ピクシブ百科事典

進撃の巨人(能力)

しんげきのきょじん

進撃の巨人とは、「進撃の巨人」に登場する用語である。
目次[非表示]

概要

エレン・イェーガーがその身に宿している「九つの巨人」の一つ。
グリシャ・イェーガーが壁内に来るまでマーレの元にはあったが、超大型巨人などとは違い、マーレの手中にはなかった。
エルディア崩壊後、大陸に残ったレジスタンスの間で密かに継承されてきたが、グリシャがエレン・クルーガーにこの力を託され、壁内に来た。

グリシャは、クルーガーに始祖の巨人奪還という使命を課せられ、845年のウォール・マリア陥落後に、礼拝堂に集まっていたレイス家一家を襲い、フリーダ・レイスを食らったことで、始祖の巨人を奪還し、ロッド・レイス以外のレイス家一家を皆殺しにした。
後に、進撃の巨人と始祖の巨人は、彼の息子であるエレン・イェーガーに託された。

他の巨人と違い目立った能力は無いが、エレンがロッドに攫われ、襲われた際に彼の鞄の中にあった「ヨロイブラウン」と書かれていた瓶の中の液体を飲んだことで硬質化能力を手に入れた。

クルーガー曰く、「いつの時代も自由を求めて戦った巨人」であり、継承者はエレンの様に「次代に自由を求める気質が強い者」を選ぶ傾向がある。

覚醒エレン


アニメ第一期最終回では、体が燃える石炭のように発火し、眼を青く輝かせるなど謎の変化を遂げたが、これが進撃の巨人の能力なのかは不明だが、進撃の巨人にもある「特性」が存在する。

歴代継承者

819年〜832年エレン・クルーガー
832年〜845年グリシャ・イェーガー
845年〜エレン・イェーガー


特性

予てより「進撃の巨人」の継承者は何者にも従うことが無かった、私にはその理由がわかる
すべては王の独善に抗うため…
そう...この時のために、皆がこの記憶に導かれた...

「進撃の巨人」は未来の継承者の記憶をも覗き見ることができる。
   つまり未来を知ることが可能なのだ

  • 固有能力「記憶共有」
全ての時代の進撃の巨人の継承者は、未来の継承者のものであってもその記憶を共有し、見ることが出来る能力。
他の巨人化能力者たちは捕食した巨人能力者の記憶を取り込むが、未来の記憶すら取り込むことが可能な進撃の巨人はこれらとは一線を画する能力と言える。
5年前の勲章授与式でヒストリアの手を触った際、エレンは「グリシャが覗き見た【未来のエレンの記憶】を覗いた記憶」を共有し、後の凶行に及んだと思われる。
過去を知った際の状況などから、能力発動には本来王家の人間が進撃を継承していることが条件であり、そうでないなら継承者が王家の血筋のいずれかと接触した状態が必須と思われる。

未来に存在する継承者の記憶が過去の継承者に共有されることから、これをグリシャは劇中で単純に「未来を知る能力」と表現している。
しかしその実、どこまで記憶を見せるかは未来の継承者に委ねられており、実際に当代能力者が覗き見ることが出来る未来の記憶は非常に限定的、かつ偏向的である。
また、あくまで進撃の巨人の継承者が見聞きした記憶を共有しているため、全ての記憶を共有させたとしても、正確かつ俯瞰的な未来予知というわけではない。

結果論でいえば、未来の継承者が過去に意図的な干渉を行うことによる限定的な過去改変が可能な能力、とも言える。
ただし、実際には過去に記憶共有が複雑に行われた上での現在があるため、タイムリープ能力のような未来が書き換わる描写は現状存在せず、ただ結果である現実時間が存在するのみとなっている。

十年前、グリシャがレイス家を根絶やしにする時、実は命を救う医者、そして人の親として王家の抹殺を躊躇っており、未来のエレンが「これは 父さんが始めた物語だろ」と呟き強要していた事が判明した。

そもそも進撃の巨人も始祖ユミルが生み出した存在である為、生前そして死後においても王家の命令を聞き続ける始祖ユミルの最後の自由への渇望そのものだった可能性がある。

始祖ユミル


そしてその願いは二千年後の君へ…


関連タグ


進撃の巨人 エレン・イェーガー グリシャ・イェーガー エレン・クルーガー 九つの巨人

関連記事

親記事

九つの巨人 ここのつのきょじん

兄弟記事

コメント