ぬことは避けられない。
島の外の世界の軍事技術であればすでに巨人は脅威でなくなりかけているが、流石にこの数の巨人を止める術はなく、発動してしまえば世界は滅亡すると認識されている。

100年前に145代フリッツ王パラディ島へ移った際に「島の安息を脅かせば幾千万の巨人で報復する」と言い残したと伝えられており、今日まで諸外国がパラディ島へ手出しできない抑止力となっていた。
しかし、実際は145代フリッツ王が次代以降の「始祖の巨人」を継承する王家に「不戦の契り」と呼ばれる強力な呪いをかけたことで実質的には地鳴らしは実行不可能になっていた。


エレン が「始祖の巨人」を継承するまでは。


「不戦の契り」の抜け道を発見したエレンとジークは互いの目的のため、味方を騙し、周囲を巻き込み、多数の犠牲を払いながらシガンシナ区で遂に接触を果たし、「座標」と呼ばれる空間で初代フリッツ王の命令で巨人を作り続ける少女ユミル・フリッツと出会う。
ジークの目的は始祖の巨人の力を持ってエルディア人から生殖能力を奪い、緩やかに滅ぼすことであったが、エレンの願いは違った。エレンは熟考の末、地鳴らしを発動させパラディ島以外の全ての世界を消し去ることで、仲間達の未来を守ることを決意していたのである。
当初ユミルは王家であるジークの命令に従いかけたが、エレンがユミルを説得することで「始祖の巨人」の主導権を握り、パラディ島全ての壁が崩壊し「地鳴らし」が始まった。

世界を滅ぼす悪魔となったエレンと、それを阻止するために立ち上がったアルミン達との、最後の戦いが幕を開けたのである。

「人類を救うのは俺でも団長でもない、アルミンだ」

皮肉にも、エレンは自分自身の手でこの言葉を証明したのである。

結末

天と地の戦いと呼ばれる決戦で地鳴らしは止められたが、数日間に渡って地表のほぼ全てを踏み均し、結果的には全人類の8割が死ぬという大虐殺となった。
全人類の抹殺とはならなかったが、大破壊からの復興のために即座にパラディ島への報復はされず、数十~数百年後の間はパラディ島は平穏であり、その後に復興を遂げた人類による報復か、はたまた別の戦争の戦場となる様子が描かれた。


誤記

ヴィリー・タイバーが演説中に「文字通り平らな地表と化す」と言ったことで「地均し」と間違えられることがあるが、巨人が地面を鳴らして歩くということで「地鳴らし」である。

関連タグ

人類滅亡 火の七日間 大海嘯 地ならし 

この記事のカテゴリ

進撃の巨人 エレン・イェーガー 始祖の巨人 ユミル・フリッツ ジーク・イェーガー 天と地の戦い 座標(進撃の巨人)

関連記事

親記事

進撃の巨人 しんげきのきょじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「地鳴らし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161699

コメント