ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

九つの巨人」の一つであり、ユミル・フリッツが得た巨人化能力である。

全ての巨人の始祖であり、頂点に立つ存在。作中で度々出てくる「座標」というのはこの巨人のこと。
巨人を操る能力の他に、記憶を改竄させる能力がある。
しかし、上記の力は王家の人間しか使うことができず、またその王家の人間は初代レイス王であるカール・フリッツによる「不戦の契り」によって、真の力を発揮できない。

代々王家に伝えられてきたが、845年にグリシャ・イェーガーに奪われ、「進撃の巨人」とともにエレンに継承された。

歴代継承者

初代ユミル・フリッツ
2代目〜144代目フリッツ2世〜フリッツ144世
145代目カール・フリッツ145世(初代レイス王)
146代目〜829年レイス2世〜ウーリの父
829年〜842年ウーリ・レイス
842年〜845年フリーダ・レイス
845年グリシャ・イェーガー
845年〜エレン・イェーガー


能力

  • 条件

単身で始祖の巨人の力を発揮できるのは、ユミル・フリッツの血を継ぐ王家の人間のみ。しかし、現在は初代レイス王(カール・フリッツ)が始祖の巨人と交わした「不戦の契り」の影響により、王家の人間は壁の外に出る数百年後の滅びを受け入れない等といった初代レイス王(カール・フリッツ)の意思に反する行動が取れなくなる。
(勘違いされやすいが能力自体が全て使えなくなる訳で無い、作中ではフリーダはヒストリアの記憶を消去する等という風に一部能力を使用している)

裏道として、王家の人間でないエルディア人が始祖の巨人を継承した場合、その人間が王家の人間・王家の人間だった者の巨人に触れる事で、不戦の契りによる影響を受けずにその力を発揮する事ができる。


  • 「記憶改竄」
エルディア人の記憶を自在に改竄できる能力。
初代レイス王(カール・フリッツ)は、壁内に移住した際、エルディア人の記憶を改竄し、他人種系エルディア人には貴族の地位を与えることで「壁外人類」の存在を抹消した。

  • 「叫び」(仮名)
巨人を操る能力。
エレンはライナー達に攫われ、巨人に襲われた際に、かつて王家の人間だったダイナ・フリッツの巨人に追い込まれるも、王家の血を引いたダイナの巨人に触れた事で一時的にその能力が使えた。

  • 「体の構造を変える」
エルディア人の体の構造を変える能力。
600年以上前、世界の人口が激減する程の流行り病が猛威を振るっていたが、ある日、当時のエルディア王がこの能力を使い、それ以降エルディア帝国からその病に罹った者は一人もいないとされている。
ジークはこの能力で、「エルディア人を子供ができない体に構造を変える事を目的としている。

  • 「巨人の生成」
エレンが始祖の巨人を掌握して巨人化した際に使用した能力で、「道」を通じて「九つの巨人」の歴代継承者の巨人体をほぼ無尽蔵に生み出すことができる。本編登場済みの継承者巨人体はジーク・イェーガー獣の巨人)、ラーラ・タイバー戦槌の巨人)、ポルコ・ガリアード顎の巨人)、ベルトルト・フーバー超大型巨人)が出ている。
巨人化したエレンの身体から生成され、この能力で生み出された巨人はいずれもうなじに本体が存在せず、目が窪んだような状態(よく見ると眼球自体はあるが視線までは読み取れない)で、始祖ユミルの支配下で活動する。

※文中に「初代レイス王(カール・フリッツ)」とあるが、壁の中に移住した後の初めての王がカール・フリッツという意味である。つまり、ユミル・フリッツが巨人能力を保有している頃の王を初代と考えるならばカール・フリッツは145代目のフリッツ王ということになる。

































始祖の巨人の力は過去も未来も関係なく影響することができる。

故に、未来の始祖継承者過去に存在した巨人を操ることもできる。未来に存在する巨人を操ることについては原作に描写はない。

関連タグ

進撃の巨人 ユミル・フリッツ 九つの巨人 レイス家フリッツ家

関連記事

親記事

九つの巨人 ここのつのきょじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「始祖の巨人」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「始祖の巨人」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149943

コメント