ピクシブ百科事典

九つの巨人

ここのつのきょじん

九つの巨人とは、漫画『進撃の巨人』に登場するキーワードである。
目次[非表示]

概要

進撃の巨人』原作86話において明かされた設定。

作中の時代からおよそ1850年前、ユミル・フリッツと言う名の少女が大地の悪魔と契約を交わし、巨人の力を手に入れる。
ユミルは死後、自分の力を9つに分け子孫に与えた。これが作中に登場する巨人化能力である。
つまり、作中に大量に登場する無知性巨人――「無垢の巨人」と異なり、巨人化能力者は最大で9人しか存在し得ないことが明らかとなった。

「九つの巨人」は、ユミルの子孫であるエルディア人、別名「ユミルの民」しか継承することができない。継承者は強大な力を手に入れる代償として、継承からの寿命が13年となる。これは始祖であるユミルが契約から13年で死んだことに起因するとされ、「ユミルの呪い」と呼ばれる。
継承(=自分を食わせる)前に死んだ場合、巨人化能力は「ユミルの民」の新生児にランダムで継承される。

現在、「九つの巨人」のうち7体(後に5体)がエルディアと敵対する「マーレ帝国」の手中にあり、それらを操るのはエルディア人の中から選出された「マーレの戦士」である。

一覧

継承者:ロッドとウーリの父→ウーリ・レイス→フリーダ・レイスグリシャ・イェーガーエレン・イェーガー
九つの巨人の中で最も強力な存在であり、また全ての巨人の元締めでもある。
全てのユミルの民と、そこから変じた巨人を操る破格の能力を持つ。しかし、その力を発揮できるのはユミル・フリッツの直系の子孫であるフリッツ家(現在はレイス家)だけである。
長い間その力でエルディア帝国を支配してきたが、おおよそ100年前に145代目フリッツ王が突如その役目を放棄し、北方の領土「パラディ島」に三重の壁を築き引き篭もった。
その後は代々レイス家が引き継いできたが、作中時間で第二話のタイミングでグリシャがレイス家を襲撃、当代の継承者フリーダを捕食し力を奪取する。その後即座にエレンに「継承」を行い、現在に至る。

進撃


継承者:エレン・クルーガーグリシャ・イェーガーエレン・イェーガー
九つの巨人のうち、始祖を除けば唯一マーレの手から逃れた巨人。
先々代の継承者であるクルーガーによれば「いつの時代も自由のために戦った巨人」であるらしく、継承者は次代に「自由を求める気質が強い者」を選ぶ傾向がある。
エルディア崩壊後、大陸に残ったレジスタンスの間で秘密裏に継承されてきたが、クルーガーが始祖の巨人奪取の為にグリシャに継承し、グリシャは役目を果たした後奪った始祖共々エレンに託した。

進撃ログ4


継承者:ベルトルト・フーバーアルミン・アルレルト
マーレの手に堕ちた巨人。「マーレの戦士」として壁内に侵攻するが、最終的にアルミンとエレンの決死の作戦により撃破され、ベルトルトは巨人となったアルミンに捕食され力を奪われる。リンク先も参照。

ライナーを描き塗りしてみた


継承者:ライナー・ブラウン
マーレの手に堕ちた巨人。リンク先参照。

アニ 女型


継承者:アニ・レオンハート
マーレの手に堕ちた巨人。現在は壁側により拘束。リンク先も参照。

獣の巨人


継承者:ジーク・イェーガー
マーレの手に堕ちた巨人。リンク先参照。

Yumir
がんばれポルコ!


継承者:マルセル・ガリアードユミルポルコ・ガリアード
マーレの手に堕ちた巨人。リンク先参照。

四足歩行の巨人


継承者:ピーク
マーレの手に堕ちた巨人。パラディ島側からは「四足歩行型の巨人」と呼称される。
リンク先参照。

戦槌の巨人


継承者:旧エルディア帝国の貴族タイバー家当主ヴィリー・タイバーの妹
マーレの手に堕ちた巨人の最後の一体。

関連タグ

進撃の巨人 巨人(進撃の巨人)
マーレ(進撃の巨人) エルディア マーレの戦士

pixivに投稿された作品 pixivで「九つの巨人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1220

コメント