2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

当初は始祖ユミル大地の悪魔(未知の寄生生物)と融合した際に得た巨人化能力であった。
全ての巨人の始祖であり、頂点に立つ存在。作中で度々出てくる「座標」というのはこの巨人のことである。

始祖ユミルが没した後、フリッツ王は彼女の身体を娘たちに食するよう命じ、そうして始祖の巨人の能力は娘たち及び子孫のエルディア人であるユミルの民たちに受け継がれ、その後九種に力を分けることで九つの巨人として存在することとなった。

巨人を操る、記憶を改竄させる等様々な特有の能力があるが(後述参照)、九つに分けられた中でもこの能力はフリッツ王家の血をひく人間しか使うことができず、また現在ではその王家の人間は初代レイス王であるカール・フリッツによる「不戦の契り」によって、真の力を発揮できない。

代々王家に伝えられてきたが、845年にグリシャ・イェーガーに奪われ、「進撃の巨人」とともにエレンに継承された。

歴代継承者

初代ユミル・フリッツ
2代目マリア・フリッツorローゼ・フリッツorシーナ・フリッツ
3代目〜144代目フリッツ2世〜フリッツ144世
145代目カール・フリッツ(145世・初代レイス王)
146代目〜829年レイス2世〜ウーリの父
829年〜842年ウーリ・レイス
842年〜845年フリーダ・レイス
845年グリシャ・イェーガー
845年〜エレン・イェーガー


容姿

作中で確認できたものだけでも
ユミル・フリッツ:髑髏のような顔と肋骨が突き出た女型の巨人に似た姿で、ロッド・レイス巨人体と同等かそれ以上の身長を持つ。
ウーリ・レイス:一般的な巨人と似た姿。細部は不明。
フリーダ・レイス:フリーダの面影のある15m級。
エレン・イェーガー:進撃の巨人時と異なり、頭部以外が骨と幾らかの腱のみ、かつ胸から上と下半身の間が異様に肥大化した姿で、無数の肋骨を使って移動する。身長は推定1000m台。首を爆破されたあとは残った頭部をもとにアルミン巨人体と同等の胴体を生成。本体はうなじ部分ではなく口の中。
分類上の名称は原作では言及が無かったが、BD&DVD化の際に原作者から終尾の巨人と命名された。

能力

上述通り単身で始祖の巨人の力を発揮できるのは、始祖ユミルの血を継ぐ王家の人間でなくてはならないという条件がある。
しかし、現在は初代レイス王(カール・フリッツ)が始祖の巨人と交わした「不戦の契り」の影響により、王家の人間は壁の外に出る数百年後の滅びを受け入れない等といった初代レイス王(カール・フリッツ)の意思に反する行動が取れなくなる。
(勘違いされやすいが能力自体が全て使えなくなる訳で無い、作中ではフリーダはヒストリアの記憶を消去する等という風に一部能力を使用している)
だが王家の人間でないエルディア人が始祖の巨人を継承した場合、その人間が王家の人間・王家の人間だった者の巨人、或いは巨人化能力を得た王家の者に触れる事で、不戦の契りによる影響を受けずにその真の力を発揮する事ができる。

以下の始祖の能力は全て始祖ユミルが『道』を通じ王家の歴代の始祖の巨人の命令をきき、たった一人で全て行っていた。

  • 「記憶干渉」
エルディア人の記憶に干渉、改竄できる能力。
初代レイス王(カール・フリッツ)は、壁内に移住した際、エルディア人の記憶を改竄し、他人種系エルディア人には貴族の地位を与えることで「壁外人類」の存在を抹消した。
また他にはフリーダがヒストリアの記憶を操作していたり、始祖ユミルがとある人物の記憶に干渉し操作していたために副作用として頭痛がおこっている。

  • 「叫び」(仮名)
巨人を操る能力。
エレンはライナー達に攫われ、巨人に襲われた際に、かつて王家の人間だったダイナ・フリッツの巨人に追い込まれるも、王家の血を引いたダイナの巨人に触れた事で一時的にその能力が使えた。

  • 「体の構造を変える」
エルディア人の体の構造を変える能力。
600年以上前、世界の人口が激減する程の流行り病が猛威を振るっていたが、ある日、当時のエルディア王がこの能力を使い、それ以降エルディア帝国からその病に罹った者は一人もいないとされている。
ジークはこの能力で、「エルディア人を子供ができない体に構造を変える事を目論んでいる。

  • 「巨人の生成」
無垢の巨人及び全ての「九つの巨人」を再生成する能力。
エレンが始祖の巨人を掌握して巨人化した際に使用した能力で、「道」を通じて「九つの巨人」の歴代継承者の巨人体をほぼ無尽蔵に生み出すことができる。本編登場済みの継承者巨人体はジーク・イェーガー獣の巨人)、ラーラ・タイバー戦槌の巨人)、ポルコ・ガリアード&マルセル・ガリアード&ユミル顎の巨人)、ベルトルト・フーバー超大型巨人、上半身のみ)が出ている。
巨人化したエレンの身体から生成され、この能力で生み出された巨人はいずれもうなじに本体が存在せず、目が窪んだような状態(よく見ると眼球自体はあるが視線までは読み取れない)で、始祖ユミルの支配下で活動する。ただし「道」に存在しているその巨人体の元使用者の意識が覚醒すれば制御を奪還することが可能。

※文中に「初代レイス王(カール・フリッツ)」とあるが、壁の中に移住した後の初めての王がカール・フリッツという意味である。つまり、ユミル・フリッツが巨人能力を保有している頃の王を初代と考えるならばカール・フリッツは145代目のフリッツ王ということになる。

関連タグ

進撃の巨人 巨人(進撃の巨人) 
ウーリ・レイス カール・フリッツ フリーダ・レイス グリシャ・イェーガー エレン・イェーガー 
座標(進撃の巨人) フリッツ家 不戦の契り 地鳴らし 

九つの巨人
超大型巨人 鎧の巨人 女型の巨人 獣の巨人 始祖の巨人 進撃の巨人(能力) 顎の巨人 車力の巨人 戦鎚の巨人

関連記事

親記事

九つの巨人 ここのつのきょじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259362

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました